GARDEN

GARDEN
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
109
評価数
23件
平均
4.7 / 5
神率
78.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ゼロコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥905(税抜)  ¥977(税込)
ISBN
9784862634351

あらすじ

過酷な運命を背負った者たち。彼らが隣り合わせたのは「死」である。あたたかな恋情をとぎらせる非情さでもって。そんな彼らを「生」へと導いたのは「愛する者を死なせはしない」という「希望」であった! 世界は終わる…それを知っていてあなたはどれくらい幸福でいられますか? 出産系BLを著す寿たらこが、一番描きたかったもの。渾身の大作に、続編を描き下ろした26Pも収録。
出版社より

表題作GARDEN

隔離されている人喰い天使
天使の話相手に選ばれた人間

その他の収録作品

  • クロックダウン
  • DOGLA+MAGLA
  • memento mori

評価・レビューする

レビュー投稿数9

これほどの" 創作 "は…滅多で、貴重。


何処かの世界の内側で出会い、薄い、恋だとか愛だとかの膜の上で現実的と非現実的、科学的と非科学的なことが絡みあって物語が進んでいく。このお話の、私たち読者が見ることのできる一旦の終わりが見えてきたときに鳥肌が立つようなあの瞬間を、どんでん返しと呼ぶには惜しい
泣いていないで理解したいと思うくらい…一歩先にある話を読み続けたいと思わせられる…追い付きたいけど追い付いて話が終わりです、理解できたねってなるくらいならずっと追い付きたくない物語。
何故か間に三つの物語の続き、描き下ろしが入っています。
「あの男は死ぬ だからクリスをつき放すんだ」
寿先生の描かれる複雑な世界観の中で、純粋にハッとさせられる台詞、モノローグ。間違いだったとしても愛していたひとを殺した相手。その相手が真に愛していたひとだった。それを" 罪 "だといっていて惹かれました。
もう何もいわず、ただただ圧倒されては見つめていたいです。現実では有り得ない、とか、どうでもいいんです。あってほしいとかあってほしくないとかも、なく。
一つ希望があるとしたら、それぞれの幸せがあってほしいということだけ…!コメディちっ続きくに。描き下ろしっぽく。あまり語らない方が綺麗な…素晴らしい御本でした。

0

世界観に引き込まれます

内容もボリュームもたっぷりで、SF要素が盛りだくさんな短編集です。クローンや人食い天使など、人間のエゴや身勝手さを考えさせられる内容で、胸が痛いお話もあります。

どのお話も面白いけど、一番好きなのは『コンクリート・ガーデン』です。
クローン技術の発達から作られた天使。その天使の友達になるという仕事のために、天使のもとを訪れた清春。
でも、そこは何重にも厳重に鍵のかかる扉の奥にある場所で。なぜなら、天使は人食いだったからです。

天使が大人の青年なのも驚いたけど(天使って可愛いイメージだし)蝶をバリバリ食べる姿も驚愕です。
だけど、一番辛いのは、戦争に利用される天使の姿です。おまけに、人間が豚を食べるのは良くて、天使が人間を食べては駄目な理由…。清春じゃないけど、自分も上手く説明できません。
そして、まさかの展開に、最後までドキドキします。
人間を捨てた幸せそうな様子にホッとすると同時に、捨てられた立場で胸が痛くなります。

一つ一つのお話が考えさせられて読むのに時間がかかるけど、一般のBLと違う寿たらこさんの世界観に引き込まれる、お気に入りな1冊です。

3

素晴らしい!

 とても奥が深い作品です。
 「人間」の存在意義に対する哲学的な思考を感じました。
 
 この<GARDEN>には、【コンクリート・ガーデン】【クロックダウン】【DOGLA+MAGLA】の3話が収録されていて、どれも恋愛要素はあまりありませんが、他のBL作品では感じることの出来ない不思議な世界観です。
 読み進めるうちに寿たらこ先生の世界に引き込まれてしまいました。
 
 以前、ビブロス出版の【コンクリート・ガーデン】を購入したのですが、<GARDEN>に続編が一緒に収録されていたので、続編読みたさに購入しました。
 1冊でいろいろ読めちゃうのでかなりお得です。(笑)
 
 あくまで個人的にですが、「寿たらこ中毒」の症状を引き起こす作品です!(笑)

0

寿たらこの真髄

ビブロス期B-BOY版の「コンクリート・ガーデン」を初めて読んだ時、本気で感動したのを覚えています。
お話に感動したというのもそうなのですが、それよりも何よりも、『BLでこういう作品が読めた』ということです。
それまで、飽くまでも「男性同士の恋」のみに焦点をあててきた作品しか読んだ事が無かった私には衝撃の作品でした。BLというジャンルが今後更に多岐に渡って変化して行くんだろうな、と期待が膨らんだのを覚えています。買った当初、セクピス同様、飽きもせで毎日毎日読んでました。お陰で我が家の旧版は紙がまっ黄色になっていますw

以前、どこかで寿先生のことを「萩尾望都の再来」と評価されている記事を読んだことがあるのですが、その言葉を代表する作品だと思います。
内容を熱く語りだすと2日は要するので触れませんが(というより私にこの作品を語るだけの文才が無い)、いままでライトなBLしか読んだことが無い人には絶対に読んで欲しい。
また、「BLのどこがいいの?」なんて言ってる腐女子以外の方にも是非読んで貰いたい。絶対にBL全体の評価が変わる作品だと思います。

SEX PISTOLSと並べ続きて思うことは、「寿先生はBL作家のなかでも究極のロマンチスト作家さん」だということ。
寿先生の描くBLは同性同士というポイントは勿論「異種族同士」が加わります。
主人公達が越えなければいけないものに性別は勿論、住む次元や時代、種族まで枷となっている場合が多いです。
それゆえ、かなり複雑な設定を設けている作品が多いですが、それがしかし全て「何故同性の二人が恋に落ちたか」という問いの答えに繫がってきます。
先生の描く主人公達はいつも「世界でただ1人の自分だけのつがい」を求めているのです。
個人的に、こんなに同性同士の恋の理由を真摯に、遺伝子や細胞レベルから描写するBL作家さんはいないのではないでしょうか。
かと言いつつ、恋愛を理屈っぽく語るのではなく、あくまでSFファンタジーは貫きつつエンターテイメントとして表現する技量が素晴らしいと思います。本当に本当に大好きな作家さんです。

これを読んだあとにピアスレーベルの作品を見ると、とにかく芸域の広さに驚きますね(笑)あっちはあっちで、左右からジャブが飛んでくるような衝撃を受けます(笑)

まだ読んだことが無いと言う方、損はしません、騙されたと思って読んでみて下さい。あなたの中に新しい扉が開く筈です。
逆に、エロや恋愛の惚れた腫れたを求めている方には完全に肩透かしの作品ですのでおすすめしません。

2

飽くまでも透明でガッツリなSF

SF要素満載のBLを読みたかったのと、ちょっと気になっていた作家さんの作品だったのとで、軽い気持ちで手に取ったんですが。

度肝を抜かれました。
ここまでガッツリとは…!

導入となる『コンクリート・ガーデン』は入り易くてとても魅力的な作品。
それ以降の話は理系要素たっぷりのためキツく感じる方も居るかもしれないですが、『コンクリート・ガーデン』だけでも充分読み応えが有って考えさせられるので是非とも読んで欲しい!!人を食料として喰う天使と、その話相手として連れて来られた人間の少年の話です。グロくないですよ。

そして、平行世界・クローン技術等々の設定を基にしてある長編2作。次から次へと繰り出されるしっかりした設定とその説明は…勉強になります。分からない所は何度も繰り返し読んだり、読む話の順番を変えたりしてみると徐々~に理解できるのでは。

ところで、このように内容が本格的な作品って、例え理解出来なくても「よく解んないけど雰囲気がイイ!格好イイ!!」って惹かれ方で全く問題ないと思うです。もしそういう苦手意識で読まないでいるとしたら、とても勿体無い作品です!絵もとても綺麗続きでしっかりしているので、理系やSFな雰囲気に浸ってみたい方には(絵柄に抵抗が無ければ)文句無しにオススメ!!

描き下ろし作品は、他の全ての作品をまとめたもの。(←読み違えてたらすみません…)本の最後でなく途中に挟み込んであるため、最初から順に読んで行くと「?」かも。初めて読んだ時はほとんど解りませんでしたwでも今は読むほどに良い作品だと思う!あと黒髪タレ目低身長の可愛い空士長に萌え!!当然軍服ですv何ですか、あの周囲からの慕われ具合…!!vvv

絵も話の内容も、難しい部分も有ると思うけど、とてもクリア。透明なんです。こういう透明感って日本というよりは西洋…キリスト教圏の物なのではないでしょうか。『自分とはまた別の文化のものなんだろうな』という感じを受け、またそこに憧れました。そういった事をここまで表現出来ているというのは本当に素晴らしい作品だからだと思う!!

『SEX PISTOLS』も読もうと強く思いました。ああ、また読みたい本リストが厚くなってゆく…!

1

読んでよかった

すごく心地よい余韻に浸れる作品でした。
内容は天使やアダムとイヴなどに触れていて、随所に聖書の言葉なども出てきますが、宗教観念の強いものではないです。
天使の投げかける言葉のひとつひとつが、もし自分に向けられたものだったら何と答えただろうと考えさせられました。
命や愛情といったものにぐっと焦点を合わせて描かれた作品だなと思いました。
寿先生の絵がストーリーの世界観にすごく合っていてとても綺麗でした。

0

神評価以外考えられない

最初から最後まで読むのが止まらない作品です。
SEX PISTOLSに繋がるものも感じました。
これはとにかく読んでもらいたい作品です。

とにかくストーリーがよかった。
BLという枠で考えないで色んな人に読んでもらいたい作品です。
羅川真里茂さんのNYNY好きな方にはお勧めです。

アダムとイブ、クローン、天使。
人間のずる賢さ、人間であるという罪。
所々、聖書を感じる部分があり、色んな伏せんがありました。
この話に繋がっている部分があの部分かー!というような驚き。
軍服もあったのでちょっと萌え。
どの話もちょっと切ない。最後にいたっては悲しい。
でも、どこかで幸せなんだろうなと思わせるものがあって、
読みながらこれは神作品だと思いました。

コンクリートガーデンは読んだ事があったのですが、まさかこんな風に
続いてたとは知りませんでした!
書き下ろしが26Pあるとか!気付かないくらいドンドン読み進めてしまった。

永久保存版として買っても損しない一冊でした。

0

サイエンスと倫理

すごい漫画を読んでしまった…、と思いました。
4つのストーリーは個々に独立した話なのですが、テーマとなっているのは近未来の科学や、人工的に作られた命などです。

表題作の「GARDEN」は、クローン技術で生み出された天使の話。
政府の最重要秘密である天使は、隔離された場所で研究員に監視されて過ごしており、そこへ呼ばれた清春は、詳しい説明もなく天使の孤独を癒してくれと頼まれる。
想像の天使とは違い、逞しい体躯に短い黒髪、そして顔に大きく不気味な傷跡。
しかし清春が一番衝撃を受けたのは、天使が人間を食べるという事だった。

なんとか人間を食べないでもらおうと説得するのだが、天使には天使の倫理があり、清春の道徳観は打ち砕かれる。
人間を食べる事の理由と、食べないで欲しい理由。
そして天使を利用する人間と、その人間を蔑む天使、清春と天使の本当の関係等など。

最後までドキドキする展開とラストには衝撃がありました。
いっぱんにありがちな恋愛をテーマにしたBLではなく、サイエンスと倫理によって進められていく人間ドラマです。
他の3つの作品の同じように、サイエンスティック続きな部分がストーリーの核となっています。
BLという概念をはずし、この設定を賞賛したいと思います。
少し重めの話ですが、他にはないストーリーですので是非手に取っていただけたら、と思う1冊です。

4

考えさせられた

天使の話し相手の清春は、天使が人を喰うことを知ってショックを受ける。
天使は、人間が動物を食べることと同じだと言う。
動物を食べることはよくて、人間を食べることの何がいけないのか、清春は自分なりの答えを導き出す。

話のもっと重要な部分は他にあるけれど、このやりとりが印象的でした。

GARDENにはコンクリートガーデン、クロックダウン、DOGLA+MAGLAの3作品と書き下ろしが収録されています。
どれも天使、人工授精、平行世界への干渉、クローンなど宗教や倫理が絡んでくる中身の濃い一冊です。
読後にズッシリくるものがありました。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ