恋の話をキミと作ろう

koi no hanashi wo kimi to tsukurou

恋の話をキミと作ろう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
33
評価数
9件
平均
3.7 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥438(税抜)  ¥473(税込)
ISBN
9784086011754

あらすじ

俺のほうがずっと前からそばにいたのに――
高校2年の横山森は、親友の瑛二の失恋話をいつも聞いてやる立場。本当は瑛二のことが好きで、伝えられない思いを携帯小説にして気を紛らわせていた。ところが瑛二が後輩の男と付き合うと知って…!?
出版社より

表題作恋の話をキミと作ろう

瑛二 高校生
森 高校生・携帯小説作家!?

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

鹿住さん×コバルト=BL入門書

少女漫画にあるような「高校生の恋愛」がBLになった読みやすい作品です。
BL初心者に是非お勧めしたい1冊です。

同性という点がネックで告白できず、ずっと片思いをしている受け
攻めはモテるけどすぐに振られて長続きのしない…のに、攻めが男の子と付き合い出す

…という、受けにライバルがいるストーリーで、どこまでいっても王道を貫き通す展開なので安心して読めます。
初見の方もこういうオチなんじゃないの?と思って読むと、その通りのエンディングが用意されていますよ^^

1

甘酸っぱい

片思いのお話です。とっても甘酸っぱいw

鹿住槇先生のお話は、たぶん初めてだったかも。
とてもかわいらしい作品でした。

ちょっとへたれで、鈍感な攻めに片思いする受け。
ちょっとウジウジ具合が気になりましたが、それも親友に恋するという、醍醐味なのではw

イラストも、このお話にとてもよく合っていて、+αの働きをしていました。

Hシーンはないので、さわやかに読めます。
ちょっとは見たかったかもw

たまには可愛くてさっぱりしたのも読みたい!
もともと甘酸っぱいの大好き!

そんな人達ににお勧めですw

1

片恋

 「なんで俺じゃだめなんだ―」

 中学からの付き合いで親友であるシンとエイジ。
 エイジは、来るもの拒まず、去るもの追わずのモテぶりを発揮するイケメン。しかし、外見しか見ていない女子がアクセサリーをみせびらかすのと同じ感覚でエイジと付き合うことが多く、別れは早い。そんな彼の慰め役は、長年その過程をみてきたシン。シンはずっとエイジに恋していたが、大事な親友の位置を失うのではないかという恐れから、その思いを携帯小説に吐き出すことで、心の安定を保っていた。そんな時、いつもと違う感じでエイジに紹介された新しい恋人が、男(美少年)だったことで、今までには感じたことのない敗北感と、エイジから離れないといけないという観念にさらわれたシンは、バイトを始めることで距離を置くようになる。
 男が大丈夫ならなぜ自分はダメなんだろう、というシンのやりきれなさが伝わってきました。うん、でも親友から恋人になるって、男同士だと特に、難しいと思うし、関係が壊れるのではないかという恐怖心から何も出来ないのは当然かな、と思います。さらに、エイジは超鈍感。
 この鈍感エイジも、シンがどういう存在で、かけがえのな続きいものであるかに気づき、思いが繋がり、これからの新しい恋が始まる、という終わり方なのでさわやかに読み終えました。
 
 表紙の美麗さにつられて買ったというのもありますが、お話もキュンとせつない感じで、片恋もの特有のぎゅっと苦しくなるような想いが溢れており、雨降りの日に読みたいなあと思わせる作品でした★
 コバルト文庫ということで、あまり過激なシーンとかはないので、ちょっと休みたいときにいかがかなと思います。

0

かわいい~

親友への恋心を小説にして、携帯小説サイトにずっとうpしている高校生が主人公(受け)です。
可愛いお話でした。
モテモテの親友(攻め)が、恋人を取っ替え引っ替えしてるのを、『親友』という位置でずっと見てきた主人公。気持ちを伝えようとは思っていない。なぜなら親友はノンケだから。
けど、その親友が、男の恋人を作ったことで、均衡が破られます。

王道一直線なストーリー展開ですが、読みやすくて、切なくなれて、主人公が可愛くて。とても面白かったです。

1

これぞ片思い

この作品は、まず挿絵や表紙のイラストを見て買ったのがきっかけでした。
そして、実際に内容をよんでいく内にとても物語に引きつけられました。

英二に片思いの森。
その思いに気づかす、男と付き合いだした英二。

森の英二に対する恋する切ない気持ちが
同姓、親友だからこその悩みがひしひしと伝わってきて、シンミリいう気分に。

そこで時折発揮される英二の天然(?)さが
また二人の間を色々と左右してくれて^^;


同姓だから、という理由で無くても
片思いの相手に思いを伝えられない恋というのはあると思うので
そういう面でも夢中で読んでしまいました。

最後の最後までとても純愛という感じで
エロも少ないので、少し抵抗のある人にも気軽に読めると思います。








2

表紙買いで“アタリ”

表紙がすごく綺麗で、あらすじ・挿し絵も一目惚れだったので、ためらいもなく買ちゃいましたw



瑛二が好きだが、伝えられない思いを携帯小説にして気を紛らわせている 森。
森の幼馴染でいつも失恋話を森にしている美形でかっこいい 瑛二。

いままで瑛二は、女しか好きにならなかったので、なんとか森は自分の恋心を必至に隠し携帯小説を書くことで気持ちを抑えることができたが、次の相手は自分と同じ“男”と付き合い始め!?



自分のほうがずっと前からそばにいたのに…どうして。と思う森の想いが強く、見てて儚い感じでしたね。読んでるときはその微妙な切なさが、もう・゚・(つД`)・゚・

幼馴染だからこそ、恋人同士になったあとの不安(別れたら)はあるよなーと瑛二の想いでしみじみと。
まあ、瑛二の場合は無自覚でそう思っていたらしいんですがねw

いままで仲がよく幼馴染で親友として過ごしてきたが、恋人同士になると話は別。
別れてしまったらもう前のように、幼馴染で親友でいられなくなる不安を瑛二はそう思っていたみたいで。


森の瑛二に対する思いの切なさ、またそれぞれが内続きに思っている感情はよく書き表せていて、とてもよかったです。

Hシーンは少ないので、初心者でも楽しめる作品だと思います!!

ストーリーも挿し絵もよくないといけない厄介な私が、楽しめた小説でしたねw

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ