恋語り乱世篇 上

恋語り乱世篇 上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
双葉社
シリーズ
アクションコミックスBLシリーズ(コミック・双葉社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784575835212

あらすじ

央岐(おうぎ)の国が領主、仙条家の末弟・多紀(たき)は長年想いを寄せる相手――側仕えの千影(ちかげ)とともに人質同然に隣国・西賀(さいが)へと赴き、そこで西賀の領主・藤間上総(とうまかずさ)に乱暴に身体を奪われる。千影は自分が身代わりになって多紀を守ろうとするが…!? 愛と絆、プライドに揺れる男たちの愛のゆくえは? 戦国ロマンスファンタジー!
出版社より

表題作恋語り乱世篇 上

千景(側近)
多紀(主人)

その他の収録作品

  • いさみ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

前半戦

エロエロ表記は有るものの、好きあってる二人の結合は御座いませんので悪しからず(・_・)エッ....?

時代は戦国
側近である、千景に今日も猛アピール
「抱けよこのやろぅ!!」
そんな最中、多紀は隣国の捕虜になるべくしてしまう。
側近の千景を連れて隣国へ行った多紀は、領主である藤間上総に乱暴に抱かれ……!?

好きな相手がふすま越しに待機してて
自分は相手の領主の相手をする。
お互い思い合う気持ちは有るものの、千景には側近として…主と…という葛藤ももちろんあるわけで
多紀にしても
他の相手に抱かれる声を、千景だけには聞かせたくないと、どんな痛みや快楽を受けてもうめき一つあげないという健気っぷりo(_ _*)o
おねぇさんちょいと切なくなりました。
後半
千景が取引があったとは言え他の人間と性交をもったこと
藤間がやたらに優しい愛撫をしたことで、初めて多紀が声を上げたシーン。
好きです(^~^)

うまくくっ付いてくれればいいなと思いつつ

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ