駆け引きの恋愛バトル

駆け引きの恋愛バトル
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
3件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592875635

あらすじ

軽い気持ちで箱入り娘の結衣に近づき、その兄・聖人にHなお仕置きをされてしまった大学生の恭敬。聖人がゲイと知って、合コンで培った技巧を傾けて彼をオトし、意趣返しをしてやろうともくろむが…?
出版社より

表題作駆け引きの恋愛バトル

弁護士 新倉聖人(にいくら せいと)
大学生 如月恭敬(きさらぎ やすたか)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

攻×攻?

帯「互いに一歩も引かない 攻×攻バトルの結末は…!?」

う~ん、タイトルと帯でアオりすぎたのが敗因かも。
ちょっと期待はずれでした。
もうちょい「どっちなの?」っていう雰囲気があれば良かったです。

二人のやりとりとかストーリーも結構おもしろいけど
高階さんのイラストがなければ、そんなに萌えなかったかも。
設定がいいだけに残念でした。

特筆するのは、やはり 裸エプロン♪
ソファーで片膝立ててふんぞり返ったイラストが最高です!!
恥じらいなんてこれっぽっちもないのに、やたら萌えました。
男前でステキ☆
これで本番シーンがカットされてなきゃ…う~ん、もったいない。


【余談】帯マンガメモ〆(著:北上武蔵)
先輩の部屋のエアコンが壊れた。
  ↓(同時発言)
 後輩「どこか喫茶店でも…」
 先輩「セックスで熱さなんて忘れ…」
先輩に白い目で見られる後輩…なぜだ~?
先輩にとってはそれが常識なのね?(笑)

0

裸エプロンww

どっちがツッコむか、一応最後までバトってくれました。
あくまでも、一応ってことで...
もう、ハナから受・攻が明らかなビジュアルですもん!
どっちがヤラれるかは見え見えなんですけど、
往生際悪く粘って粘って、ラストにヤラれてくれましたww
高階佑さんのイラストと、攻×攻設定に惹かれて買ったのですが、
攻×攻ってポイントにはやや物足りなさを感じるものの、
テンポ良くて男らしい2人の会話は面白かったです。

攻×攻に見えない理由は2点あり、1点は高階佑さんのイラストの
受がかわいいのと、もう1点は受がおバカキャラってとこですね。
攻×攻にしようと思ったら、やっぱりある程度は社会的地位が
並んでいないと厳しいものがあるかも...
このお話は、攻→弁護士、受→大学生。
もうこの時点で攻×攻は期待しちゃいけなかったのかも...

でも、『いつかお前を抱いてやる!』と頑張ってる受(恭敬)も、
実は一目ぼれで妹とデートしてるとカン違いして拗ねる攻(聖人)も
かわいかった~♪。
ストーリーのほとんどが2人の主導権争いなんですから大満足ですww
特に裸エプロンのシ続きーンがおいしくもあり、残念でもあり...
高階佑さんのイラストで裸エプロンが見れようとは!!
しかも、態度デカくふんぞり返った姿での裸エプロンの美しいこと!!
これでエプロンプレイ(どんなの??)を期待するなって方が無理だよ。
なのに、本番はスルーなんて...ショボン...

ラストは恭敬のピンチに聖人ヒーロー登場でお約束の展開なんですが、
その後のエチのためには仕方ない流れってことで...
そのエチの時に聖人が束縛宣言しながらもメロメロで、
恭敬は命令口調で先をうながし、ベッドでの立場とは逆の2人が
面白いやらかわいいやらwww

ここからはちょっと個人的意見入りまくりなので、
苦手な人はスルーして下さい。
ちょっと余談になるのですが、ペットを家族としてる立場として
この本に出てくるような金儲けを一番に考えたペットショップ運営を
してる店が世の中にはあるんですよね。
そもそも、動物の命をお金で売買すること自体間違ってるのだと
思うし、店頭で売れ残った子が処分されるという現実にも
ショックを受けました。

しんみりしたレビューとなりましたが、
サラッと読めて、高階佑さんファンにもオススメの作品です★

0

うーん・・・

表紙のイラストが今までの高階佑さんのイメージとかなりかけ離れた感じがしたので買う前からちょっと合わないかな?と言う感じはしていました。

真崎さんの作品を読むのはこれが初めてなのですが、作者様の好み優先で突っ走っていたような気がします、裸エプロンが出てきたあたりでちょっと萎えてしまった。

コメディチックなお話なので難しいことは何も考えないで読みたいときにはいいかも知れませんよ。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ