キチクなライバルに抱かれて!?

AD(アド)・コンプレックス 3

AD(アド)・コンプレックス 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784048670982

あらすじ

広告代理店のパワーエリートにして完璧な紳士、その正体は傲慢でエロくて獰猛な男! そんな世羅と組んでから、思いがけず息の合ったコンビで仕事は順調な俺。でも世羅が大リストラ計画に噛んでいることが判明して…やっぱりヤツは敵なんだ! なのに俺ってば、殺気立った肉食獣みたいな瞳をした世羅に抱き締められて「初めて」まで奪われてしまって…! もう絶対に流されない。そう決意した俺に、世羅は「NYに帰る」と告げて!?
出版社より

表題作AD(アド)・コンプレックス 3

世羅藤臣:人間としての平穏と伴侶を得たCCO。
有栖一希:公私共に強さを得たCCOのパートナー。

その他の収録作品

  • Manhattan Love Story

評価・レビューする

レビュー投稿数1

文脈の有効活用

2005年にビーボーイノベルズで刊行されたものの文庫化です。
シリーズはこれにて見事完結と相成ります。

吸収合併をした会社に勤務しつつ隠密視察をする未来のCCO。
吸収合併された側でありながら卑屈にならず自らの道を迷い
ながらにでも切り開いてゆく努力家。
相対する二人が恋に落ちるというのはあくまでもボーイズラブと
言う文脈の中だから成立する事。そして、ボーイズラブと言う
文脈に安易に頼り切ってしまえばこのシリーズは多分後二巻程
水増しされていた筈です。

しかし、作者様も版元様も偉かった。

ボーイズラブと言う文脈の中で表現できる心理描写を巧みに
活用して護る護られるだけじゃない受攻の関係を織り上げ、
艶やかさと燻し銀の輝きを同時に提示するという荒業を自然に
提示したのですから。
実に歯応えも腹応えも良いシリーズ、及びその最終巻でした。

同時収録作に上げたのは黒船軍団残り二名のその後です。
悪魔にも慰撫が必要、と言う事で。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ