土×銀日誌 2(アンソロジー著者他複数)

土×銀日誌 2(アンソロジー著者他複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
ノアール出版
シリーズ
発売日
価格
¥951(税抜)  ¥1,027(税込)
ISBN
9784860023072

あらすじ

銀魂コミックアンソロジー
表紙:カイナ
作家陣:一宮思帆/山田パピコ/田野かかし/白雪りる/蓮川由都/水風/カイナ/雪辰巳/泉飛鳥/澤乃井史/櫻カヲリ/加賀未春樹/雪好こみな/那木渡

表題作土×銀日誌 2(アンソロジー著者他複数)

土方十四郎
坂田銀時

評価・レビューする

レビュー投稿数1

土×銀日誌2冊目

土×銀日誌2冊目です。表紙はカイナさん。お気に入りの作家さんです。表紙の裏も実は表の土方と銀ちゃんを覗き見している沖田、神楽ちゃん、新八、エリーと桂そして、あきれて見ている近藤さんが描かれています。非常に可愛らしいデザインだなと思いましたw

執筆陣の方は豪華な方ばかりで読みごたえがありました。

さて、お気に入りの作品は現在商業BLでも活躍していらっしゃる山田パピコさんの「雨のかた恋。」です。なんとも意地っ張りで不器用な2人が描かれています。特に土方の方がグルグル考え込んでます。なんとも言えない、じれったい2人の距離感がたまらなかったです。

そして、白雪りるさんの「ゆくトシ、くるトシ」は笑いました。りるさんの作品はギャグとエロの割合が絶妙なんですが、この作品はほぼギャグでした。しかしながら、土銀の恋愛がきっちり描かれていてりるさんが描く土銀らしい2人の会話や行動がツボリました。
「鮫島くんと笹原くん」の腰乃さんのように、りるさんの描く土銀ではキャラの些細なしぐさや言動にいちいち笑わされて萌えを感じ、ツボっちゃうんですよね。とても魅力的な作家さんです!

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ