溺れたいというのなら、俺を誘え。

似合わない恋人

似合わない恋人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ワンツーマガジン社
シリーズ
アルルノベルス(小説・ワンツーマガジン社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784862961037

あらすじ

カッコイイ男になるために上質の男が集まる老舗バーを訪れた春弥は、モデル事務所社長の織田と出会う。元モデルらしく野性的で洗練されている織田に見惚れ、誘われるまま次も同じバーで待ち合わせることになった春弥。そして再会した織田の、自信を持てない臆病な心ごと包み込んでくれる優しさに惹かれ始める。織田の側が心地よく感じ始めた頃「部屋をとってある」と告げられた春弥は織田との関係を手放せなくなっている自分に気づいて…!?
出版社より

表題作似合わない恋人

織田 老舗バーで知り合ったモデル事務所社長(32)
佐藤春弥 服飾関係従事者(26)

その他の収録作品

  • お似合いの恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

バランスが良い

表題作と短めの続編、2作品が収録されています。
社会人カップルの話です。

「似合わない恋人」
春弥(受け)は、8年付き合っていた彼女に手ひどくフラれたことから、カッコイイ男になろうと奮起して、見本が多そうなお洒落なバーに出かける。そこで織田(攻め)と知り合い、親しくなりますが…。
織田に抱かれる覚悟をしたときの、恋じゃないけれど失いたくないからという春弥が、嬉しそうな織田を前に罪悪感に駆られる場面が好きです。

「お似合いの恋人」
恋人同士になった二人ですが、春弥は店の片付けや引越しで忙しく、甘い雰囲気にはなかなかなれません。新しい就職先として、織田は自分の会社に来るように春弥に言うが、断られてしまい…。
感情的にならず、分かり合おうとする二人なので、落ち着いて読めます。織田が上位かと思えば、そうでもないというのが面白かったです。

「似合わない恋人」では、織田が好きだからこそ、別れを言われるのは辛いから、と先回りして逃げてしまう春弥を織田が追いかけてくるという王道パターンでした。春弥の目線で進んでいく事もあり、織田が惹かれる春弥の魅力がいまひとつだったのですが続き、続編の「お似合いの恋人」では、春弥の良さが織田の目線で語られていて、ぐっと好感度が上がりました。

単に自分に自信がないネガティブな男かと思えば、仕事にプライドを持ち、織田とも対等であろうとする、だけど意地を張るわけでもないという、絶妙なバランスの持ち主でした。

織田も、与えようとするのは自己満足だ、と反省をして大人の余裕も見せるものの、恋人とはベタベタしたい!と欲望も露わにする魅力あふれる男前でした。

白い花を背景とした表紙イラストも素敵なので、ぜひ手にとってみて欲しい作品です。お勧めです!

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ