お背中流し三つ指でお出迎え

僕はあなたのお望みのまま

boku wa anata no nozomi no mama

僕はあなたのお望みのまま
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
3件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784048671644

あらすじ

イタリア貴族出身の映画監督ロッセリーニが、日本にいる間の恋人にと紹介された通訳兼世話係。すぐさま拒絶したにも関わらず差し向けられてきた青年・春都は、清楚で生真面目で澄み切った泉のような瞳をした大和撫子だった! 一方、何も知らず、ただ通訳として雇われたと思っている春都も、揺らめく炎を秘めたようなロッセリーニの眼差しに圧倒されて… 浴衣でのお背中流し、三つ指でのお出迎えあり ジャパネスク・ラヴ
出版社より

表題作僕はあなたのお望みのまま

ヴィットリオ・ロッセリーニ / 映画監督・28歳
杉浦春都 / イタリア語の通訳者・24歳

その他の収録作品

  • お好きなだけ、僕を

評価・レビューする

レビュー投稿数2

健気な受

 春都は、イタリア貴族出身の映画監督・ロッセリーニが日本にいる間の通訳兼世話係として紹介される。
 最初は、自分なんかにはそんな大役はとんでもない! と思っていた春都だったが、ロッセリーニを一目見て、その仕事を断れなくなってしまう。

 一方のロッセリーニは、春都のことを恋人兼通訳だと紹介を受けていた。
 日本滞在中限りの恋人関係なんてごめんだと思っていたロッセリーニは春都のことを断ろうと思っていた。
 ところが、ロッセリーニもまた、春都のことを一目見た瞬間から手放したくないと思ってしまった。
 そんな二人の生活は当初は穏やかなものだったけれど、次第に惹かれあっていって……。

 という話でした。
 水上ルイ先生の王道パターンでしたね。
 それぞれの視点から話が進んでいって、すれ違いもあるけれど、最後はラブラブでハッピーエンド。

 いい話だったと思います。
 合間合間に、日本文化の象徴である着物であるとか、イタリアではどうだった……とか、ちょっとしたそれぞれのお国柄でのこととか入ってて、それもいいエッセンスになってました。
 深刻ではない時に読むのにはちょ続きうどいい話だったと思います。

0

三つ指、着物、尽くし受け

ありとあらゆる“王道パターン”が、詰め込まれた1冊。
個々のエピソード自体に、目新しいものはありませんが、
レイプ未遂事件、恋敵の出現、ロッセリーニ家お父様による交際反対、
おしおきエッチなど、これでもか!という位徹底して、
王道パターンから王道パターンへとお話が展開していきます。
こんなに詰め込むのは反則だろう(笑)と、思いながらも、
テンポの良さに乗せられて、一気に読みきってしまいました。

正統派のキャラにも、好感が持てます。
ロッセリーニは、大人で頼りがいのある紳士。
イタリア人という設定にふさわしく、口説き方がストレート且つ、スマートで、
乙女心がくすぐられること間違いありません。
対して春都は、大和撫子という表現がピッタリの清楚で真面目な好青年。
仕事に一生懸命なところとか、ロッセリーニに心がグラグラ揺れちゃってるところとか、
なかなか可愛くて良かった~。

作品のテーマは、三つ指、着物、尽くし受け、だったそうで、
水上先生がノリノリで書いたのが伝わってくる作品でした。
安心してハラハラドキドキできる王道ものが好きな方に、オススメです。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ