x-kids 2(アンソロジー著者他複数)

x-kids 2(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
7
評価数
3件
平均
2.7 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
笠倉出版社
シリーズ
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784773005530

表題作x-kids 2(アンソロジー著者他複数)

真希
せつ

その他の収録作品

  • さくらあしか「一緒に眠ろう」【表題作仮定】+カバー
  • 碧磨あてね(あてね)「天使・堕天使2~学習編~」
  • 横田くみ「Sadistic Sweet Soul」、kids FORUM【読者のページ】
  • 霧隠鷹哉「インモラルキッズ」#2ようこそアンダーグラウンド。
  • 日向星花「ワタシのショタコン魂〈スピリッツ〉」【スペシャルエッセイ】
  • 水戸泉「パパはなんだかわからない」【小説】 挿絵:佐野林
  • 富貴あまね「悪魔のささやき」
  • U-K「2☆CAUTION」
  • 紬きゅうた「僕たちのH体験記」
  • 栖桜かい「秘密の放課後」

評価・レビューする

レビュー投稿数3

さくらあしかサンの表紙でお馴染みのシリーズ第二巻
ショタ全盛期でしたねぇ
最近ショタがないのって、やっぱり規制ありきだからなのかな。
ショタよりオヤジ!な風潮もあるのはあるんでしょうが。。
規制しすぎるってのもどーかっちゅぅはなし。
おいといて
シリーズ2本目。
全体的に絵柄は古めな作品集であります。
今読むからそう思うだけなんだけどな。
ちっちゃい体でも淫乱な少年たちのめくるめく~
あんまり色気を感じないのが残念。
個人的には、双子+友人のはなしが好きでした。
せっかくなら連結で良かったんだけどなぁ。。。
今度は前も開発させてあげるといいと思うの(*´∀`*)ぐへへへ

0

ショタアンソロジー2

正直タイトルの付け方を悩んでしまう…(そのままやんけ!)

今回も小説が水戸泉さんという事で!
お父さん鈍すぎます…(^^;) 
そしてお母さん、まあ旦那さんの事が子供より大好きという訳ですね…(はい。)

栖桜かいさんの絵が好みで読んでました。
今回の作品は「秘密の放課後」
好きなこの机で1人妄想、1人エッチ。
最後の方に好きな子の顔が出てきましたが、どうみても相手のほうが受けキャラに見えるし…

後は一応ファンタジーもので
悪魔×悪魔に逆恨みされた子孫の再婚相手の男の子。

後は業界もの
本当かどうかは知らないけれど、芸能人にはそういう嗜好の人が多いんだなって思えたお話。

2

先ずxxありき

性描写の激しさと心理描写の深さを両立させる、
と言うのは中々に難しいものです。
むしろそれは一瞬の匙加減で決まってしまうもの
なのかも知れません。
この頃第一次ショタコンブームはまだ平安の中に
ありました。

キャッチコピーは「究極少年主義」です。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ