イロコイ

イロコイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥952(税抜)  ¥1,028(税込)
ISBN
9784832285330

あらすじ

新宿・歌舞伎町No.1ホスト鷹秋亮。圧倒的に華やかなその存在は、恋人のカリスマホスト岩城と、強烈に慕ってくる後輩の新川にとって、決して永遠ではなかった。いずれ鷹秋は郷里で母の店を継ぐ身だったのだ。それを知る岩城、また知らずにいる新川。二人の男の間で、激しく揺れる鷹秋の決断!! 「男が男を愛する時」シリーズ文庫化第三弾。 ライバルホスト剣崎と新川編読み切り作二編同時収録。
出版社より

表題作イロコイ

新川孝明・新進ホスト
鷹秋亮・ホスト

評価・レビューする

レビュー投稿数1

イロコイ≠恋

 コミックス版の『イロコイ』1~3と『ワズライ』『ヘダタリ』同人誌から『マボロシ』が収録されています。

 カバーのあらすじには鷹秋と恋人の岩城と書かれていますが、恋人なんて甘い関係ではありません。『ラストワルツ』で思いのたけを吐き出した岩城はやけに素直で、7年前のあの日を「やり直したい」と言ったり、一緒に暮らした部屋を懐かしんで部屋を借りたりしています。なんなの、この岩城!可愛すぎるんですけどっ!!どんなに自分勝手な王様だろうと、鷹秋を振り回そうと一貫して岩城派だった私には『イロコイ』の岩城は可愛すぎる・・・。鷹秋に料理を作ったり、合いカギを渡したり、キングがデレる破壊力は半端ないよ。
 反対に新川派の人たちはものすごくやきもきするでしょう!鷹秋はどちらとの関係も曖昧なままだし、剣崎は岩城に向けてた情熱を、倍増させて新川に向けているし・・・。
 鷹秋は二人を振り回す女王様っぷりは健在のようですが、迷いがダダ漏れで、これまたやきもきしちゃいます。岩城を選べよ~っと念じながら読んでましたね、昔(笑)
 イロコイ=色恋とは、ホスト用語で「疑似恋愛」を差すそうです。岩城×鷹秋、新川続き×鷹秋、剣崎×新川、客との色恋はお手の物だった彼らにも、本気の恋は戸惑う事ばかり。鷹秋に振られた新川の涙や、それを見て涙する剣崎。そして鷹秋は喪失を異常に恐れて・・・。岩城だけは大人です。それがとても切ない。
 鷹秋が「最後に選んだ男」は「選ばれなかった男」と言うことだと岩城は言います。鷹秋は誰を選んで、誰を選ばなかったのでしょうか。
 
 作中に「仕事を選んで、その仕事に選び返されて」という台詞があります。『春抱き』14巻で、香藤が口にする台詞と同じです。この台詞を読むたびに、新田先生は漫画家という仕事が本当に好きなのだなぁと感じます。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ