ナイト・アンド・デイ―シャルル&ハルキシリーズ

ナイト・アンド・デイ―シャルル&ハルキシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784576980072

あらすじ

俺の名はハルキ・カゲヤマ。エリート(一応)かつお坊ちゃまの(それなりに)この俺が、どうして極寒のネオ・ヌイヨークの町でナイトクラブの新人オーディションを受ける羽目に陥ったか・・・それは・・・。容姿端麗、頭脳明晰、性格最悪の某国諜報部員社シャルルとそんな彼にメロメロ状態の使いっ走り、ハルキとの甘くて歯がゆくてセクシーなサスペンスフル・ロマン。
(出版社より)

表題作ナイト・アンド・デイ―シャルル&ハルキシリーズ

某国諜報部員・シャルル・アジャン
学生兼研究者・ハルキ・カゲヤマ 19歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハーレクインテイスト。

 ハルキとシャルルの関係は相変わらずなんですが。
 今回は、ナイトクラブへの潜入捜査もの。

 みどころは、そこで歌ってるお姉さん。
 とてもきれいな声をしているお姉さんは、ハルキにとてもよくしてくれて、ハルキは純粋に彼女のファンになって。
 前座のシンガー……でも、本当は素人であるハルキは、彼女に仕事の前にレッスンをしてもらう……。
 という感じでした。

 実は、ヴィーにもヴィーの目的があってそこで働いていたんですが。
 それはネタバレになるから、秘密にしておきます。


 でもまぁ、全体としてはよくドラマにある設定のような感じの話だったと思います。
 そして、今回はシャルルの活躍シーンは殆どなかったですね(苦笑)

 シャルルが手を出さずとも、全てが解決した……という感じでした。
 というよりも、いいとこなし?
 これでハルキがシャルルがいることに安心感を覚えてなかったら、本当に全く意味がないよなー……とか、考えてしまいます(苦笑)

 このシリーズのいつも通りのクオリティとテイストで、お好きな方は安心して読めると思います。
 個人的にはも続きう少しひねってあった方が好きだなー……と、思わなくもないです。
 割とあっさり筋書きとオチは読める話だと思います。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ