祈る人

祈る人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784812451250

あらすじ

深町慎一と滝野圭治…片田舎の高校映研部員の2人は、お互いにやるせない想いを抱きつつ、日々これ悶々…!? 青春ロマンの頂点ともいえる表題名編他、エモーショナルな魅力あふれる絶品ストーリーたっぷり!

(出版社より)

表題作祈る人

滝野圭治・高校生
深町慎一・高校生

その他の収録作品

  • 日溜まりの猫
  • ハルパート回廊の幽霊
  • Right Hand Heart
  • 花葬庭園
  • 君住む街で~続・祈る人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

やおいな頃

深井先生の90年代の作品です。本が茶色くなってる…。
私はこの頃の先生のキャラの描き方とか、背景の書き込み具合とかけっこう好きです。
絵自体は古いんですが、実は今の先生の絵柄よりもこの頃あたりの絵柄のほうが何故か好きです。
トーンの使い方とかトーンの種類もあの頃ですね~。
あぁ懐かしい。

表題作『祈る人』
高校生・同級生のお話です。
攻めの家庭が訳ありで、祖母の家で暮らしていて、家庭的な面でのトラウマ持ち。
受けは明るくて人懐っこい性格で、2巻では小悪魔な面も見られる。
そんな二人の話でした。

さて、この本、無茶苦茶な収録の仕方してるんですよね。
表題作の『祈る人』は一話分しか入ってないんです。
で、残り5作品が同時収録作品で埋め尽くされているというトンデモ収録w
2巻はちゃんと一冊まるまる表題作です。
1巻と2巻のこの収録の差は一体なんぞやとw

ちなみに同時収録作品もスペースファンタジー系だったり、海外の裏組織の話だったり、
とにかくあの頃を感じます。
あとがきの言葉にも「やおい」って言葉が出てくるんですよね。
ほんと90年代を感じる作続き品で今読み返すと味わい深かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ