「グレイ・ゾーン」の久能千明が贈る、待望の新作スペシャル・ロマンス!

フェイク・ダイヤ

fake diamond

フェイク・ダイヤ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
発売日
価格
¥1,400(税抜)  ¥1,512(税込)
ISBN
9784048738354

あらすじ

若手俳優・真琴が参加した映画のオーディション会場で、「あんたには白皙の美少年役がお似合いだ」と不躾に告げてきた助監督の郁馬。予言通り美青年役に大抜擢されるが、相性最悪の郁馬に演技指導されることになる。
出版社より

表題作フェイク・ダイヤ

阿久津郁馬 助監督・期間限定で真琴の付き人
鮎川真琴 モデル上がりの新人俳優

評価・レビューする

レビュー投稿数2

雁字搦めな二人

「この身体に、蔭(かげ)りを教えてくれ──」

ハードカバーということもあり少し躊躇ったものの、そんな帯の言葉に惹かれて読んでみました。

流されるままモデルから俳優の道へ進んだ真琴。
自分に自信がなく、挑戦する強さも持ち合わせていない彼は強引にある映画のオーディションを受けることとなった。
目当ては端役。だったはずなのに、なんの因果が横柄な男に出会ったおかげで準主役という大役を掴んでしまう。
押しつぶされそうなプレッシャー。
期待に応えなくては、そう思うのにできない自分を歯がゆく思う。
自分に足りないものを求めるために、真琴は郁馬に懇願する。
俺を、抱いてくれ、と──。

役のため、と躍起になっていく真琴と、映画のため、と言い切られ深みにはまっていく郁馬のやりとりが刹那的でだけど時々甘くて、もう夢中で読みました。
二人とも見えない相手の気持ちに焦れ、意地になり、雁字搦めになっていきます。
郁馬サイドの心理は語られることはないのですが、それでも郁馬が真琴に惹かれているであろう情景が織り込まれているので、焦れったくもあり安堵する部分もあり…非常に楽しかったです続き

俺様で年下なのに不遜な態度、だけど時々純情でかわいい一面を見せる、という年下攻めにどうも弱いので、この郁馬はかなりツボでした。
真琴に惹かれながらも、真琴は自分に心を求めていないことを知り、傷つき、でも臆面には出さずにただ悪ぶっている姿がなんともかっこいいというかいじらしいというか。

一方真琴は最初はただ流される今時のイケメンなんですが、郁馬と出会いそそて役にのめり込むことで本来隠されていた芯の部分が表面化し、魅力が増していきます。
郁馬のことで悩み、ぐるぐると同じ位置で立ち止まり、その感情がなんなのか気づかずにいる鈍感さ。
映画のため、郁馬に言うというよりもと自分に言い聞かせるように繰り返し告げる真琴がなんだか痛々しくて、早く気づこうよーと何度思ったか。
土壇場でやっと気づく姿に呆れはするものの、ようやく通じ合った二人に感無量でした。

想いが通じ合っておしまい、だったので、ようやく恋人同士になった二人のその後を覗いてみたいです。

1

このくらい分量あると、読み応え有ってうれしい

ハードカバーで読み応えガッツリな本。
でも私には、文章のリズムが相性良いのか、サクサクと読みやすかった。

お話は、映画のオーディションから始まって、映画の完成までと、後日談の短編。
映画の設定上、着物での生活に慣れるため,真琴は郁馬の実家である料亭旅館に無理やり連れてこられて、毎日着物で過ごすように命令される。
撮影が始まり、真琴の出番となるが、真琴には、陰りや憂いが足りないといわれ、それを手に入れるには、、、、


本編は、主人公真琴が、「映画のため」の言葉に縛られて、愛の存在を否定しつつ郁馬との肉欲に溺れて苦悩するお話。
痛い系ドロドロセックス描写が、かなりたっぷり。
でも、最後はちゃんと思いが通じあい、ハッピーエンドになる、愛のあるお話。

おまけの短編は、真琴が郁馬への愛を認めて、余裕で年下の郁馬をかまう、甘甘話。


1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ