両想い始めました。

ryouomoi hajimemashita

両想い始めました。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
17
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832285484

あらすじ

憧れの人、井上さんへ密かに想いを寄せる島崎くん。そんな純情男子の目の前に出現した妖精2匹。これは恋のキューピット!? と思いきや2匹のめくるめく余計なお世話の連発で島崎くんの下半身が大変な恥態にーッ!! 待望の2冊目は超ムラムラ癒し系。他にも爆エロ4コマや読み切り漫画、描き下ろしもたっぷりの欲望詰め放題★濃厚な1冊♪
出版社より

表題作両想い始めました。

島崎 後輩
井上 先輩

同時収録作品悩殺ヒーロー

由希 高校生
日向 高校生

同時収録作品ケダモノ発症 / ケダモノ開放

秀一

同時収録作品ゼロまでの旋律

日浦 高校生
桐緒 高校生

同時収録作品貴方がいるありがたさ

ヴァン 執事・妖精
箕面 大学生

その他の収録作品

  • 両想いつづけました。(表題作シリーズ)
  • お坊ちゃまの一大決心!
  • BANZAI★LOVE
  • BANZAI★WEDDING
  • BANZAI★FIGHT

評価・レビューする

レビュー投稿数3

萌とかそういうものとは別のもの

天使の矢だとかキューピッドの愛の元だのと愛を強引に高めるアイテムぞろい。
そもそもフェロモン系が嫌いな自分にとっては「地雷原を駆け抜ける」かのような本編。
でも「元々好きなのを隠せなくする」程度なのでそれくらいしないと動けないかなーというのと、それを持ってきた妖精2匹が余りにも余計お世話なのがギャグとして笑えます。

残りのストーリーの中では愛情過剰過ぎる社長と社員シリーズが凄いかな。
「好きだ」を表現するのにここまでムチャクチャな表現方法取れるのか!と思えるオンパレードが・・・。

胸キュンでもないし、滾るわけでもないんだけど面白くていい。
あちこちにこねたの埋めっぷりが凄いので読み返しがいがあるんですよ。

0

ギャグ多め

非常にギャグ要素の強い1冊です。

やはり、今回も「変愛事情」と同じく、エロメインの1冊。
前回の1冊は、エロメイン漫画としては、中々の良作だと思ったが、
今回のは、あまり好きにはなれなかった。

なんというか、ギャグ要素が強くて、BL要素が少ない。
脇の妖精のキャラが濃く、メインのカップル達があまり目立たない感じ。
「BANZAI★」は、キャラ、ストーリー共にぶっ飛んでいて、話に着いて行けなかった。

が、ギャグ漫画としては面白く、ギャグ漫画として読むのであれば、面白い1品。
故に、わざわざBLでやる必要はあったのだろうか、という所も。

0

恋愛というよりもギャグです

表題作も同時収録作品も全部含めて、ギャグ色の強い一冊だなあ、と思いました


表題作は大学の先輩である井上に片思いをしている島崎の前に現れたのは二匹の妖精
恋 実らせて下さい、と妖精は恋のキューピッドでもあり、成り行きで島崎の恋人探しを井上と共にする羽目に…


恋愛として楽しむのは難しいかもしれませんが、コメディ要素の強いラブを好む方には良い作品だと思います

特に、同時収録作品のBANZAI★シリーズはどこかぶっ飛んでいて笑えました
こんなBLもあるんだと笑

私個人的には、やはり恋愛要素が少ないところがあまり好みではありませんでした

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ