ロンリー・ダイナマイト (爆走ボーイズ 3)

ロンリー・ダイナマイト (爆走ボーイズ 3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥460(税抜)  ¥497(税込)
ISBN
9784044341176

あらすじ

空手部副部長・七生との恋に身を焦がす元明はある日、主将・柏木の七生に対する不自然な態度に気づいてしまった。もしや柏木は七生に恋!? 表題作他、男子高校生達の激しく切ない純愛物語三編を収録。

表題作ロンリー・ダイナマイト (爆走ボーイズ 3)

空手部・高校2年生 黒羽七生
空手部・高校1年生 稲葉元明

その他の収録作品

  • キスの魔法
  • ライバルなんて呼ばせない

評価・レビューする

レビュー投稿数1

さすがに疲れてきました...

シリーズ最終巻で、これで桃栗さんの絵と、元明&七生ともお別れかと
寂しく思う反面、やっと読み終わったって思う気持ちも結構あったりして...

前作同様、各話とも主要メンバー3人それぞれの目線で書かれてます。
まず、七生目線の「キスの魔法」
とにかく、これを読み終わるまでがしんどかったんです...

内容は、2年前まで道場にいた柴野の記憶が思い出せない七生。
どうやらそれは、柴野が七生のファーストキスを奪い、それを元明に
知られたら嫌われてしまうと七生が思い込み、記憶から抹消した。
でも、思い出して欲しい柴野は七生に近付いてくるが、拒否する七生。
で、この七生の拒否の仕方がハンパなく冷たくて、柴野もそれをフォロー
する元明もかわいそうで、ひたすら疲れてしまいました。
私はもう七生の考えについていけないって感じです...

「ライバルなんて呼ばせない」・・・仁目線の作品
七生のこと(顔だけ)を好きな春日井の登場で、仁は嫉妬したり、
八つ当たりしたり、珍しくぐるぐるなっています。
ちょっと七生の性格と似てきたんじゃないの~!?って
セリフと行動にまたして続きも疲れちゃいました。
春日井君、ヒドイ扱いだったなぁ~めっちゃ男前なのに...

「ロンリーダイナマイト」・・・元明目線の作品
とにかく、この巻は七生モテます。
この話も、主将の柏木が七生のことをずっと好きだったって話なんですが
元明と同様に、私もすっかり柏木のセリフに騙されました...
でも、この話がこの本の救いで、七生を見直しました!
キャラ違うじゃん!!そんな優しい人だったの、七生って!?って
ちょっと違和感を感じつつ、柏木も元明もなんか救われた気がして
ホッとしました。
まぁ、相変わらずエッチは指入れるだけの寂しいものです...
だって、七生さん勃たないんだもん...グスン...
せっかく元明も覚悟して、自分を誕生日プレゼントとして差し出したのに~!
でも、「(指)入るトコ、見ちゃいやっす」ってセリフには萌えMAXwww
やっぱ、元明はかわいいなぁ~♪
桃栗さんのマンガでそのシーン読みたかったなぁ~★

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ