猫とおじさん

猫とおじさん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
大沢家政婦協会〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN

表題作猫とおじさん

実はオネエなゲイリーマン
血気盛んないきがる若者(自称バリタチ)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

若いオス猫の躾け方

「西洋骨董洋菓子店」同人誌その4。
小野の初めての相手久世翔平と、若気の至りの斉木のお話。

その2「初恋」で小野に本気だった相手を持って行かれちゃってた久世さん。
その後当の小野相手にいつものバーでくだを巻いていると、
躾の悪い自称バリタチの斉木が登場。
無礼な態度に腹を立てた久世は、ちょっと懲らしめてやろうと小野をけしかける。

勿論斉木と小野とでは役者が違い、美味しく頂かれてにっこりポイされる斉木くん。
やけ酒に酔いつぶれた斉木を介抱する久世だったが……

小野の住まいを教えろとナイフ片手に迫る斉木に、やるじゃん!久世のおじさん!
その後は、もう若気の至りの若者なんて太刀打ちできません(笑)
オネエからバリタチに変身し、このどら猫にお仕置き、躾なおします。
その後のどら猫は……すっかり可愛い猫?

というのがストーリー。
脇役の久世さん、さすがの大人ぶり。いや、いろんな意味で。
相変わらず、よしながさんらしく台詞のないこまが際立つ。

それにしても小野。
次々食い散らかす相手を、みな本気にさせちゃう魔性ぶり。
ベッドの中では、小野もひと続きとき本気だからこそなんだろうなぁ……刹那の本気。
でも、傷つくのが怖い臆病な小野は、
ベッドを出た途端捨てられる前に捨てるしかないんだろうね。

3

優しい子なのは本当なのよ

前々作「初恋」で傷心の片桐を、早速体で慰めてあげた翔平さん。
しかし案の定振られてしまい、そのウサを小野にぶつけていたところ、同じ場に居合わせた斉木和敏に「キモいオネエ」と罵倒されてしまい、またもや怒り心頭・・・。
どうにかして痛い目に遭わせてやりたいと思った翔平は、小野に一晩だけ遊んでやれとけしかけるんだけども、いやあこれまたなかなか大人げないことだ。
しかし小野を逆恨みしてナイフまで持ち出した斉木にお灸をすえるべく、翔平さんが「男」になってしまうというお話。

突然男になってしまう翔平が、ものすごい変貌ぶりでドキドキしてしまう。
あのヘナヘナしていたオネエはどこへ行ったんだと、一瞬目を疑うほどの男前ぶり。
しかも鬼畜。
すんごい鬼なのだ。
いきがっていた斉木程度の子猫は、あっという間に捩じ伏せられ、泣いて許しを請うしかない。
人を見くびってはいけません、という教訓であり、人生経験の差を舐めたらアカンというお話・・・(なのか?)

翌朝、斉木の方から翔平さんに自然とキスをするのだが、そこに余計な台詞は一切ない。
それはよしながふみの真骨頂と言うべきか、嫌味な続きくらいに決まっている。
おしおき部分はなかなか刺激的だが、跳ね返りの子猫が大人しくなる様は必見。
これで翔平にも春が来れば良いのだが・・・・・・(-ω-;)

5

まれにみる鬼畜。

初恋っていう漫画は見てないんですが、コレだけでも十分面白かった。
オネェの久世と、その久世をキモイと一蹴した和敏。
腹いせに久世は魔性のゲイ小野を投じて、和敏を撃破?することに成功したわけですが、フラられて飲み潰れた彼を介抱したのは良いけど、小野に復讐しようとたくらむ和敏は久世を怒らせてしまって、おしおきされちゃいます★
今までオネェ言葉だったのにいきなり男らしくなって、鬼畜モード全開で和敏を甚振るわけですが…。いやーーーーー凄かった凄かった。稀に見る鬼畜っぷりです。
Hも好きな部類に入る内容かも。
『便所と風呂場で中のモノ全部出してキレイにしてもらおうか』と耳を噛みながら笑ってる久世が超こえぇぇぇ。
水、涙、汗、精液、よだれダラダラ垂れ流しの和敏がエロ可愛い。
散々色々しておきながら寸止めする久世が憎い憎い。
和敏も『ここまでやっておいて?』みたいな拍子抜けした顔をして久世を見るのですが、そこから挿入までセリフなしのシーンがサイレントムービーみたいで良い。
さっきまで強姦だったのに、同意の上でのセックスになった。
すげぇーすげぇー。
翌日、またオネェになる久世に続き再度驚きます。
だってそれを払拭するぐらい鬼畜男だったんだもん…;
小野の残酷さと優しさが垣間見えるのもちょっと切ないや。
久世と和敏は最後キスするわけですが、二人には幸せになって欲しいなぁー。
良いカップルになれそうなのだけれども。

エロで気にいったのって最近なかったので嬉しい。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ