誰にもお前を触らせない──

wonderful days?普及版

wonderful days?

wonderful days?普及版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
36
評価数
10件
平均
3.7 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784862524973

あらすじ

頭が良くて、華やかで、王様みたいなレイ──気付けば彼の魅力から逃れられなくなっていた。 親友のレイに伝えられない想いを抱いたまま、彼との同居に踏み切った慎悟だったが…!? 恋の楽しさと切なさを繊細に描いた珠玉のラブストーリー。

表題作wonderful days?普及版

レイ / 大学生(モデル)
慎悟 / 大学生

同時収録作品guilt

宮本修 大学生
ヒロセ フリーター

評価・レビューする

レビュー投稿数5

とても格好いいのに

 村瀬は女子からの評判がよく、その上イケメンなのに、彼はゲイなのです。

 村瀬が思いを寄せるレイは、村瀬の告白後の何も変わらなかったように過ごすので、読んでいてちょっと意外でした。

 村瀬とレイを見ていて、適当に済ませてしまえることと、そうでなはいこと、一緒に居ても意識する、しないで大きな隔たりがあると改めて思ってしまいました。特に、レイが村瀬の気持ちを知っていただけに、ちょっとかわいそうに思ったりしました。
 
 レイのことが好きで好きで仕方のない村瀬ですが、レイが本当に村瀬の気持ちに応えてあげられてよかったです。(笑)やっと実った恋が、素敵な日々になる予感がした1冊です。

0

獅子王、乙女の片想いに終止符をうつ。

天禅さんの作品なのにヘタレ攻めじゃない、ですと?と興味津々で読みました。

ファッション誌を意識したような表紙がカッコイイです。
作中の扉絵も同じコンセプトみたいで素敵です。

高校からの同級生ふたりが大学進学を機に同居を始めて恋人になるまでの話。

慎吾(受)はゲイでレイ(攻)はそれを承知で同居しています。
ゲイだということはカムアウトしていても、ずっとレイに片想いをしてることは告げられない慎吾。

レイは金髪碧眼のモデルという外見も手伝って周囲を圧倒するオーラが出まくりなんですが対する慎悟はおとなしげでもレイには負けていません。
レイに自然に接することのできるレアキャラ。

レイの方もそんな慎吾を認めていて彼の劣等感をさり気にフォローしてます。
こういう口にしない部分が対等でお互いをわかってる関係性が好きだ~。

ある日、レイに気持ちを知られてしまった慎悟は「できそう」程度の気持ちで押し倒され泣き出します。

モテるけどレイの事が大好きでまだ未経験な慎吾に気付いたレイが「適当にヤったりできない」って…今まで誰の本気も大した感慨もなく踏み躙るレイが友人の慎吾には誠実さを失っていないの続きが良いです。

同じ部屋の中に好きな人がいる喜びと痛み。
誰よりも近くて遠い距離。
届かない想いが返す刀で自分を傷つける。

そんなジレンマと生殺し状態が辛くて別居を考えるようになる慎吾。

それを知ったレイはイラついて慎吾を振り回します。
初めての執着心が唯一、慎悟だけに発動したという意味をレイが自覚していないのが厄介でしたが読み手としては面白く楽しめます!
早く気づけー!的な(笑)

最後は王子のように慎吾を奪いとります。
甘~い王道な〆でした。

【guilt】
同時収録はノンケ大学生×フリーター。
友人に彼女をとられた修の前に現れたヒロセ。
次第に距離は縮まりますが、ヒロセが修の先輩の片想いの相手と知り身を引きます。

最終的にふたりは結ばれますが、裏切られた痛みを知る修が親切にしてくれた先輩を裏切る罪悪感を抱えてでもヒロセを選ぶ切ない仕上がりでした。
(先輩はヒロセにフラれてるからそんなに重くはないハズですが、そんな感じだったのです。)

----

天禅さんの作品は話でグイグイ引っ張るというより、ふたりの関係が進展していく途中のモノローグ、台詞の余韻が素敵。そういう点では満足のいく作品でした!


3

美しいのは顔だけじゃない

表紙で決まりました。
「これは自分の好み極まりない、好き決定」

何がって、この小尻加減。お尻ちっさ。
こういうスタイルの(受)男性大好物です。私の所有する天禅さん作品の中で№1表紙に決定。
シンプルなシャツにタイト目パンツ。お尻きゅっとしてる。
…私って尻好きだったのか…orz

と、お尻の話ばっかりしてしまいました。すみません。
(因みに作中にお尻の話は一切出て来ませんので悪しからず)

(私好みの小尻ボーイ←まだ言うか)慎悟と、高校の同級生で現ルームメイトの外国人モデル・レイのお話。

慎悟はレイの王様加減に振り回されますが、結果慎悟に振り回されるのはレイでした。
慎悟が少しヘタレなせいで、レイにぶつかっていく心が少し折れてしまうし、
「もう別の人に行く」
とか思っちゃって、彼自身が人から羨ましがられる美貌を持つが故に、フッツーに素敵な大人男性に引っかけられて連れてかれそうになるんです。
そんな慎悟を「俺のだ」と連れ戻すレイは逞しく男らしい。

でも、最初から最後まで応援したくなるのは、慎悟の方でした。
(私好みのお尻だという贔屓目を抜きに続きしても)

金髪碧眼のレイですが、魅力がイマイチ伝わらない。
俺様かもしれないけどもう少し何かあってもイイと思うし、見てくれの魅力ももう少し磨かれていてもいいし、言葉のチョイスも彼を【王様】にする位ならオリジナリティがあっても良かったな、と。

同本収録の【guilt(ギルト)】の方が、人としての「したくない行為」と「止められない衝動」が垣間見れて好きでした。


儚く脆い思いだからこそ、突き通せない弱さとどうにかしたいもどかしさ、何かをダメにしてでも手に入れたい欲深さが混在しているんでしょうか。

3

あーやっぱり可愛すぎるよー

表紙を見た瞬間「濃ゆい…」というのが最初の感想でした。
でも、「ラ・サタニカ」であれほどまでの萌えを与えてくださった天禅先生。
きっと大丈夫だろうと思い購入。
うん、素晴らしかったです!やっぱり好きです~天禅先生!
見た目はそんなに好みじゃないんですけどね。
二人とも美形で、並ぶと濃すぎるんですよね!というかロン毛が好みじゃないんです…
でも乙女すぎる受(可愛すぎる!!)は顔真っ赤にして泣いちゃうくらい攻のことが好きだし、俺様というより王様な攻は「体作り変えてやる」と言うほどの王様っぷりなのに、受がほかに男を作ろうとすると必死に飛んできたり、話が進むにつれて二人ともどんどん魅力的になっていきました。
お互いが好きすぎる二人が好きです。
初めての朝帰りのあと、何も変わってないように感じる受ですが、「逃がしてやんねぇ」「逃げられるわけないだろ」なんてお互い思ってる二人が可愛くて。
買ってよかったです。やっぱりこの作家さんはハズレはなさそう。
小冊子も読みたかったけど売り切れだったんですよねー
やはりアレに頼るしかないのか……

1

俺様攻めと一途受け

天禅先生はイラストが綺麗で、個人的にものすごくお気に入りの作家さんです。

高校で同級生だった慎悟とレイは、同じ大学に進学し、ルームシェア中。
慎吾は高校生の頃から密かにレイに片想い。
綺麗で誰からも好まれる性格でモテるのに、レイに対する伝えられない気持ちに苦しむ、一途で可愛い慎悟がたまりません。

ある日慎悟は、ちょっとしたきっかけで気持ちをレイに知られてしまいますが、レイの放った一言は、「俺のこと落とす努力すりゃいーじゃん」でした。
俺様で、ひとつ間違えば横暴な発言ですが、レイが言うとかっこいいんです…。

レイが、徐々に慎悟への独占欲や愛情を自覚していく過程も、無理なく丁寧に描かれていて、素敵な作品だと思います。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ