センセイの口説き方。

センセイの口説き方。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
8
得点
18
評価数
13件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784537108309

あらすじ

真面目でおカタい美男教師・三咲と誰にもなびかないことで有名なNo.1ホストの久川。偶然に出会ったふたりだったが、三咲の表情に惹かれた久川は強引に彼を組み敷いて--!?三咲の無自覚な媚態に欲情を抑えられない久川と、そんな久川の激しい熱情に翻弄され、戸惑う三咲。危ないほどセクシー、溺れるほどエロティックな恋の駆け引き!
出版社より

表題作センセイの口説き方。

久川・元No.1ホスト
美咲・真面目でおかたい高校教師

その他の収録作品

  • おまけ4コマ
  • 先生を口説いたあとは。

評価・レビューする

レビュー投稿数8

う~ん やっぱり^^;

久しぶりにホストモノを読みたくて検索してたらこの作品を見つけました。
以前、この作家さんの作品を読んだ時にちょっと好みでないかな~とは思ったんですが、この作品はNo.1ホストとお堅い教師のカプという結構好みの設定だったので再度挑戦することに・・・

だけど・・・やはりお話の進み方に萌えないんです・・・
人気ナンバーワンのホストが自分に靡かない美人の受けを追いかける、それなのに、受けの方はもう序盤で攻めに心を奪われつつある展開・・・。
ここでもっと拒絶してくれたら私としては萌えるんだけどな・・・という感じでした。
主人公二人の心情描写もなんだか軽めに描かれていて、途中?な展開もあり、今ひとつお話に入っていけないままラストまで読んでしまいました。

1

ストーリーが・・・。

小分けにはなっているけど、まるごと1冊で1つのストーリー。
えっち度は・・・多分高い。

高いんだとは思うけど、ドキドキ感みたいなものは
全然感じなかった。
今まで読んだ中には、えっち度低~くても
そういうシーンでドキドキ感が感じられる物もあったりしたんだけど
本作品は・・・私には感じられなかったな^^;

それもこれも、ストーリーが好みじゃなかったからかも?

色々読んできたけど、その中には
「えー、有り得ないでしょ~」みたいな内容も結構あったけど
それはそれで、面白く読める内容だったりしたんだな~。
でも今回のは、そう思えなくって、その上
短編じゃないのに、キャラ達の心情が解りにくくて、
それだからか、話がポンポン飛んでしまってるような
そんな印象を受けてしまった。

絵は好きなんだけど・・・ちょっと楽しめなかったかな。。。

0

普通?

かゆまみむ作品を読んだのは、妄想カタログに次いで2冊目。
もっと、突き抜けたオバカエロを期待していたので、この作品、なまじっかストーリーがちゃんと筋通っている分、ふつうのBLって感じで、ちょっと期待はずれ。
変な期待とか無しに読んだとしても、やっぱり、普通、って感想かな。

もてすぎ傲慢ホストと、奥手すぎ教師が初めて知った、恋の悩みの、あれや、これや
最初はほとんど強姦だったのに、お互い、あんなに感じた相手は…

この作品も、ドラマCDにしてみると、もっと評価上がりそうな感じ。
慎ちゃんとわちゃで聞きたーいっ!

0

趣味ではなかったです

エロいけど人物絵はあっさり爽やかだなぁという印象でした。でも局部はリアルだし、水分は高いなと。

ストーリー的にはおいてけぼりにされてる感じでした。
主役どちらの気持ちも、モノローグが上滑りしてる感じで伝わってこなかったです。
主役二人が盛り上がれば盛り上がるほど冷めてしまって、エロエロな濡れ場にも萌えることができなかったです。
ストーリーそのものはキライじゃなかったんですが、全体的に「ため」が足りないような、そんな感じ。

あとホストもホストクラブもリアリティがまったくなかったです。
こんなナンバーワンいないし、こんなホストクラブもないない、みたいな。

0

受けは、快楽には弱い生き物なのです。

生徒を探しにホストクラブに乗り込んだセンセイは
No.1ホストに惚れられる(掘られる)
No.1ホストは、センセイをおっかけて学校の事務員に転職するのは
ちょっと笑っちまったよw

ま、かゆまみむ先生ですから
つゆだくでエロかったです。

ま、シナリオ展開は、深く考えない方向で読みたい。
受けは、快楽には弱い生き物なのです。
仕方ないのです。

1

センセイ好きですw

かゆまみむ先生の作品にしてはエロ抑えめなこの作品。
(当社非なので、エロいことはエロい)
教師である三咲先生は、美人だけどお堅い。
ホストクラブに、自分の高校の生徒が出入りしていると聞いて調査にやってきた先で出会ったのが、ホストの久側。
ホストクラブに教師(男)がいつまでも居てメイワク。
薬でも飲ましてそとに放り出そう・・・と思ったものの、な・・・なんだこの色香わ!!可愛すぎるぜ先生!そう、可愛いあんたがわるい。
ということで、エロエロされてしまうというお話。
翌朝正気になってもまんざらではなく・・・。
俺、先生のことがスキなんだよね。と落としていくお話。
まぁ、最初から落とされてたっていえばそれまでなんですけども((*´∀`))ウキャキャ

特別インパクトがあるかといえば、あまり。という感じでもあるんですが可愛いちゃかわいい。無難な作品にしあがったかなとおもいます。

1

イイ!(・v・)

かゆまみむさんのエロさ・汁っぽさもありつつ、今回はストーリー性もあってよかったと思います。
俺様ホストが真面目な学校のセンセイを好きになってしまった。
センセイを口説くため、ホストを辞めてセンセイの学校の事務に転職!…え、そこまでするか?

口説きにかかる久川にセンセイは戸惑い、なかなか久川の想いを受け入れはしません。

…で、なんやかんやあって久川のことを恨んでるホストの連中にヤられそうになっちゃったり、そこに久川が助けに来たり。

ようやくラブラブになった二人でした。その後の「先生を口説いたあとは。」がよかった!
久川は危ない。咬みぐせがあるし、コスプレするかとか言い出すし、妄想もひどい。

センセイは美人だから、生徒に教室で無理矢理犯されるんじゃないかとか、父兄参観で父兄たちに凌辱されるんじゃないかとか、修学旅行で生徒たちに複数でヤられるんじゃないかとか、なんか妄想と現実がごっちゃになってエロいエロい。


最後は美咲センセイが久川に「あむっ」って胸に吸い付いてキスマークつけておしまい☆センセイかわい[iLPj


かゆまみむさ続きんの作品もっと読みたくなりました。

1

萌える


三咲は自分の生徒がホストで働いているのでは・・・?と思ってホストクラブに探しに行くんですが、久川がすぐに帰ってもらうために薬飲ませて帰らせて
その時の顔に惚れたのかな?なんか急な展開な気もしましたが、久川が悩んでるときに三咲も気になってた!!ってのがいいですね(*^_^*)
かゆまみむ先生の作品なんかエロいですよね(笑)なんか好きです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ