リーチ

リーチ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
16
評価数
8件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576081250

あらすじ

漫画家の一本木陸人は、名うての代打ち・真木荘介の噂を聞き、次作取材のため『鳳』という雀荘で一番いい男との情報を頼りに真木を探すことに。はたして、真木は想像以上に目を惹く容姿と実力で、陸人の創作意欲を掻きたてる人物だった。しかし、当の本人は取材に非協力的で、連日雀荘に通うもののいっこうに仕事は進まない。それでも真木を諦めきれない陸人に、彼が出した条件は、「質問に俺が一つ答えるたびに、お前を触らせろ」というもので――。
出版社より

表題作リーチ

容姿端麗な代打ち 真木
スランプ中の漫画家 陸人

評価・レビューする

レビュー投稿数6

好きな役は七対子です

麻雀BLって珍しいなーと思って読みましたが、残念ながら、麻雀と漫画(漫画家)という要素がうまいこと融合して萌えが生まれた…感じはしませんでした。麻雀や代打ちの話は面白かったものの、一方のBL設定は少々唐突だったような。二人ともゲイじゃないのにするっと肉体関係に発展しちゃうところに私は違和感を覚えました。

後半はヤクザも絡む展開でもっとハードボイルド、あるいはアンダーグラウンドな雰囲気かと思いきや、全体的に静かで落ち着いた作品でした。

麻雀を打つ描写は有りますが、緊迫感のあるシーンの連続…ではないので麻雀を知らなくても問題なく読めると思います。

0

とっつきやすい麻雀BL

自分は麻雀知らないし興味も知識も無いので、果たして麻雀BLが理解出来るだろうかーとちょっと不安持ちつつ読んだんですが、大丈夫でした。
麻雀初心者の漫画家視点から書かれているので、麻雀を知らなくても話に入り込めます。
主人公はアニメ化された程の人気作を描いた若手漫画家陸人[受]、けれどその漫画連載終了以来スランプに陥っていて今度は大人向の漫画が描きたいと思い立ち、編集のアドバイスもあって選んだ素材が麻雀漫画。
その取材の為に雀荘を訪れていた陸人は有名な代打ち、真木[攻]の噂を聞き彼を取材しようと邪険にされてもひたすら食い下がります。
その甲斐あって最初はけんもほろろだった真木も会話を交わしてくれる様になり、取材の質問に対して身体を触らせろと条件を出します。
それはおそらく陸人の取材を敬遠する為だったんだろうけど、妙な所で天然な陸人はそれを受け入れるのですな、そして陸人は義父に言われて代打ちした麻雀で相手を自殺させてしまった過去話を聞く事になります。
最初はセクハラ程度のお触りが、次第にエスカレートしていきそして陸人は編集から彼がヤクザの息子で、将来は組の代打ちになるという話を続き聞かされる。

陸人というのは漫画馬鹿で根が素直なんだけど妙に天然で希に思い切った事を平気でしてしまう面がある。
その面が出て、彼は無謀にも真木の義父である組長に組の代打ちを直談判に向かうのですよ。
最後はちょっとご都合主義っぽくもあったけど終わり良ければって感じで。

1

麻雀って難しいって思うけど、すごいねぇ!

漫画家の一本木 陸人。処女作がヒットしすぎたために、次の作品になかなか手をだせずにいた。
担任していた人に後押しされて、取り掛かるのは麻雀がらみの作品。

代打ちの真木荘介に感心をもち、協力を依頼するが、なかなか合意してもらえない。
1つの質問にお触りって条件。質問が多く、身体を弄られる。
身体は正直だった。
真木の噂が!
ヤクザの息子
組専属の代打ちになる。
そんな噂に踊らされる。

陸人は真木の義理の父親のいる組事務所に行き、真木を自由にしてと、お願いする。
ヤクザ相手にお願いが通るわけもなく、麻雀で勝負することになる。

真木の提案で真木も麻雀することになる。
真木がいたから勝てた!
真木の事が・・・

麻雀の作品は世に送り出された。

0

代打ち×マンガ家

完全なるイラスト買いでした。

麻雀の代打ち×マンガ家。
この組み合わせはなかなか新鮮だった。
この本を読むまで代打ちなんて人がいることはまったく知らなかったし。
そういう意味ではとても興味深かったんだけどこれといって萌えなかったのはメイン二人が別に好みじゃなかったせいでしょうか。
攻の真木さんは若干テンションの低い俺様で、若くてイケメン。
なんだよーどうせ麻雀関係者ならオッサンがよかった。セクハラおやじーでいいよというのは私の個人的趣味すぎるのでごめんなさい。
一方の陸人も芯が強くておとなしめのよい子でした。奥手でドーテー、でも美形。
うんファンタジーですよ。
いい子なんだけど好みじゃないんだよな。ううむ。

予想外に静かなお話でした。

0

麻雀BLで萌えると思わなかった

この本、エロ薄なのですが、ナゼか私の萌えツボにひっかかり今まで6回くらい読んでいます。
1回読むと、続けてもう1回読み直そう~と思うくらいツボでした。
あんまりBL本を読んでいると言う感覚は無かったです。

読んでいる最中に、カバーイラストの真木(攻め)の色気のある顔をしみじみ見たりして…
やっぱりイラスト萌えってあるんだな~と思います。
佐々木久美子さん、美麗なイラストをありがとうございます~と思いながら、1回通して読むたびに何度も何度もカバーを眺める私でした。

この本を読んでから麻雀を覚えたくなりました。
1回読んで萌えが薄いとさっさと処分する私ですが、この本は手放しません。

0

帯のアオリに惑わされないで

帯には「最高に感じる、男同士のセックスを教えてやる」って書いてあるし、舞台は麻雀界みたいだし、なんだか凄そうと勝手に予想していたんですが、ちょっと予想と違いました。

どちらかといえば、漫画家陸人くんがスランプから立ち直るまでのお話だものね。真木を取材していくうちに、気持ちが傾いていくわけですが、それはともかく、なんだか真木くんが熱くないのでいまひとつピンとこないまま終わっちゃった感じ。
私の好みに合わなかったのかなぁ?陸人が可愛い系で、真木がキレイ系、私にとったら両方受けなんだな。

お話としては筋が通っているし、登場人物が多い割には書き分けができているのでごっちゃになることはないし、不必要なエロシーンもないし、読みやすかったのですが、なんだか熱くなれないまま終わっちゃった。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ