カフェラテ・ラプソディ

caffe latte rhapsody

咖啡拿铁狂想曲

カフェラテ・ラプソディ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
119
評価数
32件
平均
3.8 / 5
神率
37.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862634306

あらすじ

芹沢基はチビでそばかすの書店員。そんな彼が、時々お店に顔を出すノッポの青年とふとした事で知り合いに。皆が避ける程の超強面の青年は、実は少女のように可憐な性格で…!?
 乙女な男子攻×気後れ年上受の心が温まる少女漫画のような恋物語v
出版社より

表題作カフェラテ・ラプソディ

乙女な男子大学生 津田?マクライド?恵斗人 (19歳)
気後れ年上 チビでそばかす書店員  芹沢基に(23歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

これは可愛らしい!

何も考えないで優しい話が読みたいなあと思い、内容も何も調べないで適当に買いました。
でも、大当たり!
思っていたよりも、優しくて可愛らしいお話でした。
竹内くん(笑)もといケイトくんも芹沢さんもとにかく可愛い!
葛藤があったりそれなりに悩んだりするのですが、皆いい子なんですね、全く薄暗かったりドロドロした面がありません。
疲れて癒されたい時にお勧めの一冊です。
エロは申し訳程度にありますが、そういうのを求めてる方には物足りないかも。

0

ちょっと乙女な2人のほんわか恋愛模様!

川東先生がこういうお話に挑戦されるとは!
凄く驚いたんですけど…読んで良かったです。とっても新鮮で面白かった〜!

少女漫画のようなタッチで描かれていますけど、可愛いラブばかりが描かれていた訳じゃない所が、とても良かったです。
キャラのコンプレックスや、恋愛面での狡さや苦い部分を、ありのままの2人で描いてある感じがいいんです。
繊細で純粋な2人の恋心が、絶妙に表現されているから、何度も胸がキュンとしました♡

ヘタレわんこ大学生のケイト × チビでそばかすっ子の書店員の芹沢(セリさん)の年下攻&乙女な2人の恋愛模様。

強面な外見に反して、真っ直ぐで純粋で優しい、とっても愛らしいケイト。

そんなケイトの一面に気がつき、目で追っていく内にどんどん気になっていくセリさん。

ゲイで、いつもダメ男とばかり恋愛してきたセリさん。
本当は、少女漫画のようなキラキラした恋愛に憧れていました。
でも、自分の容姿にコンプレックスがあるから、本当は独占欲とかヤキモチも焼いてるんですけど、隠しているんです。
恋愛が始まっても、いつも終わるときのことを考えて、身構えてしまう続き臆病な人。
いつもニコニコ笑顔で、明るくて、気遣いが出来る裏側では、卑屈さやネガティブな弱さを隠している人でもありました。

お互いに、乙女のような性格をしている設定だったので、自分の萌えキャライメージとはかけ離れてるのかと思いきや⁉

ケイトが、外国人という設定だから、日本語が下手で引っ込み思案な性格もうなずけるし、
セリさんのいい子ちゃんぶりに隠された卑屈さも、逆にリアルに感じられて…しっかり地に足がついていて良かったんです。
甘さだけでなく、せつないさもリアルに描かれているから、2人の傷つく心にも、ドキッと考え深かったんです。
2人とも生きているんだなあ〜感が堪らなく、愛おしさを感じさせてくれるお話でした。

「カフェラテ色の宇宙」という表現の仕方や、コズミック・ラテの話に、天気の良い朝の表現や言葉の使い方がとってもロマンチックで好きでした。
2人の作り出す世界が、本当にカフェラテのように甘くて、宇宙みたいに純度が高くて、温めてくれる愛にキュンキュンしました。

甘く可愛く、すごくいじらしい2人の恋愛模様。
不器用でピュアな恋!
相手を思い、一生懸命恋愛している2人が素敵でした。

読んでいる私も、一緒に幸せの魔法にかけられたかのように、ほんわか癒してくれる、微笑ましいお話でした。

今回の脇キャラも光ってます。
最初は、ただのダメオヤジ⁉だと思っていた、セリさんの元彼!
この人の、セリさんの背中を押した台詞や、ケイトの幼馴染のリリちゃんが後押しする台詞もカッコいいんです。
相変わらずの、愛ある脇キャラ達にも癒されました。

エロなシーンは少ないですけど、スキンシップは多くて、普段ヘタレわんこ攻なケイトの…タラシな場面のギャップに萌でした♡

乙女なカップル同士と聞くと、躊躇される方もいるかもしれませんけど…本当に素敵な作品なので、一度読んでみて欲しいなあと思います。
本当にカフェラテを飲みたくなるようなお話!
オススメします!

2

極甘!!

1冊丸々表題作です。
少女マンガ並に甘いのではないのでしょうか??笑
とにかくラブラブで甘々なストーリー。
でも、セリさんやケイトの嫉妬とか不安とか見ていると、胸がギューってなるような、
甘いだけじゃないストーリーがとっても良かったです(^^)

大きい事件とかはないけど、恋愛している感じが伝わってきて、キュンキュンするし、ホッコリするしでラブラブなストーリーが好きな人にはいい話かも!

甘苦いカフェラテが似合う甘いストーリーでした(^^)笑

0

自分にとっての魔法使い

 挨拶と笑顔はマイルールという基。ただ一つかわいそうなのは、彼には男運がなく、いつもろくでもない男に引っかかってしまうことです。分かれたはずのだめ男、白石にはまだ付きまとわれています。そして、見た目が超大型の猛獣と言われるケイト。しかもケイトは猫と砂糖たっぷりのカフェラテが好きなのです。
 こんな正反対の様な二人なのですが、二人とも優しくてどこかロマンチストなのです。
 やがて基とケイトはつきあい始めます。二人のHシーンも一応あるのですが、基がただの姉さん女房かと思ってしまうくらい、ケイトをからかいます。Hというよりはただのスキンシップといった感じです。しかし、いざ始まってしまうとケイトが引っ張っていくそうです。逆にこちらが恥ずかしくなるくらいでした。
 付き合って、キスして、抱き合って、騒いで、誤解して、仲直りして…。という課程は少女漫画そのまま、甘い男子という設定があるので、あまり違和感はなかったかな。
 恋人と言うよりも、すでに新婚さんの域に達していると思われる甘い二人です。

2

可愛いけれど切ない!

書店店員の芹沢はある日強面の大学生ケイトに出会う。初めはその迫力に怖がっていたものの、書店で会話を交わすうちに外見とは違う、ケイトの内面の可愛さに気付いて…。
発売して大分経ちますが、お気に入りなのでレビューします!

受け、芹沢はチビでそばかすで過去ひも同然のダメ男とばかり付き合ってきた。その経験がある分、奥手なケイトを引っ張っているのが可愛かったー。余裕があるふりをしたり、誘ったりするのがたまらなかった!攻めより経験豊富(淫乱とかではなく)な受け最高。自分に自信がもてないせいで、ケイトに正面からぶつかれずに苦悩する姿はすっごく切なかった!
攻め、ケイトはその迫力満点の外見と大人しい性格が原因して、実は超乙女!恋愛慣れしてない分、必死に芹沢にぶつかっていくところや、スキンシップ過多で、本当に芹沢が好きなんだなーとにやにやしました。乙女なりに、きちんと芹沢を支えるとこはかっこよかったし、「ハッピーエンドの恋をしてね」はすごくよかったー。書き下ろしで迫ってるとこも可愛い。

全体的にほのぼのラブコメで、読んでて幸せになれる本でした。それでも、二人が一生懸命悩んで、ぶつかって、続き愛情を深めていくようすも丁寧に描かれていたので切なさもすごく伝わってきた。結局何にも出来ない、と芹沢が泣いちゃう場面は感動して一緒に泣けてしまった。
キャラクターもお話の流れも素晴らしい、甘さも切なさもじっくり描かれている、本当に良い作品だと思います!

2

ほんわか ほっこり^^

「強面乙女攻め」  表紙を見てから裏表紙のあらすじを見るとそのような表記が。
”どこが?”と思いつつページをめくると、確かにおっかない眼つきのお兄さんが。でも、見開き左ページの攻めくんは、穏やかな表情。
このギャップの差は何?と思いながら読み始めました。

図体は大きいのに、攻めくん可愛すぎです!p>0<q
受けくんが大きな仔猫呼ばわりするのも、大納得です。
思考回路が確かに乙女。受けくん絡みのこととなると、グルグルしてしまうのですが、それもまた乙女ゆえ許せてしまう。

受けくんも今までの恋愛遍歴が幸薄かったようで、攻めくんとの恋愛が自分の理想通りに進んでいることに不安を抱いてしまうのですが、攻めくんの真っ直ぐさに救われるのが、ホッと出来ます。
BLの設定として、年齢に関係なく攻めの経験値が高くて、受けが低いor初めてというのが多いですが、この話は逆パターンなのも新鮮でした^^  受けくんが年上だからでしょうかねぇ~

それと、2人を結びつけるきっかけとなった捨てネコちゃん達!
すごくかわいらしくて、猫の苦手な自分も”里親が見つからなかったら、引き取ってあげるっ続き><”と思ってしまったくらいでした。
川唯先生の画力、niceですv

読み終わった後は、ホントに気持ちがほっこりと暖まって、”よし、がんばろ!”という気分になれました^^b

2

か…かわいぃvv

なんて可愛いお話なんでしょうvv
読み終わったあとほんわかしてしまいました。

1回レビューしたんですが、何度も読み直してレビューし直しです。
評価を萌から神にvv
川唯先生の作品は他にも持ってるんですが、これは今までの作品とはちがってとても甘くて、ほんわかしてて、ゆったりした作品でした。
もう、何度読んでも、可愛くて可愛くてどうしようもなくてvv
読んでるとほんわかほっこり幸せな気分になります^^
気づくと、この作品引っ張り出して読んでますvv
どちらも純粋で、ケイトくんはとくに愛情表現が素直で、もう見ててこっちが恥ずかしくなりました///
ほんとに、タイトルの通りカフェラテのように甘いお話でしたvv

1

カフェラテのようにあまーい恋~

 超強面、乙女な性格の攻めって好き。
 そばかすいっぱいのちびっこな受けもめちゃかわいかったっす。
芹さんは今までダメ男とつきあってたけど、ほんとはこんな恋がしたいっていう理想があった。それは、こんな甘くて、ほろ苦いような恋だったのかな。
 普段あんまり読まない作家さんなのですが、これはよかった☆

1

カワイイけれど、それだけじゃない!!

このお話を読んでカフェラテが飲みたくなったのは
私だけではないハズ(笑)

すごくカワイイお話でした。
カッコイイけど乙女でヘタレな攻めと、
良い人だけど卑屈さや自信のなさを抱えている受け。

二人とも相手のことをすごく好きなのに、不器用で、
不安で、どうしてもうまく自分の気持ちを相手に
伝えられない感じがもどかしくもあり、切なくもあった。
でも最後には、かっこ悪くても逃げずに自分の気持ちを
ちゃんと伝えあう二人に感動しました!!

この作品に出会えてよかったなって思わせてくれる
すごくステキな作品でした。




1

かわいいお話



なんか可愛いお話だ。
ケイトが見た目と違って可愛すぎる(>_<)
見た目は周りに怖がられるくらい怖い顔してるのに
中身は乙女っぽいよ!!
芹さんを好きになっていきなりちゅー
で逃げ出しちゃったり!!
Hのときは服脱ぐのが恥ずかしいとか
攻めなのに(笑)
でもとってもまっすぐな子でストレートに好きって
気持ちを伝えてて
でもそれに戸惑う芹さんというか
ダメ男しか付き合ってこなかったから
ケイトのまっすぐな気持ちにすごく幸せを感じてて
壊したくないから?
自分を良く見せようとして我慢。
焼きもちとか見せられなくて
ケイトに誤解されて
ちょこっと切ないところもあったけど
はーなんかすごくあったかいお話でした(*^_^*)
面白かったです。

1

まさにカフェラテ色

「少女漫画のような恋」という銘打ちになんとなく遠ざけていたのですが…
あまーい少女漫画のようでいて、恋愛特有の狡さとか、コンプレックスとかの苦さが絶妙に加わっている秀作だと思います。
まさにカフェラテ。
「カフェラテ色の宇宙」というネタも随所によく生かしてあるのがいい。

たしかに男の子が両方とも、オンナノコのような乙女な性格でもあったりするんだけど…
でも、外人で日本語がヘタだから引っ込み思案に…という設定のケイトを考えれば、納得。
そんなケイトと一緒にいて、優しい性格が引き出されて、芹沢が同じような雰囲気になってオンナノコっぽくても、なんか納得できちゃう。
最初は芹沢の「いい子ちゃん」加減がちょっと鼻についたのだけど…
元彼の白石が出てきて、単に芹沢が笑顔ばっかりの人じゃない、ということが出てきたあたりから印象が一変しました。
芹沢の、いつも笑っているけど心の中は結構卑屈、ってあたりがリアルでとても好き。

あまーい気分にさせながら、
要所要所でグサグサと心をさすシチュエーションに泣かされました。
二人の関係を「これ以上どうしていいかわからない」と言って続き停滞するあたり、とてもリアル。
何度読んでも心に突き刺さります。
でも最後はほんわりと、しっかり癒してくれる秀作です!

4

面白かったー

主役二人が大好きになってしまった。
ピュアな二人にキュンキュンしました。
乙女ワンコな攻めくんが見せるたまの男らしさがめちゃくちゃかっこよくてドキッとした。
玄関で抱きしめてキスした絵、穴あくほど見とれてしまった。なんちゅーいい絵だ!
心理描写もウマイ。
とくに後半うますぎる。主人公の不安も、不安から自分を守ろうとするためにする無意識の言動も、めっちゃ共感できた。ダイレクトに伝わってきて泣きそうでした。

3

感動で泣く。

かなり落ち込んだ時に手に取ったのが未読のこの本でした。
外見で誤解されてしまいがちなピュアな心を持った恵人と自分に悲観的で人にはとても優しい芹沢とのラブストーリーなのですが、出会い・きっかけ・付き合う・セックス・諍いの全ての流れが自然で説得力があり、自分の心にすんなり入り込めるものがある。
直向きに芹沢を愛す恵人に今まで我慢していた淡く儚い想いを開放していく芹沢の葛藤がいい。最後はもうカップルというより夫婦みたいに思ってしまうぐらいラブラブ。
読んで浮かぶのは、おじいちゃんとおばあちゃんが手を繋いでニコニコと楽しそうに話してる姿を見た時の、あの嬉しさに似てるんです。ほわっと気持ちが楽になる。
とても可愛い話だけれど、可愛いだけじゃないものも詰まってる。
こういう人と出会って一度でいいから恋をしてみたいものです。
良い作品過ぎる。
…読後、ほろっと涙が出た。

2

ちょっかいを出したくなる気持ちが分かります

津田・マクラウド・恵人(大学生 背が高く目つきが鋭いが実際は乙女)×芹沢基(書店員 ゲイ 自分の見た目にコンプレックスがある)

恵人のイカツイ見た目に最初はびびっていた芹沢ですが、話をしてみると全く正反対のまるで小動物のような可愛い人柄に惹かれていきます。一方恵人も見た目にこだわらず優しく接してくれる芹沢に惹かれていて……

ストーリー自体もほのぼのしており、それに加えて恵人と芹沢の可愛いカップルにほんわかと癒される作品でした。特に見た目を裏切る恵人の乙女ちゃんぶり(ヘタレともいいますが そのくせちょっとした仕草にタラシの要素あり)に母性本能がくすぐられっぱなしで、こりゃあ芹沢でなくてもほっとけないわな…とリリちゃん(♀ 恵人の幼馴染 しょっちゅう恵人に文句を言っているが実は…)や白石(♂ 芹沢の元カレ 二人にちょっかいをかける)の気持ちがよく分かりました。

2

なんてかわいい大型犬!

とんでもなくかわいい話だった。
書店員である受はたまに店に来る大学生がなんとなく気になってならない。出会った初めは腰が抜けたくらいコワモテに見えた攻だが、中身がなんともかわいい純情少年だったから。
なんてところから始まる話は、最後まで頬が緩みっぱなしのかわいさ!
受もまっすぐなところがあって等身大でかわいいけれど、それ以上に攻が転げ回るほど萌えー(笑)
色んな国のミックスである攻は背も高くて、2人が並ぶと小学生と大人ってカンジ。もちろん年下の攻のほうが大人(笑)
ノッポで顔もすごみがある攻がその見た目だけで誤解されるけど、本当は純朴で心優しい。そこに受がひかれる。
いろんな偶然が重なって2人はなかよくなる過程が丁寧に描かれいて、その会話1つキャラの表情1つにニヤニヤしてしまった。
初めてのエロシーンが描かれていなかったのはすこし残念だが、もともとゲイである受と恋人が出来るのも初めてという攻だからか、恥ずかしくてパンツが脱げない攻とそれを脱ごうよーとパンツを引っ張る受というコネタなエピソードは激しく萌えた(笑)
恋人同士になってからの攻くんはとんでもなく甘ったれでかわいく続き、読んでいる方がしあわせな気分になれる。
今回かわいいという言葉を何回つかったか(笑)しかし、癒される作品であるのは間違えない!

4

心を浄化する物語

このコミックの中身はカフェラテ・ラプソディという物語だけで、その他のショートストーリーは入っていません。

そして、このカフェラテ・ラプソディは、まったくと言っていいほどブラックな部分のないお話です。
純情、純愛でありかつほのぼの感もある内容になっています。

また、この主人公の芹さんがとても性格が良くて、読んでいる僕が気後れしてしまいました。
この純粋な性格の芹さんを見ていると、僕の荒んだ性格を洗い流してくれそうな気分にもなりました。
心が洗われました。

作中で、絡みはあることはありますが、生々しいものはありません。
ゴリゴリとした激しい露骨な絡みを期待する人にとっては物足りないかもしれませんが、この物語にそれを期待しちゃいけませんね。

単にBLの作品というだけでなく、自分の心に闇を感じる人に読んでもらいたい作品です。
きっと心が浄化されると思います。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ