エンジェル・キッス―シャルル&ハルキシリーズ

エンジェル・キッス―シャルル&ハルキシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784576991580

あらすじ

ハルキの学舎であるユニバーサル・アカデミーに突然現れたシャルル‐情報部の辣腕特殊工作員がわざわざルポライターに変装、出張ってくるとは・・・欧州一の最高学府の内部で何かが起きている・・・!?一方、ちょうどその頃、ハルキの甥タ、タケシが入学。大好きな伯父との邂逅にはしゃぐタケシに、なぜかシャルルは冷ややかな態度で・・・・。シリーズ第8弾。
(出版社より)

表題作エンジェル・キッス―シャルル&ハルキシリーズ

某国諜報部員・シャルル・アジャン
学生兼研究者・ハルキ・カゲヤマ 19歳

その他の収録作品

  • エンジェル・ティップ
  • サンライズ・キス、サンセット・キス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハルキの家族が……

 ハルキの甥・タケシがハルキの学舎であるユニバーサル・アカデミーに前触れもなく入学してきた。
 大好きな叔父との邂逅にはしゃぐタケシ。ハルキも実の兄弟よりも年の近いタケシはハルキにとって弟のようなもの、驚きこそすれ懐かれて悪い気はしていない。
 ところが、そこに突然、シャルルまでルポライターに変装し、聴講生として現れた――
 情報部の辣腕工作員がわざわざ出張って来るとは、一体、欧州一の最高学府の内部で何が起きているのか、疑問に思い、シャルルから話を聞こうとするハルキだが、シャルルはタケシに対してどうしうわけだか、冷ややかな態度で……。

 というような話。

 今回は、ハルキの家族が総出で出て来る話……ですね。
 家族のいないシャルルには理解できない感情があって、シャルルがみっともない嫉妬をしているように見える……んですが、今回は殆ど、シャルル視点の話じゃないので、シャルルの内心は伺い知れず。

 そして、ユニバーサル・アカデミーの内部で起こっている事件っていうのが、何てことはない。
 学長選挙に関する不正入学問題……。
 いやまぁ、大学の規模が段違いに大きいの続きと、シャルルのボスが全くアカデミーと関係ない人ではないので、しょうがないのかもしれないけど、そんなくだらないことでシャルルを呼び出さなくても……と思ってしまう。
 どうも、最近のシャルルはハルキの絡む事件に自分からくちばしを突っ込みたがっているように見えてしょうがないんですが、違うんですよね……?

 そして、2つ目の話は、長らく帰っていなかった実家に里帰りするハルキとそこに突然現れるシャルル……という話。
 シャルルは順調にご家族のみなさんに気に入られたようで、地盤固めですか……? と言いたくなるような気もしましたが。
 そういう訳で、段々、ハルキにはまだ自覚は無いですが、ハルキに振り回されつつあるシャルル……という様相がどんどん色濃くなっていきます。

 この話って、シリーズのどの辺りで終わってるんでしょうか?
 まだ、かなり続きを持っているんですが、ちっとも終わってる気配がないので……
 ついつい華美で装飾過多な文章にだけ気を取られてしまいがちですが、恋愛面だけ見たら、実は相当まどろっこしいよなー……ということに今更ながら気が付いた。
 主に、シャルルの自覚の無さの点において……

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ