溺れる純愛

oboreru junai

溺れる純愛
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
21
評価数
8件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784877249274

あらすじ

仕事は完璧、愛想は皆無――営業一課でクールビューティの異名を持つ岸原。年に一度、神経を尖らす繁忙期を前にして、同期の都倉が栄転してきた。仕事はできても常に揶揄う口調の彼は、岸原に冷静さを失わせる…いけ好かない男。けれど、無理やり参加させられた親睦会で、酔い潰れて記憶を失った岸原はその夜、彼のベッドで目覚める。「……何をすれば帳消しになる?」醜態を晒したままなのが悔しくて岸原は週に一回期限付きの条件で、都倉に抱かれることを承諾してしまい…!?
出版社より

表題作溺れる純愛

都倉臣哉,30歳
岸原和秋,30歳

その他の収録作品

  • 溢れる純愛
  • あとがき(紺野けい子)
  • あとがき(杏野朝水)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

普通のリーマン同士の純愛⁉︎

この作家さんの作品は、2作品目です。
初読みの作品が萌好みだったので、期待して読んでみたんですけど、萌はあったものの、前回ほど引き込まれてしまうようなストーリー展開ではなかったのが残念でした。

リーマンの王道展開なお話で、読み進めていくうちに、可愛らしいキャラ同士に変貌していきそれなりに楽しめるものの、ツッコミどころも満載…といった感じでしょうか。

できるチャラ男系の都倉 × 堅物男の岸原の30歳同期入社同士もの。

真面目で優秀だけど、愛想がなく、堅物な劣等感の塊な岸原は、天真爛漫明で、仕事も卒なくこなす優秀な都倉のことが苦手。
それも、入社早々初めてかわした会話が、岸原がゲイだと見抜き、からかってきた都倉の第一印象が最悪だったから!
それから部署も違い顔を合わす機会も少なく、平穏な毎日を送っていたのに、都倉が本社に戻ってきて…しかも上司の命令で、仕事上コンビを組まされることに!
からかわれ、弱みを握られ、どんどん苛立っていく岸原。
でも、その反面、体の関係ができてから少しずつ想いが変わっていきます。
2人で過ごす時間が嫌なのに、都倉が快楽を与えてくれる時続き間が特別なものへと変わっていき…そこに仕事と家族の問題も絡めた働くリーマン物語でした。

仕事の部分が詳しく書かれていて、恋愛面にも上手く絡めているので、リーマン好きの私には、スーツを着た働く男達に萌で美味しかったです。

ツンデレな岸原が恋をしていくことで可愛らしくみえてくるのは確かなんですけど。
ただ、岸原がクールビューティーと称されていますけど、納得いかなかったかなあと⁉︎
仕事ができて愛想がないまではいいんですけど、結構口調がキツイ!
自分の苛立ちを部下にぶつけているだけのようにも取れてしまうし、それでも尚、影では美形で人気者っていう部分が負に落ちなかった。

都倉も真はいい男だとは思うんですけど、もともと岸原に片思いし続けてきた男にしては、傲慢過ぎる感を受けてしまい、今ひとつな攻様でした。
しかも、体からの関係が始まるキッカケが…えっ!そんな理由で⁉︎と思えてしまい、ここも今一つ萌なかったです(笑)

紺野先生のイラストは雰囲気にあっていて良かったんです。

私的には、2人の同期の渡瀬さんがメガネのいい男で、密かに萌キャラかも⁉︎と勝手に妄想してしまいました(笑)

普通のリーマン同士のすれ違い恋を読みたい方にはオススメです。

2

表紙買い

紺野けい子さん好きなんです。

お話はサラリーマン物。
同期入社の二人ですが、入社早々の都倉の一言で岸原は都倉を疎ましく思うように、、
ずっと本社勤務だった岸原に対し、都倉は地方の営業所で着々と成績を上げ、数年ぶりで本社に戻ってきたのですが、、。

好きな子ほどいじめたくなっちゃう攻め様と、
生真面目すぎて、自分の感情に気づけない受け様が、
攻めのある意味捨て身の謀略に、身体から籠絡された受けが、いつしか攻めを愛するようになるお話。

紺野さんの挿絵はとっても素敵。
二人とも格好いい&可愛すぎて、ちょっと30歳には見えないのがあれだけど、
気持ちよく甘甘な気分で読了。
こういう、軽くつまめる甘いお菓子みたいなBLもすき。

1

イマイチ説得力が…

リーマンでしかも同期モノ。
岸原〔受〕は兄と、そして同期でエリートの都倉〔攻〕とにコンプレックスを持っていて、それがこの話のネックにもなってくるんですがどうもそこが弱いのですな。
つまりそこまで岸原が兄に対してのコンプレックスが弱いので、すなわち都倉に対してもコンプレックスというよりは単に苦手なんじゃないの?位にしか思えないんですよねー。
それに酔っぱらった醜態をばらされるより、男と寝る方を選ぶという選択肢も正直ちょっとその行動が分からない。
まだ酔っ払った勢いで寝てしまったって方が納得が行くって感じです。

岸原の兄へのコンプレックスも中途ハンパだし、行動も訳分からないしでちょっとなーって感じでした。

0

好きな子ほどいじめる

初めて話して言われた一言があんなんだったら誰だって良い印象はもてません。
しかも攻めはその言葉をかけたときの受けの嫌悪感丸出しの顔に惚れたという、結末をきくとなんともイラっとしてしまいそうなお話。
しかし、攻めが受けを好きだってことが受け視点で程よく伝わってくるのがいい!
Mr.気配りストな攻めですがさりげなーく皆に気配りしている中で受けにはSっ気丸出しでちょっかいかけてくるのです。
受けは受けで生真面目不器用男なのでそれが苛立って仕方が無いという様子を見ているのが楽しかった!
ストーリーは仕事中心に進んでいきます。これぞオフィスラブ!
女性関係のいざこざとか実家のいざこざとか、うまい具合に交じり合って最後は同期にチョイと背中押されるような形でテンポよくゴールイン。
BL初心者にもお薦めできる作品。

1

リーマンスーツをタンノー!

近頃あまり読まなくなった(見かけなくなった?)最初から最後まで働くリーマンの話だった。
受はクールビューティの異名を持つ男。その受が気にくわないと敬遠している同期の男が栄転してきた。これが攻。
初対面でおまえはゲイだろうとかその顔だから遊び放題だなとか言ったら、誰だって怒るにきまっている。
なのに、攻は過去自分が口にしたことを反省したふうもなく、さらにゲイ発言を口にする。
攻が受にたいしてわざとひどいことを口にするのはわけがあると後でわかるが、その理由も個人的には気にくわなかった。
ふところが広い攻の性格が随所で見られるだけに、そのほかにも攻の言動にはくやしいばかり。
それだけ攻が必死で恋に翻弄されているというのはわかるが。
受がかたくなになるのがよくわかり、もっと攻を困らせてやれと応援したくなった(笑)
話は、仕事への情熱やら受の実家の問題やらがウマク織り交ぜられ、予想以上に深く描かれていたが、どうしても攻に振り回されて話に張り込めなかった(笑)
でも、やっぱりスーツはイイ!と再確認できた1作(笑)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ