イロメ

irome

イロメ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×212
  • 萌21
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
28
得点
197
評価数
56件
平均
3.6 / 5
神率
30.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥552(税抜)  
ISBN
9784403662171

あらすじ

そっけない銀縁眼鏡のむこうから、野田先生は俺に信号を送る。ここ、テストにでるぞ。ここ覚えとけよ。でも、先生、ほんとに送りたい信号はそれなの? 先生と生徒、先生と卒業生、先輩と後輩、幼なじみの同級生。校舎の中で生まれ、育ってゆくいろいろなイロコイを描いた、描き下ろし満載の草間さかえ傑作読み切り連作!
出版社より

表題作イロメ

桃山,高校生
野田,社会科教師

同時収録作品花いちもんめ

新高校一年生・小野崇
怪我で休学し高2なのに20歳・森崎

同時収録作品うらはら/あつくてつめたい

しっかりものの幼馴染・ナオシ・童貞
彼女はいてもナオシが好きだった・光彦・非童貞

同時収録作品カオス

大学生で2年前の卒業生・壬生谷隆平
高校の物理教師・白川

その他の収録作品

  • 花いちもんめ
  • うらはら
  • あつくてつめたい
  • カオス
  • 先生の写真

評価・レビューする

レビュー投稿数28

学校の中で。

【生徒×教師/後輩×先輩/幼馴染み/元生徒×教師】の4CP

幕間マンガとコメントもおすすめ╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

■イロメ■萌
桃山(高校生)×野田(高校教師・日本史担当)

そっけない銀縁眼鏡のむこうから、野田先生は俺に信号を送る。
「ここ、テストにでるぞ。ここ覚えとけよ。」
——でも、先生、ほんとに送りたい信号はそれなの?

「ちょっと……ひっかけてやろうと思っただけだ」なーんて言いながら「なにしてくれるの?」に対してフェラするものの下手っぴな先生が可愛い(*´艸`*)

■花いちもんめ■萌
小野 崇(高校1年生)×森崎(高校2年生・怪我で休学していたため20歳)

入学式に遅刻した小野をフォローしてくれた1学年上の森崎。
クラスに馴染ませようとするのは自分が年上で馴染み切れていないのと同じ状態にしたくないという優しさから?
それとも…???

3年に妹いるって気分複雑だろうな…。
でも妹ちゃんも優しい美人さん。
それにしても余程の大怪我ですよね、3年休学って。
しかも話の幕間に書いてあったんだけど、リハビリ中に理学療法続き士の人とやっちゃってるとな!?
ちょいちょいちょーい!!!
その人とはどうなったんだ?
うっかり街で3人で遭遇(小野・森崎・理学療法士の人)したら楽しそうwww

妹の制服を着てスカートのホックがとまらない二十歳www
妹ちゃんのドン引き具合がまたwww

■うらはら/あつくてつめたい■萌萌
ナオシ(高校生・DT)×加賀 光彦(高校生・非DT) ※幼馴染み

安易に女の子からの告白を受け入れては直ぐに別れる光彦にイライラするナオシ。
昨日まで付き合っていた彼女とお揃いのストラップがゴミ箱に投げ込まれているのを見て、思わず自分が前にお土産であげた光彦のストラップを窓から投げ捨てようとしたところ突然想いの内を告げられ…?

この話好きだー!
特に光彦が気持ちを伝える場面!
切ないんですよ…。
好きだって我儘言ったらいなくなってしまうからずっとずっと我慢していたんです。
あとナオシが忘れていったバイト着を使っての自慰場面をうっかり見てしまって逃げ出してしまうナオシの動揺とか…息がつまりました。

■カオス 前編・後編/先生の写真■萌萌
壬生谷 隆平(大学2回生)×白川(高校教師・物理担当) ※野田先生の同僚(後輩)

「もう少し君の、背が伸びてここを卒業して大人になった時にもう一度おいで」
生徒に告白されるとそう返す。
自分が昔、好きになった人に言われたみたいに…。
ところが本当に背が伸びて戻ってきた元教え子に?!

本当は可愛いものとして愛されたかった白川先生が、更に大きくなって目の前に現れた卒業生に愛されて幸せになるという…(*´艸`*)
…白川先生と野田先生の雑談「バズーカ壬生谷」にワロタwww

それにしても杉浦先生の奥さん、気がききますねw
無神経野郎に是非ともそう伝えてお見合い話は遮断して下さい。

いつも壬生谷が起きる前に髭を剃りにお風呂を浴びに行く白川先生が可愛い。
そして寝ている先生に「きれいで きまじめで やさしくて 一番かわいいよ」と睡眠学習させている壬生谷に(・∀・)ニヤニヤ

※光彦のバイト先に「花いちもんめ」の小野くんが!!!最初読んだときは気付いてなかったんだけど、レビュー書くのに読み直したら…!!!因みにコンビニ。

2

表紙を開いた先の口絵。

剃刀を持っていて、たぶん髭でも剃ってるんだろうとは思うんですが……最初に思ったのは、もしかして自傷行為?なんて思いました。
風呂場で全裸だし、危なく暗い雰囲気がしたので。

でも、この口絵は「カオス」後編の表紙なんですよね。

カバー裏の桃山と野田先生、壬生谷と白川先生の1コマイラストが好きです。
桃山と壬生谷が犬例えられていて、壬生谷は待てと言われお行儀良く待ってるけど、桃山は待てを言い終わる前に野田先生に飛び付いてます。

あと、話数の間に描き下ろしのイラストとコメントがあったりするんですが、
休学していた森崎が妹の制服を着てスカートのホックがとまらない二十歳と描かれてます。
これも好きです。妹のるみちゃんは、ドン引き。

草間さかえ先生の小話的なのとか、そういうところが面白い作品でもあります。

草間さかえ先生のイラストが好きです。

1

学校って良いものですね…

草間作品は、属性に萌えるというよりも草間さんの描くカップリングに萌えることが多い気がしてきました。
2人のどちらかに何かしらのかわいらしさがあり、それがいちいち私のツボにハマるからです。
2人ともかわいいと本当にたまらないです。
「イロメ」は2人ともかわいいというカップルが多かったです。
学校という比較的緊張感の緩い場所だからでしょうか。
高校生同士のお話も、生徒と先生のお話も凄くときめきました。
登場人物の抱えている悩みや影が表情にさらっと出ていて、切なく引き込まれます。
相手がそこに寄り添っていく様がとても優しく感じられました。
その過程でジタバタやっているのがかわいくて、ああいいなぁといつも思います。

0

わんこ攻めの競演

続編の『イロメ2 ヌレル』と共通のカプを追った一連の短編集です。
4組のカプのうち、1組の例外を除き全て年下わんこ攻めカプ。
年下わんこ攻めスキーにはたまらない、わんこの競演!
わんこ攻めの魅力の奥深さを思い知る1冊です。

◆「イロメ」◆

学校創立以来のアホ生徒・桃山×高校教師・野田。
アホの桃山が、日本史の小テストでは何故かいつも高得点、そのワケは??
授業中桃山を見る野田の、眼鏡の奥の「くすぐるような目」は何を意味しているのか・・・?

◆「花いちもんめ」◆
高校1年生「ソーナン」×20歳の高校2年生・「こーちゃん」。
入学式に出そびれた新入生・ソーナンに声をかけてきた甘いマスクの上級生・こーちゃん。
ノー天気そうに見えるこーちゃんの中に孤独の匂いを嗅ぎ取ったソーナンは、以来こーちゃんが気になって仕方がない。「俺と一緒にいてもロクなことがない」と言うこーちゃんを屋上で強引に押し倒し、エロい手つきで触りながら「たぶらかせるか試してる」と囁くソーナンに、こーちゃんは・・・?

◆「カオス」「先生の写真」◆

物理教師・白川に告白した過去を持つOB続きの壬生谷(みぶや)×高校教師・白川。
「イロメ」のカプと同じ高校が舞台で、「イロメ」のカプも登場。
高校時代教師に告白して「背が伸びて大人になった時に」と婉曲に断られた過去を持つ白川は、その後母校の教師になり、生徒に告白される度に自分が言われた言葉を繰り返す。
まるでトラウマを核にして結晶が成長していくような、不毛な繰り返し。
実は背を伸ばして先生を抱きたかったのではなく、「かわいいものとして愛されたかった」白川。
しかし、彼の人生の不毛な法則性を壊す教え子がついに登場して――

◆「うらはら」「あつくてつめたい」

幼馴染みの高校生カプ・ナオシ×光彦。
子供の頃からずっと一緒だった光彦に突然告白され、驚きながらもナオシの胸はざわざわ、光彦を前にすると何故か体が熱くなって――


「花いちもんめ」以外は続編『ヌレル』に続きますが、全作品『イロメ』でカプが成立しているので、『イロメ』だけ読んでも十分満喫はできます。
ただ、個人的には、どの作品も、カプ成立までのストーリー展開がやや強引な気が。。。むしろ恋人同士になってからの日常のラブラブを描いた『ヌレル』のほうが、草間作品の醍醐味が詰まってる感じがしています。
そこは好みの問題ですが、できれば『ヌレル』も続けて読むことをお勧めしたいです。

『イロメ』の中では、「花いちもんめ」が好き。
ソーナン君、もう年下わんこの魅力が炸裂!
休み時間の屋上でこーちゃんを押し倒してしまう性急で強引な犬っぷりや、
「あんたが淋しいなら 目一杯優しくしてつけ込んで…」
なんて大人ぶったセリフにキュンキュン(*゚∀゚)=3
そしてわんこになつかれる年上美人は、ちょっと翳りがあって、母性本能をくすぐるダメ男であってほしい…という私の好みそのまんまの受け!! 
ソーナンに制服を剥かれたこーちゃんのあられもない姿が、艶っぽくて(*´д`)アハァ…
年下わんこに身を委ねてしまう男って、どうしてこうエロさ炸裂なんでしょうか?
法則化好きな「カオス」の白川先生に、年下わんこ攻めとエロスの関係について解説していただきたいほどです☆彡

1

yoshiaki

むぼちさま

コメントありがとうございます。
草間さんの作品は何度も読み返してしまいますよね。
『イロメ』で撒いたネタが『ヌレル』であざやかに回収されていくのがほんと気持ちイイ♪ 私もこのシリーズ好きです。

むぼち

yoshiakiさんのレビューを読むと、私は大抵その作品を読み返したくなります。

草間先生のこのシリーズも、気に入っていて何度も読んでいるくせに、「どうやら私が見落としている面白ポイントがいっぱいありそうだな」と思いました。

わんこ攻に注目して読み返してみます。

大型わんこ×年上美人は浪漫ですなあ。

草間作品は、年上受けの宝庫ですなあ。
年上受け大好きな自分が転ばぬ訳がない。
本当、草間さん大好きです。

「イロメ」の連作は、二組のカップル、両方が生徒×先生。
私は白川先生の組(笑)の方が好みです。
よくよく見たら、見た目は「真昼の恋」のあの二人に似てますね。
先生の言葉通り、卒業してから身長伸ばして迎えにきた壬生谷くんが健気でたまらないです。
矢張り、大型わんこ×年上美人は浪漫ですなあ。

「花いちもんめ」、妹さんがえらい美人さんです!

0

メガネ先生にまぐわう学生服!

先生可愛いよ……これがホントのエロかわだよ!
授業中自分だけと目が合う…問い詰めてみたら
自分を引っ掛けようと必死になってくる
メガネ。先生。拙いテクニック。
萌え以外の何物でもないよね!

年上の男性と恋に落ちてく、学園ストーリー。
そんな一冊。
年下攻めってなんでこんなにドキドキするんだろう。
いきなり本能に任せてまぐわう学生服…
なんて面白いんだろう!

難しい心理描写とかなく、純粋に
楽しめた一冊でした。
時々読み返したくなります。

1

読み返すたびに好きになる


表題作が気になって購入した本。
皆さまのおっしゃる通り、表題作は大変短いのですが、一話一話の奥が深い作品でした。

表題作の『イロメ』。
漢字になおすと『色目』。
何度も言うように短編です、短編ですが、なんといっても色っぽい!
こんなに短いお話で、ここまで色気に溢れた作品を読んだのははじめてだったのでとても印象深かったです。

そして前・後編の『カオス』。
一途な年下攻めになんともきゅんきゅんします。
『イロメ』とはまた違った独特の雰囲気の中に潜む、溢れんばかりの萌えの虜になってしまいます…!

透明感に溢れた素敵な表紙とあわせて二度美味しい作品でした。

2

涼やかな空気感

一貫して涼やかな空気感がありました。
タイトルになっているイロメはお話自体が短く何故これがタイトルになったのか
私にはよく分かりませんでした。
響きがいいからかな?
イロメは特に印象的な場面もなく、ここで終わってしまうのかという感じでした。
一番面白かったのがカオスで、私の大好物の年下攻めです。
自分に告白してくる生徒に大きくなってから出直して来いと言うような感じなのですが、
(こんなに男らしくは言ってませんが)
それが実現してから、物語は進んでいきます。
これを読む為だけでも買う価値はあると思います。

2

イロケがあります

草間さんは作家買いしてます。ストーリー重視で小説読む方にも入りやすいと思います。
濃厚なプレイじゃなくてもイロケを出せる作家さんです。

>>イロメ
生徒×生徒を好きだが不器用にしか伝えられないメガネ教師

>>花いちもんめ
新入生×先輩

>>うらはら
面倒見がいい×執着一途

>>カオス
一途な生徒×トラウマがあり踏み出せずにいる美人教師

「うらはら」以外は、基本 一途年下わんこ×不器用でツン(見た目ちゃんと男だけど、一途でかわいい)
てかんじでしょうか。

2

先生、エロいです

草間さんの作品にしては、なんか、読後爽やかな感じだったかな~な印象。
2巻が出るっていうんで、読もうと引っ張りだして。
結局放置されてました。スイマセン
そもそものこのタイトル。「色目」だったんですね。
まったく気がつかなかった。盲点とはこのこと。
さてさて今回は生徒×教師ですね。
授業中チラチラ見てくるとか、愛コンタクト・・じゃない、アイコンタクトヨロシクから始まる今回。
「なにしてくれるの?」な答えが無言のフェ・・顔に似合わない行動とのこの微妙な雰囲気が好きでした。
というか。個人的にこの漫画の好きなところって、合間にはさまってる実は・・なネタだったりしました。
先生実際にはおいくつなんでしょう・・

>>花いちもんめ
新入生×なお話ですね。
休学しすぎて20歳で高校二年生。
入学式早々遅刻してきた新入生と~なお話。
「待ってたら悪いかっ」顔を赤らめる先輩・・・カワイイです

>>うらはら
幼馴染。親友。それ以外はいらない・・・・
ここの境界線が難しいというお話ww
説明するのは難しいのだが、けっこうこの話が一番好きだったりする。


続き>>カオス
運命~、めぐりめぐって、自分がしたことと同じ光景がまた自分の目の前で繰り返されている。
水の輪のようにめぐりくる運命ならば~なお話。
可愛くて、小さい子に告白されて、その後でかくなって帰ってくる
ありきたりといえばそうだが、必死で~なところがまたある部分とリンクしてくるなネタに思わずキュンとなった。
後半、エロネタ含めの部分。萌えましたww
というか、あの先生のホントウな裏話。
アレを読んだら更に萌えた
三本目の足がどの程度なのかも気になりはするが、ハッピーエンドでオイシイ1作でした。
先生は思う存分甘やかされて愛されるといい(-`ω´-o)ゝ。+゜
ヒゲを~なネタも可愛くて好きです。


2が出てるから、どんな続きモン?
とびくびくしながらでしたが、これはこれで単体としても楽しめるかなと思いました。

4

遅ればせながら

イロメ2が発売という情報から、
遅ればせながら1巻買ってみました!

短編集だけど、ちょっとずつ作品がつながっていて、
そこがまた萌えました。
どの作品も、胸がちょっとせつなくなるような要素があって、
自分が男の子に生まれ変わりたいかも、
と思わず思うような青春ストーリーだった(笑)

わたしのお気に入りは、同級生もの。
幼い頃から一緒にいた親友同士なんだけど、
受けのほうが非童貞ってところが新鮮でした★

2巻、発売したらすぐに買いに行きます!

3

独特…。

噛めば噛むほど味がでるというか、噛まなきゃ気付けない味わいがあるというか……。

最初読んだとき「う~ん、独特で分かりにくい…」と思ったのに、何の気なく本棚を見ると、ついもう一度手にしてしまうんですよね、あまり好きじゃなかったって思うのに。
んで、何度も読んでるうちに、気付けば本棚の「多分もう読まないゾーン」から「よく読むゾーン」に本自体が移動しているわけです。
え?だってこの本私好きだもん。そう言わなかったっけ?
みたいな、いつの間に好きになったのかとか、最初は好きじゃなかったとか、自分でも覚えてない感じで。

あ、けど、お話とお話の間に挟んである四コマとコメントは、かなり笑えて楽しみました♪
作中で「普通」と思っていたキャラを、この四コマで「好き」になったりもしましたし☆
「花いちもんめ」の無駄に細かい裏設定とか、必見です!

不思議な本です、ホント。
じれったいくらいじわじわ好きになります。

3

食わず(読まず)嫌いはダメですね

絵が苦手で手を出さずにいたのですが、ここでの評価が高いし、
表紙のイラストがなんかキレイだったので買って読んだら、
絵は全然気にならないどころか、独特の雰囲気にすっかり
ハマってしまいました。

「イロメ」
表題作ですが、テンポの速さについて行けず萌えポイントなかったです...
なんでこれが表題作なんだろ!?って思ったぐらいなんですが、
リンクしてる「カオス」読んだら、野田先生のこと好きになりました★

「花いちもんめ」
森崎さん、なんてフェロモンプンプンなんだ~!?
草間さんのシンプルでカクカクした絵がこんなにも色気ムンムンに見える!
その一方で、うつぶせのままソーナン君にズボン脱がされてるカッコが
間抜けでかわいくもある森崎さんでした。

「うらはら」「あつくてつめたい」
あ~もう、これキュンキュンしました~!!
2人ともかわいいったらありゃしない!
光彦の告白切ないなぁ~
でも、ナオシにはちょいちょいイライラする~早く自分の気持ち認めろよ~
そんなんだから、光彦は一人Hしないといけないんだよ~!
って思ってたら、すぐにやってくれました☆続き未遂っぽいけど...

「カオス」
↑が最高と思って次に読んだこの作品はもっとキュンキュンしました!
白川先生も壬生谷もホントに健気でかわいいなぁ~
壬生谷が先生を抱きしめ「俺は先生に会いに来たんです」って言うとこと
「俺は先生を抱きしめるために大きくなったんだ」ってセリフに
おもいっきりやられました。
で、オチがあの頃から“されたい”じゃなくて“したい”だった
ってとこには笑わせて頂きました。
あと、4コマのバズーカ壬生谷って...アナニーって...チンピクって...
初耳の言葉が...まだまだ奥が深いわ...

「先生の写真」
白川先生って乙女だね~
ずっと入れて欲しい側の立場だったんだ~
見た目じゃ立場逆の2人なんだけど...
壬生谷の睡眠学習には愛感じまくります~!

幕間の4コマが全部良作で、妄想膨らみまくりで、続編期待しちゃいます!
ナオシと光彦のちゃんとした合体シーン見てみたいです★

3

空気感

たっぷりとした空気感を味わう作品。
春の明るくかすんだ空のような、
不透明で、でも、キラキラと妙に明るくて
曖昧で、未分化で、万能感と無力感が同居した、
「高校」という、猶予時間の中でこそ醸される、
淡い味わいの、ストーリー
クロッキー画のような、リアルだけれど省略の効いた絵柄と、
ぎりぎりまでそぎ落とされた、セリフとモノローグ。

そんな緊張感ある本編と、各編ごとに付いたおまけのギャップも楽しいです。
どんなに本編がシリアスでも、オチを付けずにいられない、業の深さがかいま見えます。

3

眼鏡の奥から君を見てる・・・

 表題作が一番好き♪でした。野田先生は先生という立場からか好きという気持ちを公にすることができず。いや、本人は思わせぶりな態度を諸所に見せているのですが・・。
 眼鏡の地味系が出てくるお話って好きだなぁ。草間先生の作品はじっくりと読みたいときにぴったりで、よく練られてる、と思うのです。
 桃山くんみたいにかっこかわいい生徒だったら、色目を使いたくなっちゃうのかも。

1

ものすごいスルメ漫画

ジャケ買いした当初はかなり落ち込みました。
内容がイマイチよくわかんなくてつまんねーと。
しばらく本棚の奥にしまってたんですがある日なんとなく手にとって読んでみたらめちゃくちゃ面白い!ハマる!
面白いです!

1

ちょっとはまりそうかも

先生と生徒。先輩後輩。幼なじみ。どのお話もかわいくて好き。
草間さんのマンガ初読みですが、空気感のある絵柄とお話を描かれる方。
個人的には「花いちもんめ」が一番好きでした。
受の森崎の20歳でも高校生(事故のため留年)ってちょっとときめくかもしれません。この年頃の4歳差で年下攻っていいよなあ。
お話が終わったあとのつなぎページの理学療法士×森崎をぜひとも見たいと思いました。

2

せつなくてあたたかくていとおしい。なのにバズーカ…

収録作の半分は雑誌「Dear+」で見てたんですが、通しで読んで初めて繋がってるのに気づいた~!同じ学校を舞台にした、短編集です。
 表題作は生徒×先生。イロメっちゃなんじゃサロメ?と思ったのですが、「色目」でした。ごく短い話なのですが、不器用な教師の不器用なメガネ越しの視線と、大型へたれワンコ生徒がとても印象深い話です。
 同じく大型ワンコ生徒×大型乙女先生の収録作中最長編の「カオス」は、無駄に色男の先生の繊細な葛藤と混乱(=カオス)が切ない。混乱した先生のピースを繋ぐワンコの、こちらは一途なひた向きさに、すべてが収束するラストにはたまらない愛しさが湧きます。正にフラクタルな話の構成も見ものです。表題の2人もチラリと登場(つか先生は結構出てる…)。
 他に童貞攻×非童貞受の同級生もの(うらはら/あつくてつめたい)と、ふてぶて新入生×大幅留年お花ちゃん先輩(花いちもんめ)が収録されていますが、どれもスキスキ光線を発している方の気持ちが揺らがないので、非常に安定して読みやすく、かつ陥落される方の反応が秀逸です。各作品の後にそれぞれおまけ4コマと草間先生のコメントがあるんですが、カバー続き下と合わせてこれも秀逸というか、「バズーカ」サイコーです(爆笑)カバー下は全作読了後にどうぞ。

尚、イロメガネ先生の過去編や非童貞受けの処女もうちょっとで喪失編が既に雑誌掲載されていますが、こちらが収録された単行本が発行されるかは神のみぞ知るですね。

3

カオスの確立

いっぱい詰まっていて、ご馳走さまでした、という感じ。
幼少の思い出とかトラウマとか、良いですなぁ。
幼なじみ萌え。秘めたる想い萌え。

お前はおれのカオスだ、なんて!!
なのに、バズーカに全て持っていかれたw

そして、スカートのボックが留まらない二十歳w最高ですw

1

高校の中で・・・あれこれ・・・

短編集です。表題作はフ○ラ止まりなので、結局受け攻めハッキリしておりませんが、野田先生の方が受けそうだなぁと。
他の子が嫌いな授業をしっかり受けているから日本史だけ100点取れちゃうってところが・・・さて、どっちが先に気になりだしたんですかねぇ。

同じシチュエーションなら私としては「カオス」のカップルが好みです。自分の性癖と今までの遍歴のせいで、臆病になっている白川先生が、大人であるぶん可愛い。大きくなって会いに来た、教え子壬生谷くんの一途さに拍手。

他、高校生カップルも年の差あり、幼馴染あり、結構キュンキュンきます。

4

好き嫌いがわかれるかも

まず、表題作の「イロメ」が短くてびっくりしました。
他の作品を表題作にしてもよかったんじゃ…(^_^;)
イロメってなんのことだと思ったら「色眼鏡」のことだったんですね~

全体的に学園ものな1冊です。
一番気に入った作品は「花いちもんめ」という後輩×先輩のお話です。
先輩が三年休学で4歳年上にはびっくりしましたw実際そんな留年する人いるんですかねw
ちょっとツンデレな先輩、そして年下攻めに萌えました。

ただ、絵に少し特徴がある方だと思いました。
私はこの絵柄が嫌いというわけではないのですが、ちょっと苦手だったので中立評価しました。

3

徐々に万人受け傾向へ?

この独特の草間さんの雰囲気をあまり好きになれずいたのですが、
今回はあらすじに惹かれ購入。
年がたって趣向が変わってきたのか、それともDEAR+の趣向に沿うように書いたのか判りませんが、以前より万人受けするようになった気がします。初期の作品が好きな方は不満なんだろうけど、私は今の線が細くわかりやすい方がすきです。
変わったといっても、あの独特のえろい雰囲気は健在。

苦手といいつつ気づけば草間さんの本はちゃっかり全部読んでいたのですが、今までの中で一番すきです。
年下攻めが大好物なので、この本はものすごく好みでした!
『うらはら』と『あつくてつめたい』の連作以外すべて年下攻め…よく考えてみればすごい本です。『イロメ』の学校ではどんだけ下克上が…(笑)
特に最後の『カオス』が一番いい。先生の色っぽさにニヤニヤが隠し切れませんでした。
ページの間のオマケ漫画で笑わせておきながらどこか切なくて、読後はあったかい気持ちになれました。

一度は雑誌で呼んだ方も、書下ろしが盛りだくさんなので楽しめると思います。
今まで、草間さんの絵が苦手…と思ってた方でも、今度の作品は楽し続きめるのではないでしょうか。ライトだし。
草間さんの本は挑戦の価値がありますよ!

3

水上

はじめまして。コメントありがとうございます!
気付くのが遅れて申し訳ないです!
草間さんで初めて読んだのが『はつこいの死霊』だったせいか、酔うような感じがどうも苦手で…。
しかし気付くと手にとっているんです!
ビールの例えは言い得て妙ですね~
ビール苦いマズイ!からビール美味しい!までに似た深い道のりがあるほど、深い魅力を持った作家さんということですね^^

よう

水上さんはじめまして。
草間さん最初は苦手だったのですね!わたしもなんです。
でも何度も読み返したく何故かなって、気がついたら好きになってました(笑)
子供の頃はビールって苦いくて不味いと思ってたのに、
いつの間にか美味しいって感じてる!不思議!みたいな感じです。

忘れられない味

これまでの草間作品とは、ちょっと違う風味な気がしますが、今まででいちばん好みです。
独特なコマ割や、フリーハンドのみのタッチは変わらずですけど、全体的に力が抜けている感がとてもいいです。空間の美が生きている。
表題作の『イロメ』は、ワンコ生徒×ツンデレ先生。大好物な組み合わせでわくわくして読んでましたら、え。もう終わり?でもこんな短いページ数でしっかり読ませてくれるところは流石です。
2話目の『はないちもんめ』は『イロメ』の続きかしらと期待して読み進めると、全然別のお話でしたが、これはこれでまた良いですね~。
ワケありな先輩と無骨な新入生との出会いからのお話で、甘くて美味しいお菓子なのに、少し変わった隠し味があるようなお話で、イや~面白いですねえ。
3、4話目『うらはら』『あつくてつめたい』は、幼馴染の進行のプロセスといった感じで、よくあるお話なのに、ちょっとしたスパイスが効いているため、忘れられない作品となるんだなーこれが。
子供の頃拾ったカエル、ちょっとオモロイおじいちゃん、本筋あまり関係ないコンビニ店長のセリフ・・・
けれどもここまでの話は完全に前菜だと思い知らされ続きました。
てっきりどの短編も同じボリュームの詰め合わせだと思っていたので、『カオス』と『先生の写真』の重厚感は、あまりにも予想外。
一度は里子に出した仔犬が、躾の行き届いた大きな成犬に育って戻ってきたような(笑)白川先生と元教え子の壬生谷君。
『イロメ』で年下ワンコ攻めの桃山君も良かったですが、壬生谷君のまっすぐな気持ちの向け方には心を打たれました。
白川先生のヒゲへのコンプレックスというのも、なんか往年の美少年の悲哀を感じさせられ、せつなかったです。この辺けっこう乙女でGOOD。
『イロメ』とリンクしているお話ですが、余計なくどい説明などなく、つなげ方がバランスよくてお上手だよな~。
そう!何もかもがバランスいいんだな。笑いも悲しみも、美醜もエロスも真面目さも。
短編の間に登場する3~4コマ漫画と解説や、カバー下のイラストなんてもう、作者は最高の遊び心の持ち主です!
そんなすべてをひっくるめて、ちょっと忘れられない癖になってしまう味。
隙間にチラリとのぞかせるセリフやカットが、読み終えたあとにリフレインしてしまい、何度も読み返しては、うふふ~と気持ち悪いことになってます。

8

行間から漂う色っぽさ

短編集。表題作の「イロメ」はその中でも更にショート!
超短編なのに、ドキドキが満載。先生の色目にゾクゾクしました。

収録されている作品、どれもこれも好みですが。
その中でも特に好きなのは『カオス前後編』。
一途な壬生谷と可愛く愛されたい白川の「運命の出会い」。
登場するどのカップルにも言えますが、
この二人には特に幸せになって欲しいと思いました。

1

ガーン

やっぱり私は草間さん苦手でした。
ここでも他でもとても評判の良いこのコミック、
今度こそは私も面白いと思いたかったのに、またしてもです。
やっぱり、多くの方がおっしゃる「個性的な絵柄」が自分の好みにあっていないんでしょう。
だけど過去、全然好きじゃなかった漫画家さんでも、一つ好きな作品が見つかっただけで全く見方が変わったこともあるので、まだしつこく読み続けたいと思います。

4

色目使い

タイトルのイロメのとおり、色目を使うのがとても
うまいです。
表題作の「イロメ」の野田先生の目は、エロい。この先生、ちょっとサッカーの反町監督っぽい。選手に涙ながらにわびたというから、設定もはまっている。もしかして、話の中のような出来事が!?
まぁないでしょうねw
草間さかえさんは、しっかりしたワールドがあって、
どの作品も昭和の香りがします。
平成BL×昭和BL
昭和BLとは、夏は畳の上で汗をかきながらいたしている
ジットリ感、そして冬は、灯油ストーブを炊きながらコタツの中でいたしているような密着感です

1

なんて私好みの漫画なの

年下攻め、年の差、幼馴染に、先生と生徒・・・
私好みの設定が盛りだくさんのコミックスでした。

草間先生の作品は独特の色気が溢れている作品が多くてとても好きです。

他の皆さんも言われているように私もこの中では「カオス・前・後編」が好きでした。

なきそうな顔をして振り返ったのに、無理して笑顔を作ったから、先生を抱きしめるために僕は戻ってきたんです・・・だなんて(*ノωノ) キャ!

他の話も同じ学校だったり全て連作になっているようです。

読み終わった後はカバー裏の一こま漫画もぜひ見てくださいね^^

4

学園ものイロイロ揃ってます!

あ、唯一王道の教師×生徒がない! 自分自身がどちらかというと生徒×先生が好みなんで無問題なんですが。

ひとつの学校のあちこちで行われてる話を寄せ集めた的なオムニバス形式の一冊です。
生徒×教師2本、後輩×先輩、同級生のがありまして、よく考えると同級生以外は年下攻めですね。
年下攻めが好きなので、かなりぐっと来る話が多かったです。
どれもこれも、なんだか切ない。
切なくて、切羽詰ったものを感じる。
よく考えたら、結局書き下ろしでしか具体的にいたしてないのに、この満足度なのは、色んなタイプのカップルが見られて、それぞれに完成度の高いいいお話だったからだと思います。

私はどれもそれぞれ好きなんですけど、「カオス」が好きでしたね。
最初の登場は結構クールでかっこよく見えた白川先生が、実は結構乙女で、ひげも許せないほど自分の容姿に自信がないっていうのがかなりぐっと来ました。
それを飄々と受け止めてくれそうな壬生谷くんの将来性にも期待大!
他のカップルも、正直もっとじっくりと見たいなと思うほど、どのキャラも魅力的でした。
絵柄さえ受け入れられれば、買って損はない一冊だ続きと思います。
この絵柄、ハマるとクセになりますよ。
端々の表情やしぐさがエロいのもいいです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ