白衣は夜に贖う

白衣は夜に贖う
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
0
評価数
1件
平均
1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861342905

あらすじ

心臓血管外科医の鹿ノ倉は研修医時代に経験した手術中の患者の死を深く悔いていた。真摯で献身的に働くことで、その償いをしたいと願う鹿ノ倉は都内の大病院でも優秀だと評判だ。その職場にシカゴ帰りの医師・砥上が配属される。彼は例の死亡患者の息子で、隠蔽された医療ミスを暴き、鹿ノ倉を断罪しようと考えていた。謝罪はするが発表も辞職もできないと言う鹿ノ倉に砥上は……。
出版社より

表題作白衣は夜に贖う

シカゴ帰りの医師・砥上颯一
心臓血管外科医の鹿ノ倉慧

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちょ…! これはさすがにダメだろ…。

医療モノです。
BLでも医療モノって立派な1ジャンルですな。
これ、医療モノとしてはディテール描写の緊張感がそれなりにしっかりしてるんですよ。

し~か~し~~~
現役の医師が手術室の中の政治的圧力を知らないわけないし、
医療過誤の裏を知らないわけないだろ…。
さらに執刀医ではなく、誤解で研修医に復讐を企てるとかありえなさすぎ。
しかも、なぜに復讐がイコール男をレイプなんだか…。

そういう設定のムリがたたってか、受けの意志に心を開いていく過程がもんのすごくチープ。
攻め、受け双方のキャラクターの魅力もいまいちわからずじまい。
非常にモヤッとしまくった。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ