絶対服従

絶対服従
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥520(税抜)  ¥562(税込)
ISBN
9784044368012

あらすじ

高校に入りアイドル的存在になった和音。幼なじみの航は、周囲から和音のおまけ扱いされ始めたことにショックを受け、彼から遠ざかるのだが…。表題作他三作を収録したセンシティブ・ストーリーズ。

表題作絶対服従

安原和音 高校生
森本航 高校生

その他の収録作品

  • あなたに今夜は殺意をそそいで
  • 夕暮れのバス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

なんとも言えない読後感です

中編が三つ入ってます。
金丸マキさんは、コミカル作品とシリアス作品、両方書けるんですねぇ。

『絶対服従』
幼馴染みものです。
いわゆる下克上。
昔庇ってた幼馴染みが、成長して自分よりカッコよくなってムカつく!みたいな。
タッチはコミカル。

この表題作より、以下のシリアスでダークな路線の二作のほうが面白かったです。
てか、その淫靡なダークさにゾクゾクきました。好きなタッチです。

『あなたに今夜は殺意をそそいで』
義理の父親にずっとレイプされてる少年の話。
少年の冷めたモノローグに、ヒヤリとしながら読みました。彼は、内側で狂気をゆっくりとあたためているのだ。
痛い話です。

『夕暮れのバス』
ニオイ系かな。
五歳児まで退行してしまった弟と、二つ年上の高校生の兄の話。
崩壊した家庭のなかで、弟の世話を押し付けられて、少しずつ心をむしばまれていく兄の孤独が、胸に痛い。
ラストに救いもないです。
なんとも言えない余韻だけが残りました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ