春休み恋愛週間

haruyasumi renai shukan

春休み恋愛週間
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワニブックス
シリーズ
Kirara novels(キララノベルズ小説・ワニブックス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784847032301

あらすじ

二重のクリッとした目をした童顔の小田島岳。身体が小さいこともあって、とても高校一年生に見えない。
父親の米国転勤で、岳はアパートで一人暮らし。これ幸いにと、彼はバイク購入のため、春休みにバイトすることにした。バイト先は「木野探偵事務所」。岳は容姿にこだわる所長に気に入られ、さっそくアブない仕事を手伝うことに――。
その夜、歓迎会が開かれ、お酒をしこたま飲まされた岳は、翌朝気がつくと、アパートのベッドの中。そしてかたわらには、ナゾの美青年が――!?
これはいったい、何だ!!
ヨコハマの探偵事務所で巻き起こる、ちょっぴりスリリングな青春・ラブコメディ。

表題作春休み恋愛週間

朔也 謎の美青年
小田島岳 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

んー、設定を生かしきれてない感じ

キャラクターやら設定やらは面白いのに、全体的に中途半端なイメージ。
魅力的な素材を生かしきれてなかったなァという印象が残りました。

主人公は探偵事務所でアルバイトすることになった高校生です。
探偵事務所にいるのは一癖も二癖もありそうな、個性的なメンツばかり。
さらに、たまたま知り合ったイケメン男と同居生活をすることになり、波乱万丈な春休みが始まる。

『別れさせ屋』のお仕事の途中でレイプされそうになったり、コミカルな空気じたいは好きなんですが、こういう作風は、きたざわ尋子さんにはビミョーに合ってない気がしました。
有能な探偵だというメンツが活躍するシーンが皆無に近かったのも、残念。有能さを見せてくれないと、ただのエキセントリック集団に見えてしまう。
ラブ面でも、後半がいまいちでした。告白されたあと、主人公がなぜ悩むのかが解らなかった。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ