ときめきの生徒会室 1(新装版)

ときめきの生徒会室 1(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784862634559

あらすじ

美貌と才覚、神はすべてを与えたもうた! 「源氏の君」の名の通り、恋人を次々と替える幼馴染みで生徒会長の蘇芳。その別れの言葉を代理で告げるのは、「死の告知天使」と呼ばれる学園イチの美形・力也の役目…。幼い頃の約束に縛られた力也の苦しい恋の行方は…!? 那智学園には切ない恋が咲き乱れているv 待望の新装版★
出版社より

表題作ときめきの生徒会室 1(新装版)

源 蘇芳/阿久津 直久
海棠 力也/藤枝 忍

評価・レビューする

レビュー投稿数1

可愛い2人の子猫ちゃん。

原作『花束なんか欲しくない』のコミック(新装版)です。

『花束なんか欲しくない』
源蘇芳(攻め)と海棠力也(受け)は幼稚園の時からの幼馴染み。
当時の蘇芳は力也よりも小さくひ弱で、帰国子女ということもあり日本語もたどたどしかった。
なので好きだと告白してきた女の子たちを上手く断るのは『兄』である力也の役割。
その役割は高校生になった今でも変わらない。
蘇芳と付き合った子に花束を持って別れを告げるのは「死の告知天使 サン・ジェスト様」である力也。
いつまでも自分を『弟』としか見ない力也に蘇芳もやりきれない思いが募る。
そんな中、出会った頃の力也によく似た藤枝忍に出会う。
蘇芳は、力也や阿久津を含む生徒会のメンバーのいる前で「僕の子猫になって」と告白。
そこから力也も自分の蘇芳に対する思いがどんな感情なのか、戸惑い始める。
いつの間にか大きくなり、1人で何でも出来るようになった蘇芳。
それを淋しく思っている力也に迫る阿久津・・・。

『ときめきの生徒会室』
こちらの話は放送同好会の活動費について抗議しに来た、藤枝忍主役のお話。
「花束はんか欲しくない」と続き同時進行の為、蘇芳の気持ちやその時の忍の気持ちも分かりおもしろかった。

コミックになるとやはりカットされる部分も多く、物足りなさもあり残念だった。
展開が速すぎて、特に阿久津が力也から忍への思いに切り替わるのが早く、「いつの間に?」って感じだった。
忍もそりゃ、「好きだ」と言われても信じないでしょ。
とは言え、やっぱりおもしろかった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ