ねぇ…ホラ ちゃんと足開いて、舐めにくいでしょ──

オトナ経験値

otona keikenchi

オトナ経験値
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×214
  • 萌25
  • 中立6
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
29
得点
222
評価数
66件
平均
3.5 / 5
神率
25.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862523716

あらすじ

不能に悩む美高校生・夢二は、ある日野獣のような後輩・新海と出逢う。乱暴な新海に怯える夢二だったが、突然告白&キスされてしまった!すると、なんと数年ぶりにアレが復活!?その他、ドSなマルと淫乱ムーのお話も収録(カバーより転記)

表題作オトナ経験値

なるくんの兄 /深海清司 高1
ナオちゃんの兄 インポ /尾山夢二 高2

同時収録作品コイビト基準値

受様には意地悪なマル/丸井 高二
いい加減な付合いを繰り返すムー/村里 高二

その他の収録作品

  • 好みのモンダイ

評価・レビューする

レビュー投稿数29

うううああああって言いながら読みました

ねこ田先生の作品はほんの少ししか知らな買ったのですが、ねこ田先生の大ファンの友人に凄くすすめられ(笑)、とりあえず一冊にまとまっているこちらを購入。読んでよかったです……!

夢二くんが可愛いくて可愛いくて…小柄で子供っぽい可愛さではなく、色気ある外国の王子様ルックスでこのキャラはずるい…!癒されまくりで萌えまくりでした。笑っても泣いても可愛いくて、よく規制が出ました(笑)
新海くんがなんで夢二にあそこまで惚れて告白に至ったのかについては少々疑問でしたが(フィーリングで夢二の良さが一目で分かったのかな??)、夢二みたいなタイプとしっかり者の年下ドSとのカップリングは私には新鮮だったので楽しかったです~!ピンポイントですが、夢二が保健室で目を覚まして新海くんの存在に気づいた時の、はてなマークたくさん浮かべてぽすっと枕に顔をうずめるシーンが大好きです!!!!

マルとムーにはオロオロさせられまくりでした。ムーには慰めてあげたい気持ちと説教してやりたい気持ちでいっぱいでした。丸くおさまったみたいだから良かったのかな?

0

最初に衝撃が走るかも…

私は走りました。
そうです、夢が不能だからと言って、それに協力しているマルの真摯で紳士なこと。淡々としてる…。え、こんなもんなんですか男の子って…(・Θ・;)ちょっと理解できませんでした。
なのに、くっつく相手はそれぞれ別に登場され、あの訓練は何だったのかとかと考えさせられてしまいます。私だけでしょうか…。。。
受け様方は匂いフェチやら淫乱やら。攻め様たちはどんと構えたドSでいらっしゃるのですねΣ(ノ□`)
変態なキャラばかりですが、上手くまとまって良かったと思いますよ。
こんなアンバランスなキャラを上手くまとめる先生がすごいんだなぁ…と思います。

0

可愛い!



再読です。昔、読んだのをすっかり忘れてまして(^ω^;ゞ
また、買ってしまいました(笑) やっぱり、イラスト可愛いです。

ストーリーも好きです。
何てったって、エロいです!
そして、可愛い(*´˘`*)

ドSな感じの新海のキャラに萌えました!
夢二が意外と子どもキャラでそこが可愛い。

ムーとマルの関係も好きです。
ダメなわんこをしつけるみたいな感じが好きです。

噛み癖、歯形付くほど噛むってけっこう痛いと思う。
絶対、痣になるw

0

先輩より強い後輩くん

丸ごと一冊がひとつのストーリー。

普通に面白かった・・・・けど。
途中途中、2・3箇所で「あれ?飛ばして読んでしまったかな?」
と引き返してしまうような所がありました。
もちろん、飛ばして読んでませんw
という事は、唐突に話が進んでしまっている・・・と思ってしまうような
箇所があるって事なのではないかしらん???

それがちょっと勿体無い印象でした。

主人公カップルが並んでいる様子を客観的に見ると
攻めの後輩の方が小柄。
なのに、とっても強気。
受けの先輩が、かなり乙女ちっくで、
第一印象をすっぱり裏切って見せてくれる作品でした~。

0

わからん!

面白さ、萌えポイント、まったくわからなかった。

まず、いくら幼馴染みの親友だからってインポを治すためとはいえお尻に指入れたり、自慰のお手伝いをする意味がわからない。

深海の夢二への気持ちも分かりにくいし、読んでて萌えるどころか不愉快な気持ちになってしまった。
特に最初の方では、夢二自信も深海に恐怖しかなかったみたいだし。

もし、マルとムーの話が載ってなかったら、間違いなくしゅみじゃないに評価していたな。と思う。
ねこ田先生は好きなマンガ家さんの1人なので、ちょっと残念。

1

匂いフェチだった・・・

ねこ田米蔵先生の、小説の挿絵が大好きなんですが・・・
以前読んだコミックの「酷くしないで」が面白かったので、
最近になって過去作品の作者買いをしています(笑)


『オトナ経験値』は、ちょっとSっ気のある深海×インポだった夢二の話。

夢二は勉強も運動も出来る美形でモテモテ・・・でも、実はインポなのが悩み。
幼馴染の丸井の協力で色々とインポ改善を試しているけど、
(↑なんかエロいです、このシーン・・・)一向に効果が現れません。
ところが、苦手に思っていた深海に突然告白され、キスされ、
そして何故か勃起してしまい、嬉しいけど戸惑う夢二。

とにかく、夢二がエロ可愛いです!
深海の一挙一動にビクビクしたりムカついたりしながらも、
深海の与える快楽に溺れてしまう自分が情けない夢二。
そして、深海との関係が気持ちは無くて体だけなのでは?と悩みだしたとき、
元カノが現れたり深海にそっけなくされたりして、傷つきます。
そしてやきもち妬いちゃう夢二が、本当に可愛い・・・萌えます!!
深海は何考えてるか分からない不思議ちゃんですが(笑)
ちょっとSっ気があって、続き二人のエッチは結構エロいです♪


『コイビト基準値』は、幼馴染の丸井×ムーの話。

私は『オトナ~』の時から丸井が結構好きです、ちょっとブラック入ってて(笑)
でも、実はムーの事が昔から好きだったんですね!
ムーは、誰とでもやっちゃう奔放な子で、
だから両想いになっても、丸井が素直になれない気持ちはわかります。
お話は、ラブラブ・・・とは言い切れない所で終わっちゃってるので、
これは続きがぜひ読みたいです!


とにかく、ねこ田米蔵先生の絵は綺麗でエロくて大好きです!
お話も、どちらのカップルも可愛くて良かったです。

1

これの数年後とか読みたい

年下攻め×勃起障害受け
攻めの新海は夢二にガツガツ迫るのに、性欲は淡白。
インポでずっと悩んでた夢二は新海に触られると起つからそれがきっかけで流されるように付き合うようになったから好きなのかどうか分からなくて悩む。
起った原因は新海の体臭が好きだからだと気付いて使用済みシャツ借りたり冷たくされてぐるぐる悩んだり頑張ってます。
私が受けより身長低い攻めがあんまり萌えないからキャラ萌えは微妙でした。
話とか絵は好きです。エロ描写やらしいし。
だから数年後の身長差逆転したところが見たいなー

0

俺様で淡白。…ってマジでタチ悪い!

古い作品だけど久々に発掘したのでレビュー!ヽ(・∀・ヽ)

あいっっっかわらず絵ーキレイだなぁおい!!!
と食いいいるように見つめてしまう…
見目麗しいキャラとかカワイイファッションとか絶妙なトーンセンスとか…カラーもモノクロも等身大もミニマムもぜーんぶキレイ!カワイイ!!
やっぱ漫画ってまずは『絵』を楽しむものだよね!!!と再認識させられる作家さんです。

ま、絵だけじゃしばらく眺めたら終わりなんですがね…
ねこ田さんはストーリーもエッチも手抜きしない作家さんなのでホント素晴らしいと思います!
しかも、毎回いろんなキャラや設定に積極的に挑戦されているので、その開拓者的なガッツが好きです!!

今作はキャラの面では受け攻めの体格が逆なのと、勃起障害という設定に挑戦されてます!すばらしい!(なにが?)

チビだけど上から目線な年下キャラ×勃起障害を抱える長身の王子様。
年齢でも体格でも下克上っていうね。こういう下克上は特に好みではなかったのだが、絵がキレイなのと、攻めキャラ(新海)がちょーパンチきいてて好きだったので、あっさり順応できました。笑

チビで上続きから目線な年下キャラだけど、自覚のある俺様じゃないのがイイです。
無自覚な俺様。
オレ様ぶろーとして態度がデカいわけじゃなく、自分では普通に、というかなんなら友好的とさえ思ってる態度が、ぶっきらぼうで婉曲表現できないために、相手からしたら腹立つくらい上からな物言いにみえちゃうっていう。
だから全然悪気ないんだよね。で、無表情のまま「ごめん」と素直に謝ったりして。
ちょーカワイイ!!!
しかも、エロスにおいては『淡白』っていうある種のギャップ要素まで装備してるし。
俺様で淡白。…ってホントえげつねーよ!!
オラオラ~~って獲物追い詰めといて、「あーオレ1回食ったら30日持つから~でも浮気は許さないよ絶対~禁欲よろしく~」ってことですからね!
あー怖い!めっちゃタチ悪いわ~~……!
目付き悪くて、態度悪くて、タチも悪いと。
ハイ最高!!ハイ素敵!!:*(〃∇〃人)*

ぶっきらぼうとか無愛想とか無表情とか…そういうキャラが死ぬほど好きなので、そのクセ淡白で無駄に相手を焦らすというタチの悪さを兼ね備えた新海はめちゃめちゃツボでした…!!

1つ難があるとすれば、新海が出会ってそうそうに夢二(受)に惚れて告白したことですかねー。
なんで夢二がよかったのかちょっと謎。(-ω-。)ウーム
ストーリー進めば夢二の内面がみえてくるから、反応がカワイイ人だなとか思ったとしても納得できるんだけど……2、3回会った程度で好きって言っちゃったのは理解不能。

もう少し新海の心の変化を描くエピソードがほしかったな~~と思いました。

あと後半で、受けキャラが体臭フェチだと判明。
体臭フェチなキャラにそこまで魅力を感じないけど、夢二の反応がカワイイのでまあよし。
そして、新海の元カノに嫉妬してグルグルなる夢二を、「アンタ…意外とやきもちやきなんだね…」と慰める新海が、年下のくせに余裕あってなんかカッケーって思った。
新海の株はさいごまで上り調子でした。

■コイビト基準値
夢二のクラスメート2名がコイビト関係になるまでの話。
長身ドSメガネ(マル)×下半身ゆるゆるの猫キャラ(ムー)。
昔っからずーっとマル(攻)が好きだけど、マルは夢二を好きだと勘違いして、男女問わず誰とでも寝ちゃうエッチ大好きなムーと、
ホントはムーがどうやって抱かれてるか想像して萌ちゃうのだが、本心隠すために必要以上にムーに冷たい態度と言葉をぶつけるマルの話。
まー結局、ふたりとも実は両想いなんだけど、攻めのどSさと、受けの尻軽さが邪魔をして無駄にこじれていたという。
無愛想キャラと同様、どSキャラが死ぬほど好きなので、『どS vs 淫乱』のこのコンビは物凄く楽しかった!笑
10日禁欲しろとか言葉責め、もっとやればイイ。


個性的なキャラとストーリーに、濃厚でいろんなシチュのエロスも楽しめる1冊。
ストーリー性もあってエロスも重視された作品って少ないので、いろんな意味で目の保養ができて満足でしたvv

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★★★・ :エロス
★★★★・ :キャラ
★★★★・ :設定/シチュ
★★★★・ :構成

1

NOキャラ萌え

うーん…
ダメだ萌えない。

絵も可愛くて設定もいいのに、なぜか萌えない。多分キャラが趣味に合わないんだよなぁ。

まずは新海。こいつはもう見た目からして無理。もともと、ちびっ子攻めが嫌いだし、何考えてるか分かりにくいし。

夢二は見た目は好きだけど、なよっちくて弱すぎるし、主体性がないような気がする。

マルは、ドS眼鏡で喰えないタイプは大好物なはずなのに、全く惹かれない。なんでだ?

ムーは論外(笑)淫乱受は嫌いじゃないのに、ムーはだめ。


主要キャラ4人とも苦手って、そりゃ萌えないわな。こんなん初めてだ。

なんで人気があるのか不思議な1冊。

2

香りキッカケ

「酷くしないで」「妄想エレキテル」に嵌り、いよいよこちらも購入しました。
こちらの続編?スピンオフ?が「妄想~」1巻に載っており、絵柄も可愛い設定も好きって事で気になっていたのです。

表題の≪オトナ経験値≫。
昔モトカノとの初H時に『ヘタクソ』と言われて以来"不能"になった夢二と、後輩であまり優しさが垣間見えない新海のお話。

何をキッカケに夢二を好きになったのかは、カバーの折込部に本人が言う通り「謎」なんですが(笑)、そんな新海に翻弄されていく夢二がかなり可愛い。
不能だった筈なのに新海に迫られて能力復帰オメデトウ!な状態な夢二。
でも最初は新海にまるで脅されているようでビクビクして、でも彼と居る時間が増えるにつれて、キュンする時間も増えます。
あんな美形で可愛い夢二がヤキモチとかっ…そして泣き虫的なっ…私の腐ラグが立ちまくり(笑)

でも匂いフェチって分かります、相手の香りで心臓が跳ね上がるって誰しも経験しますよねー多分。

どんどん夢二が新海に嵌って行く様子は可愛くてキュンキュンします。


≪コイビト基準値≫。
「オトナ~」に出てくる、夢二の続きクラスメイトのお話。
夢二の不能を復活させる為にアレコレしちゃう幼馴染の丸井(マル)と、いつも一緒につるんでる誰彼構わず足開いちゃう淫乱の村里(ムー)。

「オトナ~」もそうですが、両作品とも攻めが相当Sっけありますね。隠しきれない程(笑)

ムーは淫乱だけど、ずーっとマルが好きだった。淫乱だけど(大事だから何度でも言おう)
マルはムーが好きだったけど、それを言わずに来た。

私的にはムーよりマルのがちょっと「普通に見えなかった」です。
何かちょっと異常色見えたのは私だけなのかな。
作中では、マルがムーをダメ扱いして無理やり致す所が有りますが、
「淫乱は淫乱でダメだけど、彼女との初エッチの時からムーの姿想像するとかアンタのが失礼でしょう!なのにムーの事責めたりするなよ!攻めるのはいいけど!」
と私の心は文字通りの馬鹿騒ぎ(笑)

でも、結局はそんなマルへの私の勝手な苦手意識も、ムーのヘラヘラな可愛さで中和されました。
ありがとうねこ田先生。


ねこ田先生に関しては絵が好みって訳じゃないんですが、線が綺麗だったり丁寧だったりで、総合的に本当に魅力的な絵を描かれるなと惹かれてしまいます。

「受けがダメ可愛くて、攻めがSっけダダ漏れ大好き」
な方ならキュンキュン止まらないと思います♪

1

年下攻め好きには・・・

私は年下攻め・ちびっ子攻めが好きなので前から気になっていた作品でした。

受けの夢二がめちゃめちゃかわいかったです。不能でヘタレ?で流されやすくて萌えました。攻めの新海も根本的にはいい子なのかもしれないですが、もう少し夢二に優しくしてあげてほしい。好きなんだから・・・。
絵はやはりとてもきれいだし、ギャグのところはとてもかわいい。
もう少し続編とか読みたい。

0

めちゃくちゃキュンキュンしましたー♪

絵はきれい、そして好み!!
年下攻めは、とくべつ好きじゃないけど、

とても良かった!!(*`・ω・´)b グー♪

メインカプは、受けの性格や設定と、
攻めの歪んだ愛情表現が、見事に噛み合って、
二人のやりとりが抜群におもしろい。

受けは、アホカワイイし、
スイッチ入った攻めの色気もサイコウ。

基準値カプも、おもしろかったけど、
短いので、もっと読みたかった。

個人的に、どちらのカプにも満足
H度は、エロエロでした。

これは買って良かった!!('v`)


0

う~ん

この作品は随分前から知っていたのですが、まあ、そのうち読もうと思ってやっと読んだのですが、ちょっと私の好みとは違っていたようです。
どちらのカップルもラブがあまり感じられなくて・・・残念。
ラブの表現方法が特殊なんだよね、きっと。
変態さんがちょっと多かったのも私にはちょっとハードル高かったかな。
匂いフェチとかは全然大丈夫なんですけど(むしろ萌える)・・・なんでかなぁ、ツンデレも大好きなんですけど・・・。
切なさがあまりなかったからかなぁ?

絵はとても綺麗です。
私は今まであまり年下ちび攻めというのは読んだことなかったんですが、新鮮でした。

マルxムーは最初マルのドSぶりにちょっと引いたんですが、そのうちマルはムーを躾け直しているのでは?と思うようになるとOKでした(笑)。

いまいち自分でもなぜ萌えなかったのかはっきり分からないので、ドラマCDでどう印象変わるか試してみることにします。

1

これはよい年下攻め

年下攻め、ちびっこ攻めというので読んでみましたが、確かにこれは萌え。
このアホの子受けも好きなので、ツボおされまくりでした。

それにしても、このマンガ家さん、小説の挿絵でしか知らなかったので、マンガは初めて読みましたが、なんというか、顔やペンタッチ、画面の仕上げはとてもきれいなんですが、やたらと頭でっかちだし、人体のバランスがおかしいところが多くて、びっくりしました。
ギャグ的にデフォルメされたわけではないコマで、三等身状態だった時にはわざとやってるのか、それとも読者を舐めてるのか、判断に迷いました。最後まで読んで、どうやら顔しか描けない人なんだな、とわかりましたが。

もうちょっと人物全体のデッサンが取れていたらなあ、と残念に思いながらも、内容には萌えたので、萌えにしておきました。でも、よく名前を見るから、もっとうまい人だと思い込んでました。たぶん、よっぽど萌え設定か、一気にうまくなるとか、そんなことでもない限り、もう手には取らないと思います。

2

全部が艶やか

「妄想エレキテル」の同時収録でオトナ経験値を初拝見!

夢二を見て迷わず購入(^△^)

ルックスは美少年って感じです


本題のオトナ経験値ですが……
個人的には新海と夢二のカップルがオススメ!

・攻めが年下
・受けの方が長身
・かなり自分勝手な攻め
・受けが不能(笑)

と言うのが特徴です{P[Ƃ


毎回見てて思うけど
ねこ田先生の絵はとっても艶があります!

新海の攻めてる表情、
夢二の感じてる表情はもちろんのこと

普段の会話のシーンでも色っぽさがあります(゚゚*)


マルはオトナって感じでカッコイイ!

ムーは素直な感じでカワイイn[g

ただ、どうしてもムーの淫乱な所が苦手でした。。

軽いんですよね、マルへの愛は重いのに!

そこがなぁ~
でも、結ばれたからこれで落ち着くのかな(・=・)

2

ねこ田さんの絵はやっぱりエロいです(笑)

[オトナ経験値]
攻めが受けより身長が低いだなんて超萌えましたww。
夢二が新海の元カノに嫉妬したり、デートしたいとか言ったり。マジで可愛かったです!!。
新海も新海で、ぶっきらぼうに言われるのが嫌だと言えば、気をつけるようにしたり、言ってしまったら、素直に謝ったり。ホント可愛いです。
しかし、マルはいくら友達の不能解消の手伝いをしているとはいえ、指を入れたりするのはすごいと思う・・・。(汗)

[レンアイ基準値]
夢二の友達のマルとムーの話です。ちなみにマルがドSで、ムーがド淫乱・・・
個人的にはムーが淫乱すぎて、あんまり好きではなかったです。(ゴメンナサイ・・・。)

0

受けっ子組みが……

ねこ田先生のイラストは大好きだったんですが漫画は今までノータッチで何となく避けていた様な感じでした。ちょっと前にたまたまこの作品をチラ見しまして大分好きな感じだったので思わず買ってしまいました。

イラストが綺麗なので結構すんなり読めましたが、皆さんおっしゃってますように友達のお手伝いとか状況的には「んん?!」な部分もあったりします。
所々に出てくるギャグコマなんかも面白いです。個人的には受けっ子2人の行動や表情が可愛くてそれだけでかなりツボでした(笑。
ちょっと攻めが強引にしてしまう場面があったりしますが結果的にお互いがお互いを大好きなんだなぁと感じましたので何とか納得。

今回この作品を読んでねこ田先生の他の作品も読んでみたくなりました。

1

もう少しラブっぽいラブを…

表紙を見る限りどっちが受なのか分からなかったです…。表紙左・夢二が受で右の新海が攻でした。ちびっこ攻って初めてかも。

受の夢二は王子様みたいな容姿で女の子にもモテるのですが、中学時代の初体験がトラウマになってインポになってしまいました。
そんな夢二の不能を治すため、幼なじみの丸井は指を使って前立腺マッサージを試みる日々。ちなみに丸井と夢二の間にはロマンスなどありません。前立腺マッサージしてる場面は卑猥だけどなんか事務的(笑)

メインのカップルは新海×夢二なんです。初めは新海の方が夢二のことを気に入り、夢二は迫られて押し倒されそうになります。そしたらなんと!夢二はインポのはずなのに、何故か新海には反応したんです!3年と半年ぶりに!(笑)

それからほぼ強制的(?)に新海と付き合うようになった夢二。よかったのか悪かったのか…。新海は性格キツイです。言いたいことズバズバ言うし。なんか夢二が可哀想になる時もある。独占欲と嫉妬心も強いみたいだし。
新海と付き合い始める前に、夢二のインポを治すために丸井に前立腺マッサージをしていたことがバレた時はマジで切れてました。

続き題作の『オトナ経験値』は新海×夢二なんですが『コイビト基準値』では夢二の幼なじみ・丸井(マル)×村里(ムー)がメインになってます。ムーは淫乱で下半身がだらしないです。男でも女でも誰とでも寝ます。たぶん小学生?の時から(爆)

丸井はムーのことが好きなんですが、ムーが誰とでも寝ることを知っているのであえて絶対にムーとは寝ないと決めています。他のやつらと一緒になりたくはないという思いから。丸井にもちゃんと彼女がいる時期はあったりするんですが、どの子もムーの裸を想像してセックスしてるのがなんか切ないです…。

ムーはムーで丸井が好きなんです。ずっと丸井とHしたいと言っているのですが、丸井はそれを本気にはせず「誰かれ構わずヤるなんて汚くて萎える」と本心とは裏腹なことをムーに言ってしまいます。さすがのムーもこれにはショックを受けて泣いてしまいました(T_T)ちょっと可哀想…。
お互いずっとお互いのことが好きなのに、簡単にハッピーエンドとはいかないのが『コイビト基準値』です。初Hもちょっと痛々しかったし。

でもまぁ全体的にはほのぼの(?)した作品だなと思いました。もう少しちゃんとした(笑)ラブが欲しかったけど。ねこ田さんの絵は綺麗だし、これ続きが出るといいなぁ。

2

オトナ経験値レビュー。

とっ、年下攻です!後輩攻っ。

ドラさんといえば、マニアックなネタの多いレーベルなのですが、今回は受が不能でした。だけど、誰と何を試しても駄目だったのに、同じ高校のドSな後輩・新海と出会い、突然告白&キスをされると、なんとアレが復活してしまうという…!
この後輩(攻)限定でキスされれば勃つ、触られたら気持ち良くなる受(先輩)のお話です。

ちょっと設定は面白いかなーと思う。
「やっぱりオレが触ると勃つね」
意地悪な後輩のキャラが可愛くて良い!もっと言葉でイジメちゃってって思った。
主人公(受)が王子様キャラなのにヘタレで不能。
攻(後輩)はマイペースでツンツンツンデレで、Sっ気があって、性欲が人より薄くて、背が低い!
デコボココンビなCPで悶えました。
こういうコンビなので、強引系とはちょっと違うかな。恋に気付くのだって、不能が治ってどうしてなんだろうかと考えた時に…「あっ」って感じでストンと目覚めるテンポが良かったです。

不能だけど、攻が相手の時だけ感度良しな受の話が読みたい方は是非!

2

ねこ田先生大好きです!

大好きなねこ田先生の作品。

新海×夢二はチビ黒髪ツンデレな年下攻めって辺りがポイント高くて萌えます。
夢二…高校生にてインポなんて可哀想すぎるww
新海の匂いにムラムラしちゃう夢二…変態かっ!?笑
ねぇねぇ本当にインポだったの?と思う。

マル×ムー
ムーの頭の弱さにちょっと大丈夫?って思う。笑
だがそこがいい!頭弱い子に弱い私。
マルがかっこよすぎる。ムーが夢中になっちゃうのもわかります。

マル×ムーに関してはもっともっと続きが読みたい!

1

エロくて、変態マニアックで、可愛い!

とにかく、たまにデフォルメされるキャラの可愛さがツボ!!
それだけで神評価を付けたくなってしまうんですが、落ち着け私。

ねこ田先生の魅力は、絵の綺麗さ、エロさ、変態マニアックさ、可愛さだと思っております。
ただ、キャラがぶっ飛びすぎているせいか受け付けられない方もいるやもしれませんので、いい意味で“まともさ”を求めてはいけない気がします。インポで親友に擦ってもらったり、だれかれ構わず足開く淫乱だったり、そうゆうのが苦手な方はやはり気になってしまうんではないでしょうか。

【新海×夢二】
新海は夢二よりも背が低く、ツンとしてて口が悪いけど男前な性格の年下攻め。
逆に夢二は美形な容姿ながらインポでもじもじした年上受け。新海の匂いフェチ。
もう、それ以上説明はいらないような気がするんですがどうでしょうか。
キャラの個性が強く活き活きとしているので、ストーリーはあってないようなものです。
怖がってた夢二が新海に心と身体を開いていく様や、ヤキモチ焼いてわがまま言って泣いちゃうところなんか凄く可愛くて悶えます。見た目も性格も凸凹コンビですが、とっても萌えるカップルです。
続き
【マル×ムー】
マルはムーが好きなんだけど、ゆるさ加減に手を焼いてるドS攻め。
ムーは男女問わず足を開くド淫乱受け。マルとHしたくて必死。
付き合っているらしいですが、あまり愛がないので苦手な方は苦手かも。
マルがドSなのも酷くするのもムーのHを制限するのも、マーキングにしか見えない(笑)
ムーは、とにかくゆるゆるなところを抜かせば凄く可愛いです。「マルじゃなきゃ意味ないっ」と健気なことを言ってみせたかと思えば、やはり淫乱でヘラっとしてるところが、ねこ田さんらしい気がします。今後どうなるのか、マルがちゃんとムーを優しく抱いてあげる日が来るのか、それともキャラを貫き通すのか、どちらにしても楽しみです。これで終わりってことはないよね?

ぶっ飛んでても、エロくても、やはり可愛い絵柄に萌えてしまう。
これぞ、ねこ田マジック!な1冊。

0

きゅーん

めちゃめちゃ絵奇麗ですね☆夢二の目に吸い込まれそう(笑)
しかも、もう胸キュンしまくりでした!!
最初夢二は新海が怖くてびくびくしていて、好きで付き合っているのか?新海しかたたないのでしかたなく付き合っているのかわからなくて悩んでいるのに、新海は冷たくて、好きっていったくせに、俺だけには冷たいって自分の気持ちに気付き始めたり~胸が締め付けられる(>_<)
最後新海が可愛いかった☆
あのずばずば言う冷たい態度とのギャップはなんなんですかぁーーー(笑)
それと夢二のあのもじもじと新海に発情するギャップ?がなんか違いすぎる(>_<)
なんかやらしいは(;一_一)

それと夢二のお友達のムウとまるくん?のお話も好きです。まるくんはずっとムウのこと好きみたいなんですけど、ムウは誰とでも寝ていてムウの下半身の揺るさに夢二もまるくんも呆れています。
だからまるくんはムウだけとは絶対寝ないと決めていて・・・
あの二人はもっとラブラブにならないんですかね?
おあずけばっかでした!




0

綺麗な絵だから!

 前々から気になっていた作家さん。やっと読みました。

 楽しく読めました! ……とさらっと納得して読んでましたが、よく考えるとこの子たち、めちゃくちゃですわ!
 高校生でイ○ポのあげく、それを治すために友達に尻の穴を……もごもご。そんなことまでされてて、その友達とは何ともないし。ほかの子と恋に落ちてるし。

 どうなんだ、こいつら!!!!!

 でも、この綺麗な絵で全ては許される。というか、普通に納得して読んでました。
 そして、この絵でエッチなことをしていると、エロいんですわな~。

 ほかの作品も買おうと思いました。もうちょっと性に奔放じゃない人たちが出てくるのが、読みたいなとは思いましたが。

3

ねこ田さんの絵が大好きなので

ねこ田さんの絵が大好きなので買いたかったのですが、発売当初に買えなかったので特別版が・・・(涙

今回の攻・深海くんは、ちびで冷たくて相手に思ってることが伝わりにくい感じだと思いました。でも、夢二君には誤解されたくないみたいで率直に気持ちを伝えるところもありましたね~!
可愛いし、必死だしで、私的に萌えでした☆
夢二君がイ○ポだけでなく匂いフェチだということには驚きましたが、あれはあれでいい。
確かに深海君の髪の毛はピヨピヨしてて可愛かったですし、最後は夢二君もちゃんと好きなんだなーと思えてよかったです。

もう一組のカップルがどうなったか気になります~。
全員応募者大サービスのCDにはその後のお話が載ってるみたいですね。
ううう、このカップルでまたお話書いて欲しいな!

どちらのカップルも気になるけど、続きは出ないような気もする・・・(悲

1

確かに先が思いやられる・・・

先にレビューを書かれている方のタイトルのまま、本当に「先が思いやられるカップル二組」です(笑)

実は初めて読んだねこ田さんの作品がこれで、読みながらなんていうか妙についていけないものを感じて一瞬引き掛けました・・・

だって、幼馴染がイ○ポだからって男の子同士であそこまで普通するかい!?って感じのことしてるんですもん^^;)

そして村井君(通称ムー)の尻軽ぶりにもあんぐりです、男も女も食いまくり…末恐ろしすぎる。
まぁ、丸井くんととりあえずくっついてくれたので、これからはお預けくらって少しは大人しくなるのかな?

新海と夢二はなんだかんだ言いながらアマアマのラブラブですね。この二人は見ていてちょっと面白い。

絵柄の雰囲気から来るものもあると思うけど、可愛いお話であることは確かです。

2

さすが米蔵さくひんw

とりあえずかわいい(*´艸`)ww
初回限定版を買い逃して今ほど悔しいことはないでごわす。
インポな高校生(笑)が、メロンメロンにされちゃうお話。
見た目と、反応(性格)のギャップがまた良かったです。
ある意味、行き過ぎててちょっと・・・な面も見え隠れですが、個人的には◎。
攻のがちっちゃくて黒髪っていうのもツボです。
淡白すぎる感じもしますが、案外いいかっぷるやもしれませんね。
攻が淡白だから、メロメロにされた受はいつでも発情中ww
パブロフ犬♪♪
ちゃんとしたHシーンまで拝めなかったのが残念。

友人カップル。
この受・・・・女の子だけじゃ飽き足らず男でも遊び放題なのか。
逆に、男は初体験のがモエルナ~

1

受けに優しくしてあげて!

明るく楽しく可愛くて、ちょっと(いや、結構)エッチという、これぞボーイズラブ!といった作品が本作だと思った。
不能で悩む受けという設定はなかなか面白いが、それに付き合う幼馴染みって・・・それありえんから!というのも言いっこなしで。
そういうのを全部ひっくるめて、BL読んだなあ~と思えたお話だった。

クールビューティーな高校生・尾山夢二は、実は不能で女の子と付き合えないという悩みがある。
それを克服すべく幼馴染みの丸井にその手伝いをしてもらっているのだが・・・って、もうこの時点でかなりおかしい状況だ。
今時の若者はそんなにあけっぴろげなモンなの?!とも思ったが、どうやら本作に登場するキャラクターは万事においてそうらしいので、性に奔放・・・なんだろうなということで、個人的には理解しておいた(笑)

そんな夢二の下半身が数年ぶりに反応した相手というのが、下級生の新海清司。
これが恐ろしくぶっきら棒で偉そうなオレ様なんだけども、夢二よりも身長が低いチビっ子だ。
考えてみればこのパターン、あまり読んだことがなかったので、とても新鮮で楽しかった。
上級生で身長も高い夢二の方続きが、見るからにチビっ子下級生の新海の顔色を窺っている。
新海の一挙一動に、喜んだり涙を浮かべたり怒ったり、そりゃあ目まぐるしく表情が変わる。
ええと・・・・・・それってどれだけ恐怖政治?
まあ女の子にちょっと傷つけられて勃たなくなったぐらいの夢二だから、そもそも根は乙女体質だったんだろうし、そんな彼が我の強い新海に振り回されるのも納得できる。
でっかい子がちっちゃい子に抱かれる図というのは、思った以上にツボに入ったので、気になる方はぜひぜひ読んでみてほしい。

表題作以外では、夢二の悪友である丸井(マル)と村里(ムー)のお話も収録されている。
どちらかと言えばメインカップルより、このふたりの方が人気がありそうなのだが、マルのムーに対する扱いが優しくないところと、あまりにムーの下半身がゆるいところが嫌いだとまでは言わないが、もう少しお互いどうにかならんかいの・・・という気分だ。
それよりも無理な挿入で切れて流血という方が、個人的にはかなり苦手かもだ。
今回のエピソードについては、それだけで星がひとつ減ったと言っても過言ではない。
ムーの尻軽さもよろしくないが、マルももう少し彼を慈しんであげてほしいな、という期待を次回に込めて。
とりあえず無理矢理でも痛くても良いんだけども・・・血だけはやめて!と、それだけは全ての作家さんにお願いしたい。
マル×ムー編は、そんなヘタレな気分になった (lll´Д`)

3

「蚤の夫婦モノ」としてはなかなか

攻めのほうが(圧倒的に)小柄ないわゆる「蚤の夫婦」は、筆者的に重要なキーワードなので、覚書きの意を込めてレビューする。

本作の主要人物は友人同士である高校2年生3名と、そこに絡む高校1年生1名の4名であり、うち高1×高2が「蚤の夫婦」の表題作カップルである。
他のレビューでも明らかなように、登場人物にはとにかく貞操観念に悖る者が多くほとんど共感できないことが残念だが、そこを割り切ってしまえば、シチュエーション的には「蚤の夫婦」好きにはなかなかたまらない作品と言える。

メイン攻めの新海は2年生女子にも「チビ」と言われるほど明らかに小柄で、受けの夢二との身長差は推定15cm。
しかも攻めとしてはなかなかお目にかかれないようなツン多目のツンデレで、口も意地も悪いが実は一途という、かなり手強い年下攻めである。
対する夢二はストイックと評されているが実は初体験時のトラウマでインポになったために誰とも付き合えないだけの、ちょっとぼさっとしたへたれ気味の美形である。
夢二の言うところの「恐怖政治」である新海との力関係が、読者としては楽しい。

脇カップルの同級生・丸井(マル)続き×村里(ムー)については、特にムーがあまりにも性的にゆるすぎるし、彼らの背景がよくわからないので、申し訳ないが評価放棄。
初回版の小冊子には、補足的なエピソードでも描かれていたのだろうか。

1

先が思いやられる高校生たち

若いみそらでインポなのは死活問題なのでしょうが、こうも開けっぴろげでいいんでしょうか?
こんな風に、何でも相談できちゃう友達がいるのはいいことだと思いますが、あのこもこの子もみんなどこか変わっています。

こっちのカップルは『ノンケなのに、やけに積極的な年下のS、の新海くん』×『イケメンなのにインポで、女の子にモテまくりなのに新海くんにしか勃たない、臭いフェチのM、の夢二君』
もう一個のカップルは『鬼畜眼鏡(インポ改善をお手伝いするくらい、夢二君にはやさしい)の、丸井君』×『寂しがり屋で甘えん坊のためか、あまりにも尻軽な、村里くん』
君たち、ちゃんとお勉強してますか?

おばさんが一番心配なのは村里くんですが、丸井君が手綱を握ってくれそうで、一安心。
メインの二人は、なんだかんだでお互いが大好きなんでしょうね。勝手にあまあましててください。弟妹たちにはノゾかれないように!

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ