銀盤を駆けぬけて

ginban wo kakenukete

銀盤を駆けぬけて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥543(税抜)  ¥586(税込)
ISBN
9784199004896

あらすじ

男子フィギュアスケートの世界選手権大会で、優勝目前に大怪我を負った妹尾優希。奇跡の復帰を遂げた優希のコーチを買って出たのは、元アイスダンスの天才・水澄雅興。水澄は、気が強くて生意気な“ジャンプの申し子”に、なぜか「四回転は封印する」と宣言!!密かに怪我のトラウマを抱える優希は、片時も目を離さない水澄に、反発しつつ惹かれていくが…!?栄光の頂点を目指し、氷上で激しくぶつかり惹かれあう、ドラマチック・ラブシークエンス!!
出版社より

表題作銀盤を駆けぬけて

元アイスダンスの天才 水澄雅興(コーチ)
元世界最強のシルバーコレクター 妹尾優希(選手)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

タイムリーなので

この季節になって、フィギュアをチェックしている者としては読んでみたかったこの作品。春原先生の作品自体、読むのは初だったので自分に合うか不安でしたが、心配無用でした。全体的に漂う雰囲気と、イラストのイメージも凄く合っていたのが良かったです。表紙絵は少しクールな感じがしますが、中のイラストは柔らかいタッチで素敵です。存じあげなかった絵師さんなのですがお気に入りになりました。
全体はフィギュアの用語がたくさん出てくるので、全く興味のない方が読むと最初は「?」だと思うのですが、話の流れはわかると思うので大丈夫だと思います。
同人誌も出ているようなのでできれば手に入れたいです。

0

おもしろかったんだけど

フィギュアスケート物としておもしろかったんだけど、別にBLじゃなくてもよかったんじゃないかな、と思いました。

それにしても、スケート物だと選手とコーチのカプが当たり前なんですかね。

0

華麗なるスポコンもの

ノシ ノシ ノシ ←拍手がしたかったんです。ブラボーって言いたかったんです。最後のシーンに。

男子フィギュアが舞台のお話です。春原氏がマニアだと言っているくらいなので、背景がしっかりとしていて安心して読めます。(但し、書き下ろしなのに、時々前出のことについてもう一回説明したりしているので、そこのところはマイナスポイント)

とにかくスケートのシーンが多いんですが、それがヴィジュアルとして浮かんくるのでいいんですね。技のことはよく知らないので、私が思い描いている姿と作者が言いたい姿が同じとは限らないんですが、細かい説明もあるので、なんだかフィギュアの奥深い部分が分かった気がします。
実際のフィギュアを見ていて、「ジャンプが飛べるのは結構だけど、なんでこんなに間延びしたプログラムなんだろう?」って思うことありませんか?その理由を解明してくれるのとともに、優希君が見事な演技を見せてくれるので、拍手したくなっちゃったわけです。

BL的な部分は「プラトニック」なところが多く、結局最後までは行っていないくらい「気持ちの問題」中心ですが、それでも十分です。じゃじゃ馬(優希)が、色気続きのある大人になっていく過程を読み取れればいいのかな?水澄さんの辛抱強さには脱帽ですが・・・
水澄×優希と思われますが、どっちも受な感じなんで、あと3年もすれば下克上?いや、だから、どっちでもいいんですよ。ずっと抱きしめあっててくれればそれでいいと思うんですよ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ