ゆ、指しか入ってませんからっ!

小説家はイジワルに恋をつづる

小説家はイジワルに恋をつづる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784829623992

あらすじ

熱海の温泉宿に連れ込まれ、学ランでご奉仕させられて--。必死、でも抜けてる出版社の新人・弘貴は、大人気作家・須賀に「新作のため」懸命に尽くしていた。憧れの先生だから、傲慢な命令にもときめいちゃうし、美しい氷の瞳で見下げられ嬲られてもジュクジュクになっちゃう。でもこっそり原稿を覗くと、熱海も学ランもないエグくて暗い話が。やっぱり学ランは彼の趣味? 何か意味があると信じたかったが、須賀の過去が明らかになると彼は一転…!? ハートフルおばかラブ
出版社より

表題作小説家はイジワルに恋をつづる

売れっ子小説家:須賀脩一
小さな出版社の新米編集者:神村弘貴

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

深く考えてはダメ

裏表紙にあるあらすじに、“ハートフルおばかラブ”って書いてあるのですが、
その言葉がぴったりな作品です(^_^;)

受けは、元々ホモ設定というわけでもないみたいで、つまり一応ノンケっぽいんだけど、
求められて簡単に応じ、簡単に感じて攻めを好きになります。
最初は多少の抵抗があったものの、それもほんのちょびっと驚いたにすぎません。

しかも、一応外見男性だしリーマンなんだけど、
「こんなに簡単にやっちゃっていいのかな?」とか言って、
まるで女の子みたいな『安売りはダメよ』的な発言するし……。

そういうことじゃなくて、まず相手が男だとかにもっと驚いたり抵抗とかないの?って感じでした。

でも読んでいて、そんなの別にいいや~って思ったのも事実です(^_^;)

いろいろなことを考えたくない時に、
感情移入しすぎたくないけど何か読みたい時に、
良い作品だと思いました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ