猫は幸福で出来ている

猫は幸福で出来ている
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
7件
平均
3.6 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784592875581

あらすじ

十七歳にしてひとりで生きていくことになった松谷幸は、ダーツバーで働いていたときに知り合った伊原克峻という男に拾われて一緒に暮らすようになった。
伊原は調査事務所を開いていて、その事務所や幸と暮らす部屋があるビルのオーナーでもあった。
幸は伊原の幼なじみである嶋村兄弟の弟・樹里が働く、
ビルの二階にある飲食店を手伝っているのだが、
新しく店に来るようになった尾木という男にやたら馴れ馴れしくされる。
当然、伊原はそれをおもしろくなく思って……。

表題作猫は幸福で出来ている

伊原克峻(探偵・ビルオーナー)30歳
松谷幸 17歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

『ラブ』だけじゃなく。

『恋は憂鬱で出来ている』の続編になります。

相変わらずキャラクターは魅力的だし面白いんですよ。きたざわさんのこういうトーンはすごく好き。

前作レビューでも書きましたが、脇キャラクターがこれだけ個性的なのに邪魔じゃない。
きたざわさん作品では、個人的に(味方側でも)脇キャラクターが鬱陶しくてイラッと来ることがすごく多いので、それがないだけでも安心して読めるんです。

間違いなく『ラブストーリー』なんですが、それに加えて家族の縁に恵まれなかった幸(受)が、家族のような存在や居場所を手に入れるという側面も重視されています。その点でも面白いし好みです。

ただ・・・決して悪くはないんですが、前作が個人的にすごくよかったし好きなので、その続編か~と思うとちょっと物足りない感じはするかな。

でも、これはあくまでも『好き作品の続編だから』と勝手に期待値が上がりすぎたせいかも。
こちら単体では、確かに前作には及ばないとは思いますが、それでもやっぱり好きなんです。

1

続編っていうか

ラブラブ後日談。

まとまっちゃったカップルのその後のお話です。
受けの幸がまだ未成年なのもあって、同居の恋人の伊原は表向き保護者。
伊原やまわりの大人達としては、幸にもっと甘えて欲しいのに、幸の方は庇護されることにとまどいがあって、、。

いくら、まとまっちゃった後のお話にしても、取り立てて特に事件があるわけでもなく、
何かにつけて、すぐに伊原に濃厚エチに持ち込まれて、幸の方もエチになっちゃうと素直に可愛くなっちゃって、後は伊原のしたい放題。
これの前の本だと、幸は結構過酷な目に遭っていたようなので、このような、ラブラブバカップルなお話もアリかも知れないけど、これ単独で読むと、ちょっと物足りないかも。

0

一番欲しいものを見つけたね!

シリーズ2作目です。
相変わらず「巣窟」に集まる人たちは幸に暖かく、ほんわかした雰囲気です。
主人公のカップルは確かな信頼を築いていて、周りからいくら押されても不動という感じです。
攻めは相変わらず男前だし、受けもしっかりしているので、落ち着いて安心して読めるかな、という感じです。
もちろんラブな場面も出てくるのですが、恋愛重視と言うよりは、家族のような周囲の人たちとの関わりの方が重点的に描かれている気がします。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ