雨の恋文

ame no koibumi

雨の恋文
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
peridot〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
84ページ
版型
A5

あらすじ

同人誌オリジナル

表題作雨の恋文

黒田宗司 江戸の材木問屋の三男(21歳)
透弥 雨を齎す里の守り神(15歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

私、BLでこういうの初めてかも。

時代もの・ファンタジー入り。江戸時代です。
あとがきで『まんが日本昔話みたいにしたかった』と書かれてましたが、そんな感じでしたね。鄙びた山里に迷い込んだ江戸の大店の息子と、寺で和尚と2人で暮らす少年。

透弥(受)は、村人から敬われると同時に畏怖されているようで、宗司(攻)はそれを不思議に思っていましたが、村の子どもに『透弥さまは里の守り神で、お願いすると雨を降らせてくれる』と聞き、和尚にも確かめて『透弥が祈りを奉げると必ず雨が降る』と知ります。

大事な守り神から宗司を引き離し、江戸へ帰らせたい村人たち。でも、宗司と透弥はお互いに惹かれて行き、とうとう想いを確かめ合って関係を持ちます。そして・・・

オチが、まあ『巫女もの』でありがちな『純潔を守るのが必須』ではなかったんですね。村人も、そして私もそうだとばっかり思ってました。まあご都合主義で温いと言えるかもしれませんが、ラストは綺麗なハッピーエンドでした。

ただひとつだけ、いちいち突っ込んじゃいけないのかもしれませんが、『透弥が祈りを奉げても雨が降らなかった間』のことが気になってしまいました。なんで降らなかったの続き?なぜこの時に限って透弥は○○なかったの?と。

でも、さらっと読んで、ほのぼのした雰囲気に浸るにはちょうどよかったです。結構好き。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ