ヒバリmaniax(アンソロジー著者他複数)

ヒバリmaniax(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ピクト・プレス
シリーズ
PP COMIX(コミック・ピクト・プレス)
発売日
価格
¥924(税抜)  ¥998(税込)
ISBN
9784873178851

あらすじ

やっと出ました、ヒバリ受アンソロジー! あの委員長を山本、ディーノ、了平、シャマル、骸、リボーンが愛しまくって、照れたり悶えちゃったり☆ はたまたやっぱりクールだったり。裏表紙の「桜の下で悶え苦しむヒバリ」にも注目!

表紙:RURU
作家陣:RURU/ヨネダコウ/一文字志ノ生/サガミワカ/ユキイモカ/桐祐キヨイ/牧村マキ/杏笠日南/あおいれびん/桐生萄子/八ッ橋カコ/山田ヒダリ/日真仙人掌/沢瀬ブン/三枝塩子

出版社より

表題作ヒバリmaniax(アンソロジー著者他複数)

リボーン、山本、骸、了平、シャマル、ディーノ
雲雀

その他の収録作品

  • 僕といっしょ
  • 12年11カ月
  • 青空賛歌
  • きみのて
  • がんばれディーノさん①、②
  • ANNIVERSARY40
  • なんちゃってREBORN!収録現場より舞台裏①、②
  • 恋ゴコロ。
  • おひろめ失敗・アピール成功
  • 修行の旅。
  • 手なずけた!
  • 冬のはじめ
  • U-topia
  • ヨネダコウさんの書き下ろし(無題)
  • はちみつかれし
  • ランボさんの棒
  • セーラー服とトンファー
  • a month vacation

評価・レビューする

レビュー投稿数2

結構・・・!

結構エロかったです!

割合としては、ディーノ×ヒバリ が多いですかね?


エロい話からギャグからシリアス・・たくさんの話を詰め込んだ作品になっていると思います。

エロ話とすれば、杏笠日南さんの作品ですかね。結構眺めの話になっています(ディノヒバ)。
絵でいうなら あおいれびんsが一番いいと思いました!かわゆい・・!(ディノヒバ)


ギャグは、山田ヒダリさんの作品ですかねw
2ページなのですが、とても爆笑な作品でした(リボヒバ)

0

だいぶ作画が

攻めが今と違ってすごく多いので、いろいろなカップリングが楽しめて
すごくよかったです!とくにリボヒバとか・・・!!

じゃあまずリボヒバから。
八ッ橋カコさんのは可愛いww赤ん坊にデレデレな雲雀。
というか赤ん坊が攻めというところから良く考えればすごいなーと思いました。

山田ヒダリさんのは下ネターっ!!
リボーンがスラスラとランボに向かって下ネタを言っています。
題名がよいこのよみものランボさんの棒となってますが、よいこは見ちゃだめですね(笑)
意外にストレートすぎて過激ですっ

ユキイモカさんのはセーラー服雲雀!!
可愛いです委員長!!ミニスカート最高!!
装着するとお色気度30%、小悪魔度50%、痴漢遭遇率∞%UP↑
らしいですww

日真仙人掌さんのはちょっとグロめで、暴力表現があるので苦手な方はご注意!雲雀がかわいそうです。
サクラクラ病を利用して骸が一方的に暴力をふるいます。

サガミワカさんのが一番良かったなーと思います。この人はマンガがすごく上手ですね!黒曜戦のあとの話で、雲雀と山本が入院して一緒の病室になる話。
同じ病室にいる続きことによって、少しは雲雀と仲良くなれたかな?
という感じです。さわやかで青春って感じがしてドキドキしちゃいました!
甘くて切なくて(・ω・)bです。

ただ残念なのが、今とあまりにも作画が変わっている人が多くて、なんだか萌えない・・・というところも多かったです。
今はよくなっているのでいいですが、このアンソロジーを最近読もうとしている人はびっくりしちゃうかも。
そういうのが平気な方は大丈夫でしょう。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ