天使のいる塔

tenshi no iru tou

天使のいる塔
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
ラピス文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829651049

あらすじ

中学2年に進級した拓海は、小学校以来ずっと話すことさえなかった幼なじみの瑞帆と出会う。学園の奥に建つ塔の下で、2人は保育園の時に交わしたある約束を思い出す。――あの塔には天使が住んでいるんだ――断片的な記憶の中でよみがえる謎をつき止めるたびに、拓海と瑞帆は深夜に学園内へ忍び込むが……。

表題作天使のいる塔

評価・レビューする

レビュー投稿数1

なつかしのBL

 中学2年に進級した拓海は、小学校以来ずっとはなすことさえしなかった幼馴染みの瑞帆と同じクラスになる。
 拓海は勇気を持って瑞帆に話しかけるも、瑞帆は素っ気無い返事。
 その後、休み時間にやっていたバスケットボールでが行方不明になって、学園にある塔の下まで探しに行くと、瑞帆が立っていた。
「ようやく来た」
 と言った瑞帆に、拓海はようやく保育園の時に瑞帆とこの塔で天使を見、その時に中学になったら「塔に行こう」と約束したことを思い出す。
 それ以来、瑞帆と拓海は以前の仲のよさを取り戻すけれども、「塔から奇妙な音がする」という話を聞いて、「塔に天使が住んでいる」という噂の真相を突き止めるために、塔へと忍び込むが……

 という話でした。
 なんというか、これまた大分古い小説だったのですが、昔の小説って読んだら読んだで感慨深いものがあるなあ……というのが一番最初に感じたところでした。
 今と一番違うなあ……と思ったのは。
「俺はホモじゃない」
 って葛藤しているシーンがものすごく長かったなあ……ってことです。
 今は理解が進んだのかBLというジャンルが当たり前になった続きのか、そんなことでそんなに葛藤することもなかったし、そういうことで自分を「汚い」なんて言わなくなったし(現実はともかくBLの世界では)、それを思えば世の中って変わってるんだなあ……ってなんだかしみじみしてしまいました。
 そんな訳で、塔の中で行われていることの真相に近付いていく二人は、とある出来事に巻き込まれる……。
 そして、塔の上の天使の真相に辿り着く。

 結局のところ、拓海は幼すぎて、自分の気持ちがナンなのかわかってなくて……。
 先に大人になってしまった瑞帆は、拓海に抱く気持ちを「汚い」と言っていたけど、もっと汚い圧倒的な欲望の前に、「そんなことないんだよ」と知った二人は仲直りをしてハッピーエンド。
 まだまだショタと言えるような年齢の二人だけど、一生懸命悩んで一生懸命出した答えなので、頑張って欲しいなあ……とぼんやり思ってみたり。
 何にせよ、今となってはこの年代の二人を書くのも難しいような時代背景になっていると思うので、懐かしさを堪能させていただけたので、この評価です。
 中身としては、言い方は悪いけど、何てことはない「初期のBL」なので、余り深みもないし、エンタメ性の方が高いかなあ……って思うんですが、それも含めていいのかな、と。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ