コルセーア 月を抱く海3

コルセーア 月を抱く海3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
31
評価数
8件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344813281

あらすじ

暗殺集団シャルクに誘拐され、薬で操られたふりをしたカレーナは、自分の出生を知るための手がかりを手に入れ…!?
出版社より

表題作コルセーア 月を抱く海3

プレヴェーサ 艦隊司令官 アヤース・マリク
プレヴェーサ 作戦参謀 カナーレ

同時収録作品コルセーア 月を抱く海3

帝国宰相 ヤーニ・イブラヒム
司法長官 セサーム・ザイヤーン

その他の収録作品

  • 恋心(ライナス→アウラ)
  • あとがき
  • 索引

評価・レビューする

レビュー投稿数2

錯綜する物語。

シリーズ最終章の第3巻。
この巻のラストの方からまだCDでは展開されていない物語になっていくのかな。

ジルはセサームを安全な場所へと移しヤーニ救出へと向かい。
レティとアウラはアイル奪還に向かうがそこにアイルはおらず。
アヤースはナフェルと共に赴いたシャルクの隠れ家でカナーレと再会を果たすが、カナーレは自らの意思で戻らず。
更に、オルセン大公はある女性から預かったペンダントを託し…。

また謎が増えましたよ。
オルセン大公に託されたペンダント。
これがどう物語に関わっていくのか。
「地図」関係なのかなーとも思うのですが。

というか、冒頭の方のシーンでデジャヴを感じたのですが、どうやら同じシーンを別視点で書いたのだとしばらくしてから気付きました。
CDの時にも感じてたデジャヴはこれだったのですね。
なんだかちょっぴり間延びしてるというかしつこいというか…まぁ、視点が違うので感じてることとか違うのですが、自分の中で時間軸を調整するのに手間取ってしまいました。
いろんなところでいろんな人物が動いて。
フツーのBLにはないスケールだし。
ナフェルとスライ続きアンも会っちゃったし、今後いろいろありそうで続きが楽しみですv

「恋心」
まさかの(?)ライナスのお話。
というわけでBLではない。
アウラとの出会い編。
ライナスが艦に乗ることになるきっかけというか。
冒頭の歯の浮くようなセリフがすごかった。
読んでるこっちが「ひー」ってなるっていうか。
宮廷文化恐るべし!!
そして、そんな宮廷のパーティでも自分らしさを少しも崩さないようなアウラもすごいな。
ま、フツーの貴族を見慣れてきたライナスにしたらちょっとしたカルチャーショックかもしれませんが。
物珍しいから惹かれたのか、それともアウラの気質そのものに惹かれたのか。
彼の恋の行方はどうなることやら。
アウラが現時点でも少しも気づいてなさそうなのが憐れだ…。

0

父を殺す為なら、恩人をも殺す…

カナーレの居所をつきとめたものの、本人に拒絶され逃げられてしまったアヤース。
そんなアヤースに「あんた、バカでしょ?」と容赦なくなじれ、まったく返事できないなんて…、かわいすぎる!

祭りに紛れて、いろんな人の策謀が巡ります。
シャルクの命令で、貴族からの殺人依頼をこなすカナーレとスライアン。
ついに、恩人のオルセン大公までも手にかけることに!
戸惑いながらも、オルセンを殺すカナーレ。
父への恨みは、恩人の命より重いのか?

まだ見つからないコンラダンの隠し財産。
その宝を掠め取ろうと、カナーレと手組む宝探し屋のアレックス。

罠に嵌められ監禁されるヤーニと、ヤーニと共謀して帝国を裏切っていると嫌疑されるセサーム。
帝国から避難してきたセサームをかくまう騎士団のマーヤとレビア教皇。

祭りが行われる場所に次々と人々が集まり、みんな各々に事件に巻き込まれていきます。
ソーテ伯爵から聞き出した情報により、レビア教皇の弟・大司教に面会をするアウラ。
しかし大司教にはシャルクとの接点が…、アウラ、ピンチ!

次々と起こる事件に、めまぐるしく変化する展開。
続き
ジェットコースターに乗せられているみたいです。
ここまで入り組んだストーリーなのに、難しさや、混乱を感じません。
サクサク読めてしまうのは文章の読み易さでしょう。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ