ハゴロモの持ち主・天界人登場!

ハゴロモ少年 2

ハゴロモ少年 2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's-LOG COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN
9784757731233

あらすじ

宗一朗の店に戻ってきた唯を追って、天界人・響が人間界にやってきた。唯の「本当の持ち主」だという響に、羽衣本来の魅力を発揮させていないと責められ、宗一朗の心は揺れ動く。響の羽衣・桂も巻き込んだ、唯の争奪戦の行く末は……!?感動の最終巻!
出版社より

表題作ハゴロモ少年 2

デザイナー 宗一郎、  天人 響
ハゴロモ少年 唯、  響の羽衣 桂

その他の収録作品

  • NOS CREWその後編 ハゴロモ少年唯ちゃんの一日

評価・レビューする

レビュー投稿数1

めでたしめでたし

天界に帰ったものの、自分から宗一郎の側にいたいと思い、再び戻ってきた羽衣少年・唯のところへ、本来唯の所有者になるはずだった天人・響が、彼を連れ戻しに来ます。

宗一郎は唯を大事に思い、側にいて欲しいのですが、今度は優しくしすぎると羽衣に戻ってしまってまたいなくなるのではないかと懸念し、反面、人間では羽衣の役割を全うさせてやれないという後ろめたさも抱き、またグルグルするのでした。

この巻で鍵を握っているのは天人・響とその羽衣・桂です。羽衣は主人の為につくすものですから、桂は響に健気に寄り添いますが、唯に拘る響の行動に心を痛めてもいるわけです。身をきざむことまで強要されて、ああ、なんて可愛そうな桂さん・・・。
しかし、その桂さんのおかげで宗一郎と唯のわだかまりも消え、響に桂の本心が伝わり、八方丸く収まったといったところです。

NOS CREW(店の名前)の面々には女性の影がまるっきり見えないので、まるで3人のお父さんのところにできた息子みたいな存在になっている唯なのでありました。なのに、宗一郎が一番好きなんだよね。そもそも、最終回の表紙(口絵でもある)は儀式の回だからなの続きか、これじゃあ結婚式ですよ的なタキシード姿ですから、息子じゃなくて嫁でしたね。

それにしても、1巻2巻通して唯ちゃんが可愛いったらありませんから!!!

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ