愛炎の檻

愛炎の檻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×26
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
60
評価数
21件
平均
3.1 / 5
神率
4.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812435342

あらすじ

「お前の可愛いペットは、今俺が飼っていると、あのヤクザに伝えろ」
総合病院に勤める医師の野秋(のあき)は、妹の借金のせいでヤクザに脅され、ヤクザと対立する政治家、堅城正英(けんじょうまさひで)の自宅へ、通いの医師として潜り込む。
そこからある書類を盗み出すように命令されていたのだが、正英に見つかり、捕らえられてしまう。野秋を信頼していた正英は、そのスパイ行為に怒りを表し、野秋を監禁して詰問するが、ヤクザに脅されている野秋は自白することができず、ついには、その身体に『陵辱』を施されて・・・
(出版社より)

表題作愛炎の檻

堅城正英 都議・代議士の養子 30代前半 
野秋 外科医 

評価・レビューする

レビュー投稿数8

初めて小説で電子書籍で

初めて小説で電子書籍で買わせていただいたのがこの作品でした
レビュー初めて書くから
みなさんみたいに上手にかけない><
でもとても私は好きな作品でした

0

エロい…(; ̄ー ̄)...ん?

表紙からぶっちぎってますね。
ラヴァーズ文庫・バーバラ片桐・奈良千春…この条件でエロくないはずがないっ(。-∀-)ニヒ♪
…というわけで読みました←

…あれ?
あれれ~?
思ってたほどエロく…ない!Σ( ̄□ ̄;)

いや…いやいやいやいや待て落ち着け自分!!
冷静になれ。

始まって20ページ弱にも関わらず、縛られ、バイブを突っ込まれてイかされるわ~893の下っぱに顔射されたあげくに写真まで撮られるという受け様。

弱味握られ仕方なく堅城邸に潜入したものの、信頼してた野秋に裏切られたと思い込み…可愛さ余って憎さ百倍な攻め様の大暴走。
そんな趣味があるようにはとても見えない2人(※堅城邸は養父と正英の二人家族。父上空気だけどね←)な上に、お道具を買いに行く時間も様子もないのに、大人の玩具が出るわ出るわ(  ̄▽ ̄)

そっからは怒濤の描写の始まり~。

個人的に(勝手に情夫と攻めが思い込んでいる)野秋を餌に893の丸山さんを呼び寄せたら「自分にとって大切だから、俺にとっても大切だと、頭っから信じこんでるんじゃねぇだろうな(※意訳=お前、野秋のこと好きな続きんだろwww)」って返り討ちされて動揺しまくりの攻めが楽しいwww

多分、野秋に一目惚れだもんねwww
病院で初めて会った時、野秋が席をはずしたら出てったドアから目を離せないわ~(←単に珈琲入れにいっただけ)、秘書と入れ替わりに部屋から出ようとしたら「待って下さい!今後、あなたに会える機会はありますか?」…何この必死さwww
それに対する野秋先生「おそらくは、いくらでも」…そら緊急入院した養父の主治医だからいくらでも会うよね。


まぁそんな感じだったにも関わらず、表紙のエロさがかっとびすぎてて「エロい?( ̄ー ̄)」ってなってしまうという罠。
結局最後まで蝋燭プレイは無かったよ!!!←地味に期待してた

ってか正英…「養父はリベラルだからばれても問題ない」…養父を労れ。
大怪我した後に衝撃与えないであげて(´・ω・`)



あとがきの“大人の玩具入手方法(攻め)”確かに気になるwww
実際どうなんでしょ?
個人的には…ネット検索してポチリより、カタログをペラペラ~って捲って適当に丸して部下に「買っておけ」説がいいwww←そんなの部下に頼むな

3

敢えて、何も考えず読む

このシリーズは、何も考えずにエロを楽しむというのが、
読み方なのかもしれません。
奈良さんのイラストもとても合っています。

妹の借金からヤクザに脅され、
政治家の弱みとなる書類を盗み出すように命令された医師の野秋。
しかし、盗もうとしたことに気づかれてしまい、
政治家、正英からの怒りを受けることになる。
正英は、野秋がそのヤクザの情婦であるという誤解をしたこと
からの嫉妬もからみ、道具を使いつつ、酷い目に。

受は、酷い目に合うのですが、何だかんだ言って
最後には、甘い雰囲気になるところが、
バーバラさんの素敵なところです。
救いがあるエロは、読んだ後もスッキリしていいです。

1

萌えないエロ

監禁、陵辱等、キーワードだけ見ると好みなはずなのに、萌えには繋がりませんでした。

展開が急すぎる・・医者とか代議士とかヤクザとか、監禁とか道具とか、その設定全部必要?と思ってしまった。
あとエロが多い割に展開や描写が一本調子で、とりあえずエロ入れておけばいいだろうというような感じを受けます。

攻めが何故受けに執着するのか、受けが攻めを好きになるまでの心情、そういった感情の部分が弱くキャラ個人の魅力が感じられません。
特に攻めは全編通してキャラがいまいち立っていない気がしました。

私は「なんかいっぱいやってたなぁ」という感想のみで、「あのシチュエーションは萌えた!」等、記憶に残るは所はありませんでした。

受け付けない所は無いので中立でもいいんですが、これだけエロがあって何故だということでしゅみじゃないにしました。

エロシーンが気に入れば楽しめる作品だと思います。
表紙や挿絵は奈良千春さんだけあってとても綺麗です。

0

身体にきいてみるw

あんまり続けて読むと、パターンに見えてしまって乗り切れないのが残念でした。最近そればっかだな・・・・
今回はといいますと、受は淫らな写真と妹をたてに取られて脅される。
他愛もない書類を盗み出してほしいと強要されて。
盗みこんだ先、案の定捕まりアンアンvの刑に処されるというお話。
受がのこのこ突っ込んでいった挙句に、アッサリ捕まり犯されて。
犯されていく中で攻を好きになっていくというお決まりパターン。
エロも今回比較的抑え目だったかなと思ってみたり。
のっけからの緊縛陵辱プレイ。どっちかっていうと、丸山さんのほうとくっつくのかと思っていたので、中盤からの展開にあれ??と思ってしまった。

捕まってからの陵辱プレイ。
今回なにより妹をとられているわけなので、「お兄ちゃん属性」に萌えました。お兄ちゃんっていいよねw兄ちゃん燃えw

恋愛面については、あいかわらず最後の最後まで、本当にカップルとしてちゃんと落ち着くのか?というのが疑問でした。
攻の執着というか、犯しながらも熱い視線を向けてくるのはわかるのだが、何ゆえにすきで、どこがどースキなのかがいまいちわからなかっ続きた。
一目ぼれ、絆されて、なんでもいいのだがきっかけがつかめない。
受は受で、あれだけ陵辱されて、犯されて。辱めにあってもなお
「スキ」だといわれれば「嬉しい」と応えてしまう。
妙なところを気にしなければ十分には楽しめるお話だったかなとは思います。
ただ、私は「好き」だけで終わらせるのがもったいないかなと思ってしまうのでした。

1

全体の9割5分はエロで出来ています (*´д`*)

なんつーか とにかく激しくエロエロです
エロが9割5分を占めている中 残りの5分でちゃんとストーリーが出来上がっているんだから たいしたもんですヽ(・ω・)ノ
ムチとかローソクとか痛いことはなくて野秋くん(受)しょっぱなから感じまくってます 快楽責めってやつですか?
最後はちゃんとハッピーエンド♪ らぶらぶエッチもあります
なので 痛くないエロエロが読みたい方におすすめです

ところで 患者としてしか描かれていない正英(攻)の養父ですが
独身 + ゲイ容認 + 亡くなった親友の子を引き取った → えーと・・・ オトンもしかしてその親友のことが好きだった?? とか無駄な深読みをしてしまいました (*´д`*)

イラストも本文に負けず劣らずエロエロなんですが なんかみんな目つき悪くてコワイです(´・ω・`)

0

お道具好きなあなたに。

いやー、エロい!まず、表紙が!!って、それが購入の決め手になったんですけどね、でも、恥ずかしくて別の漫画(BLだけど)の下にしてレジに出しました。AV借りてる気分・・・?!
私は、BL小説にはあんまり手を出していません。というのも、割と好みがうるさいので、小説だとどうしてもちょっとした設定とか表現の甘さが目についてしまうからです。あと、「絵」買いの性で、過去に結構残念な思いを多々しており、小説より漫画に手が伸びてしまうのです。(漫画の場合は絵が好きだったら多少の設定の甘さは無問題!)

さて、そんな私が久々に自分で買ったこの小説。「うーん、バーバラさんかぁ」と煩悶しつつも、奈良さんの表紙に負けました・・・。やっぱり絵で買ってるんじゃん、と自分にツッコみつつ、受がいい感じに好みだったので抗えなかったんです!で、読んでみた結果、やっぱり萌えてしまいました。エロさに負けた・・・

そんな「愛炎の檻」、そのストーリーは、ズバリ監禁モノ。ヤクザと政治家と医者の三つ巴です。弱みを握られて、やられちゃうのは、外科医野秋君。彼にスパイまがいのことをさせるヤクザ丸山と、暴力団撲滅の為に力を注い続きでいる若き都議堅城正英の駆け引きに巻き込まれ翻弄される野秋は、初めてなのに感じてしまうという受け的に王道な身体を持った(?!)美貌の青年です。ミもフタもない言い方ですが、まぁ、全編通してやってる場面ばっかりです。お道具がいっぱい出てくるし、縛りももれなく付いてきます。浴衣姿、女物の着物姿、白衣に裸と、好きな人にはたまらないラインナップかもしれません。料亭とか、座敷牢とかね。
ああ、乗せられてる・・・と思いつつも、乱れまくる野秋君(でも一応頑張っている)の姿態にドキドキせずにはいられません!だって、奈良さんのイラストが良すぎる~。一番最初の、丸山に捕まった野秋が両足を縄で縛られ開かされて道具で攻められているところの、丸山の舎弟の白濁を顔にかけられているシーンの表情は、秀逸です!!必見です!!!さすがだ奈良さん!
内容について不満を言えば、攻めの冷酷さがちょっと甘かったりすることなのですが、まぁ、ずっと「陵辱」する・される関係だった二人の甘い結末を楽しむことも出来たし、良しとします。一応、ハッピーエンドが好みなので。でもねー、もう少し攻めが圧倒的にカッコいいともっと萌えたんだけどなー。
しかしハードなこの作品。喘ぎが絶品なあのお方の声でCD化されないかしら~と夢想してしまいました♪

3

突っ込みどころも満載だけど。

妹の作った借金をチャラにしてもらうためにヤクザの持ちかけた提案に乗ってしまい、スパイまがいの事をしたことがバレて潜り込んだ代議士邸の地下室に監禁されみだらな調教をされてしまうお話。

ラヴァーズ文庫、バーバラ片桐、奈良千春・・・この3つがそろってエロく無いわけがありませんよね(笑)

監禁調教みたいな話なので、お道具はもちろんの事、縛りだったり、視姦まがいのモノから色々出てきます。
お話は二転三転する感じで、ドキドキハラハラとさせられましたが躯から始まった関係なんだから、お互いの気持ちに対する葛藤もにもう少し突っ込んでほしかった。

それと、ストーリーの重要ポイントになる部分がちょっとあっさり書かれ過ぎていたような感じもするのがちょっと気になるところでした。

始まりは結構濃厚ですが、最後は比較的ラブっとした雰囲気が漂ってます(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ