厄介な連中(4) 温泉神社で逢いましょう

onsennjinja de aimashou

厄介な連中(4) 温泉神社で逢いましょう
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
角川ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥460(税抜)  ¥497(税込)
ISBN
9784044357047

あらすじ

高松の大騒動はまだ終わらない。なぜかわざわざ殺人事件まで発生し、とどめに美雪までやって来た。表題作ほか番外編を収録し、巻頭には「特別図解・これが遠野邸だっ!」もついた大盤振る舞いの第四弾。

表題作厄介な連中(4) 温泉神社で逢いましょう

遠野遼一郎 ミステリー作家 40才
宮城篤史 遠野の専属イラストレーター兼愛人 29才

同時収録作品風に吹かれて

遠野遼一郎 ミステリー作家 40才
宮城篤史 遠野専属イラストレーター兼愛人 29才

同時収録作品番外編 なんもない春の日

評価・レビューする

レビュー投稿数1

地味ですが情緒があります

「温泉神社で逢いましょう」
3巻から続く高松での結婚式編続編です。
美雪が合流し、殺人事件(?)が起こります。

ミステリーの定番ともいえる、時刻表トリックですが、私は時刻表トリックが苦手です・・・。
頭がついていかない・・・。
篤史が旅行先だというのにまた自殺未遂を起こすのですが…この歳になって自分には身になるるものがない→なんで自分は生きてるの?→自殺未遂、の繰り返し…なんかちょっと、本当に絶望のふちに居て、という自殺者にくらべてその衝動が理解しがたくて、私はこのキャラクターに好感が持ちにくいのです。

遼一郎のようなタイプは甘やかすでもなく叱るでもなく、ただいつも黙って助けてくれるのはやはり失いたくない人だから…
しかし篤史は遼一郎に惚れてると自覚もしてるもののやはり自殺をやめられない。大事な人がいるのに?そこも理解し難いです。
押しつぶされそうな恐怖や不安や絶望が襲ってくるわけでもなく、ギリギリのがけっぶちに立っているわけでもないのに、というのが不思議なのですよね。「もう死ぬしかない」という状況に見えないのがなんだか変な感じがします。(鬱病などでもないようだ続きし)

美雪のことを恋敵としては見下して(?)いる遼一郎も、やはり父親としての愛情を見せるシーンは好きです。

「風に吹かれて」
構成者というまたまた新たな厄介な登場人物が出てきますが、ミステリーというほどでないにしよ、こちらのほうが前半より面白かった。
ミステリーというより、謎かけあそび。言葉遊びですね。
ついBLというのを忘れて面白いなあと思って読んでしまいました。
しかしやはり、愛人と父親が寝てるを息子に見せるのはちょっとどうかと^^;

おまけの番外編は15年前、美雪を連れて遼一郎が帰国した日の過去編です。
ここまででやっと登場人物が一通りそろって、次回から本格的な本編らしいのですが…ここまで長い前置きだったなぁ。
ミステリー作が多い作家さんですが、ミステリー自体は大変楽しく読めて、好みだと思います。
ただ、恋愛部分においてはやはりシリアスのほうが素敵な作家さんだなあと感じます。
コメディーをあまり書かないからかいてみたと作者コメントにありますが、そのコメディーにしても、確かにコメディーなんだけど、わりと形式美のあるきれいなコメディーになっていて、はっちゃけきれていない感じがしますね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ