甘い融点

amai yuuten

甘い融点
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×29
  • 萌17
  • 中立4
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
13
得点
156
評価数
51件
平均
3.3 / 5
神率
25.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344814394

あらすじ

ウリをしようとして客に殺されかけた陸を救ってくれたのは風俗店社長の恭司。ウリをやるという陸を放っておけず、やり方を教え…!?
出版社より

表題作甘い融点

風俗チェーン社長・橋爪恭司
ウリ志望のアルバイター・遠矢陸(19歳)

その他の収録作品

  • Melty kiss
  • 甘くて危険なアソビ
  • Melting blue
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

スポットの当て方が面白い

これでもか!と甘くエロなお話でした。ただでさえねっちりエロの崎谷さんが気合入れてエロくしているので、無理もない・・・のか?
読みながらエロシーンのあまりの長さに、えっと今何ページエロだったっけ?とページを数える始末でありました。
あとがきで「調教というより教育」とある通り、ベッドでのアレコレを教えていくお話です。ストーリーはあまりないんですが、設定やキャラがしっかりしているので無問題。
生まれた時から身近に性産業を感じて育った恭司のような海千山千には、陸くらいぼんやりして無知で従順なタイプにはまるんでしょうね。おじさんの若い子好きみたい(苦笑)
閨技教育を中心にした源氏物語の変形、亜種とでも言いましょうか。

BLとエロは密接な関係にありますが、それをセクシャリティや関係性の方向からではなく純粋にセックス方向からスポットを当てているのは珍しく、興味深かったです。

2

ひどい男、でもいい男。

昔なら神をつけていたんですが
今はたくさんの本を読んであの時の気持ちが
少し薄れてしまったので、ワンランクさがってこの評価と
なっています。

きました、やくざ物。個人的にすごく好きです。
そして、イラストも志水さんということで
一粒で二度おいしいとはこのことでしょうか。
崎谷さん作品はこれまでにもたくさん読んでいますが
この作品は数えきれないくらいよんだ覚えがあります。

受けの元彼がひどくてひどくて。
陸に見放されても仕方ないと思います。
途中読んでいてむなくそが悪くなり、こいつが
話している場面だけ話半分に読み進めましたw
攻めが本当にかっこいいんです。
初めはそんなに優しくないんですが、
元彼が陸にしたことについてたまらなくなって・・・
そこからはもう一直線でしたね、色んな意味でw
BLにおいての攻めはこれくらい非情でも全然かまわないです、
むしろ大好物なので、もっと生まれてほしいです。
それくらい、この攻めの魅力に取りつかれています。
後ろ盾のない可哀そうな子にそっと手を差し伸べてやる、
それもすごく助かるんですが、こういう飴と鞭続きがしっかり
しているタイプの方が受けが成長するので、
転んだら手を貸してやる、位のスタンスの方が
望ましいし、好ましい傾向ですね。

1

厚いけど

分厚いです。
そしてかなりえっちシーン多め。
ただわたし自身の好きなえっちじゃなかったです、残念。

攻めの恭司は風俗産業の社長。
ワイルドな大人のイイオトコ。
風俗業界の人なのに妙に一本気です。

受けの陸は同棲中の彼氏にウリを強要される、いわゆる頭の弱い感じの子。

恭司の経営するラブホで、陸がウリをしようとしてトラブルにあったのがふたりの出会い。
あまりにウリ業界(?)の知識に欠けた陸へ呆れ、ウリレッスンをすることにした恭司。
こう書くとなんかギャグか?と思いますが、陸の男がこれでもか!って感じで嫌な最低最悪な奴でそういうシーンが多くシリアスなところも。

陸があまりに女の子のようで、わたしは好きな感じではありませんでした。
つねに一生懸命で恭司へ淡い恋心をだんだん抱きますが、キュンとしない(汗
うーん、厚いですが中身は薄く感じました。

1

エロ度80%‼ でもエロだけじゃありません!

崎谷先生の作品の中でもエロ度はかなり高い作品だと思われます。
でも、他の設定やストーリーもしっかりしているので、読み応え充分。やはり崎谷先生の作品はエロだけじゃない、リアルな部分まで表現されている所が魅力だと改めて感じた作品でした。
あと、志水先生のイラストもいいんです。攻の恭司が男前で萌でした。

お話は風俗チェーンの社長•橋爪恭司×無知でおばかな•遠矢陸の年の差ものです。

内容は、恭司がある日自分のホテルで暴力を受けていた客・陸を助ける所から始まります。
売りをやろうとしてヤクザに目をつけられてしまった陸を助け、知識も準備もなく自分を売ろうとしていた事を知って呆れます。
しかも、売りを強要しているのがカレシだといわれ、無知で頼りない陸を放っておけなくなります。そこから、陸に売りに必要なサービス業のノウハウやセックスのやり方を一から手ほどきする教育が始まっていきます。
最初は辞めさせる方向に持って行こうとするものの、陸のせつない事情をしり、自分が買う事にした恭司…
仕方ないという気持ちで始めたのに、おばかな行動の裏に隠された、せつなくて、心の奥深くにできた根強い続き傷を知れば知るほど、陸から目が離せなくなっていきます。
自分がどうにかしてやりたい気持ちと、あくまでも客として教育する立場としてのスタンスを崩さない気持ちで葛藤し続けます。

一方の陸は、本当の幸せを感じて生きてきた事がないので、恭司と出会い、今まで感じた事がない不思議な感情に戸惑っていきます。
ダメな男の所ばかり転々としてきた陸は、自分の意志を無視したセックスしか経験がなく、僅かな居場所にすがって生きてきたので、恭司のように、自分自身をみてくれて、何かがあれば心から心配し、手を貸してくれる。いつも優しく大切に考えてくれる相手に出会ったことがなかったんです。これが恋し始めている事には、無知すぎる陸には分からなくて仕方がない事…
ずっと自分の気持ちを無意識に押し殺して、相手の機嫌をうかがうのが当たり前な生活を送っていたから…
だから、恭司の気持も、自分の気持ちさえもなかなか気がつけないんですよね。そう思うと、頭の弱そうな陸の行動や、それに嵌ってしまう恭司も納得でした。
心もカラダも幼すぎる陸、20歳まで幸せとは言えない人生を送ってきたのに、擦れていないんです…綺麗なくらい。
不幸なりにも幸せを感じようとしてるし、相手を恨んだりもしません。そんな前向きさがせつなさを感じさせ、余計になんともいえない雰囲気と魅力を彷彿させていました。ほっとけないくらい素直で、擦れてなくて可愛いんです。
2人で暮らし始めてからも、周囲に暖かく見守られ、恭司に心もカラダも愛され成長していってる陸が微笑ましかったです。この先、凄く魅力的な大人になりそうな予感かな⁉ 恭司が振り回される様を妄想すると美味しかったり(笑)

恭司は口では厳しくいうものの、風俗関係の仕事をプライドをもってしている人間なので、人を使う事の痛みや、せつなさ、重大さを身にしみるくらい理解している分、陸のようなタイプはほっとけなかったし、魅かれていったのかなあと思いました。包容力があって、優しくて人情味あふれた大人のかっこいい攻様でした。『好きだっていえ、いったら俺が全部もらってやるから』と告白するシーンは胸キュンで萌でした。

エロ度が高いお話ですけど、そこだけが萌るのではなく、ちゃんと根底にせつない恋がいっぱい詰まっているからこそのお話なので、とても良かったのです。

私的には、渋谷さんのお話も読めたら美味しいかも…と密かに思って待ってるんですけどね(笑)

おばかなんだけど健気な乙女受様と、大人な人情味あふれる攻様のすれ違いストーリーを読みたい方、エロ濃厚なのがお好きな方にはオススメします。

3

お馬鹿なお子様

崎谷さんお得意のケナゲでお馬鹿な子受。
風俗チェーン経営者×売りをやろうとする子。
タチの悪いヒモ付きの陸は、本当の愛情を知らない不憫な子供。
そんな陸が恭司に甘やかされてとまどう様子がかわいくて切ない。
攻の恭司はなんだかんだいい人だった。

切なさ成分を含みつつ、2cm近い厚さはダテじゃないエロスっぷり。
本編後の短編もエロスエロス。
これはこれで楽しいのですが、ここまでくると逆にHなしで二人が幸せそうな場面が見たかったかもしれない。

あ、でも精神的にちょっとだけ成長した陸が、恥ずかしい言葉を口にするのをためらうっていうシチュエーションにはうっかり萌えたぎりました。

2

私が買った 初 崎谷はるひ!! 

いつも小説は表紙買いというか、大好きなイラストレーターさんの挿絵の物を優先で買っていたので、改めてエロ面白い小説がないか!!とちるちるで調べた結果、崎谷はるひさんがおすすめ!!とのことで初めて作家買いした作品がこの本です。 もう、これ以来 崎谷はるひにドップリになってしまい 私が買う数少ない作家買いするBL作家さんです(^^;)vvv 
 なにって皆さんがおすすめするのがよく分かる 描写が濃厚エロい・盛り沢山vvv とくにこの作品は設定が風俗店社長とおバカで無知すぎる男 陸君とのお話 一緒に暮らしている最低男にSEXの修行でもして稼いで来いなんて言われて売りしようとするオバカです。 そのオバカに一から十まで教えてやる方もやる方かと・・・ まあそこが楽しかったというか、醍醐味といいうかvvv 挿絵も志水ゆきさんで風俗店社長の恭司と受けのおバカ陸をイイ感じに描いていて想像力倍増って感じですvvvv

0

エロいなぁ、やっぱり

はるか昔、たぶんまだBLを読み始めてしばらく経った頃だったと思います。黒ラキ版を読んだんですよねぇ。その頃は、まだエロいとかそういうのをあまり感じてなかったのかなぁ? 改めて新装版を読んでみて、こんなにエロかったんだとびっくりしています。
絵師さんも変わっているから、よけいにエロい?

まで愛情のないセックスしかしてこなかったためトラウマすらになっている陸が、丁寧に扱ってくれる恭司に、戸惑いながらもだんだんといろんな感情を覚えていっても、これは仕方のないところ。でも、それを『好き』なんだと気が付かないのは、切なかったです。しかも、一緒に暮らしている勇次を裏切れないって思っているし。愛情はないんですけどねぇ。

結局、ミイラ取りがミイラになる……ということで、恭司もだんだんと陸が可愛くて仕方がなくなってくるんですね。
そりゃ、一からイイコトを教え込むんですから、自分の思うとおりに感じて花開いて。可愛く思わないわけがない。自分好みのカラダに仕込むわけですから。
幼くて無垢で(とは言うものの、男はいろいろと知っているわけですが)無知で、教え甲斐もあるというもですよ。

中学続きも途中までしか通っていないし、心身共に成長が家出と共に止まってるし、特に精神的には知らないことが多すぎて、やっと今思春期をやり直している(渋沢談)らしい陸。お人好しな恭司の手の中で、愛情をかけてもらい、勉強もやり直し、仕事もがんばり、恭司のそばで幸せになっていくことでしょう。この先、いろいろと成長するんでしょうねぇ。

2

エロ産業

エロ産業がテーマということで、すごいことになってます。イラストが志水ゆき先生に変わったので嬉しい(・v・)

エロスに関しては神です。文句なしに。攻めの恭司も男らしくてGood!恭司の秘書の渋沢も暴走族上がりの武闘派という設定がよかったです。ネーミングセンスも素晴らしい(笑)

しかし今回は受けの陸にあまり魅力を感じませんでした。可愛いとは思うんですけどね。なんだか可哀想な生い立ちが印象に残ってしまって…(T_T)
陸の元カレのDV男・勇次が最悪すぎて胸くそ悪かったです。

恭司に助けてもらわなければ、陸はどうなっていたんだろうと考えると気分が悪くなります…拾ってもらってよかったね陸。

恭司は強い大人の男という印象でした。セックスにも余裕があって、陸のことは大事に大事に抱いて。でも時々スケベ親父っぽくなったりして(笑)いい男です。

しかしドラマCDがでてるとは知りませんでした。声優さん喘ぎっぱなしじゃないのかこの作品だったら…

陸がこれからちゃんと成長していきますように!がんばれ☆

1

崎谷作品でも群を抜く

崎谷作品って、作品世界の設定が、極端に特異な事ってあまり無い。
そのせいか、実は作品中のエロ濃度が、かなり濃厚だったり、大量だったりしても、嫌悪感を感じること無く、するする楽しめる。

そんな崎谷作品の中でも、コレは、結構、群を抜いて
えっちい

エロいって言うより、「えっちい」

理由としては、
1.陸の頭の回転がアレなので、それを表現しようとなると、当然のように、最中の言葉が、直截で恥ずかしい物になる
2.恭司が陸にベタ惚れなので、それを表現しようとなると、以下同文。

陸が恭司の物になるまでの顛末の本編も、十分えっちいが、
恭司と暮らすようになってからの、オマケ話3編は、もう、心おきなく「甘甘バカップル、大解放」状態なので、更にえっちい

心根が純で素直な陸が、甘やかされて、グズグズに溶けていくのは、可愛くって、えっちくって、いいなぁ

0

そんなこと言っちゃだめです!!爆

いやはや…すごい誘い受け、を超えた誘い受けだったyo!!

こんにちは、子姫です

これだけ直接的卑猥単語を連発されるとこっちもだんだん笑っていいんだか呆れていいんだか…という(笑)

ってこの小説は確かにえろいですが、えろだけではありません

あらすじは割愛しますが、ろくな男に抱かれたことがなかった受けの陸が恭司というひとりの男と出会うことで抱かれることの喜びや人に恋することの意味などを悟っていくお話です。

エロシーンの中にもどきっとするセリフがあったり、なすがままだった陸が自分の意志で生きていけるようにこれからどう変わるのだろう…などといったこともちらりとかすめました♪

0

HOW TO ウリ!?

戦後、行き場をなくした女達のために働く女達を守りながら
風俗を経営していたという仁義ある風俗業ハシヅメの3代目 恭司。
自分が経営する風俗チェーンのチェックをかかさない恭司は
経営するラブホの1つでモニタチェック中に
利用客のトラブルを目撃するんです。
ヤクザな男に殴られ廊下を逃げる 陸を助ける。
仁義ある風俗経営者 恭司は、何も知らない陸にウリの基本を教え込んでいくわけですよ!
直腸洗浄から、広げ方まで!!!

酷い男にしか抱かれたことのない陸は“好き”という感情と“恐怖”を
混同してるんですよねー。
なかなか恭司に惹かれていることに気がつかない。馬鹿ですw
頭が相当悪い子ちゃんの受けw

恭司は、同情から陸にウリのテクを仕込むわけですが
ミイラとりがミイラにwww

攻めが、スーパーマン。
背も高くて顔もアソコもカッコよくて
仕事も出来て、sexも巧くて、人格者。

受けが、純粋で無垢で馬鹿でかわいくて
超敏感でエロい身体は、相当淫乱。

「ぬるぬる」
「へ、変になっちゃう」
「お、おっきぃ」
「おちんちん、いれるのすきぃ……っ続き!」などなどの崎谷語録満載。
あんまり小難しく考えずに、崎谷はるひ流のエロのお手前を楽しむ本。

4

BL版プリティーウーマン?

う~ん、それだとちょっと大げさかもしれませんが
中学もちゃんと出てないような無知な受け・陸を
普通の人間としての感情を育てていく攻め・恭司、という構図や
いちから自分の手で育てていく楽しみを味わうって意味では
プリティーウーマンやマイフェアレディ的なシナリオなんだと思います。

まあ、この作品の場合は
人間らしさを培っていく方よりも
人に愛される事を身を持って覚えていく方に熱心だったみたいですけど。。。

崎谷さんお得意の数ページにわたるエロシーンは健在で
陸が、恭司から与えられる愛情で
心も身体も成長していく過程を充分楽しめます。

文庫版に収録された短編は、いやになるくらい甘々で
ちょっとおなかいっぱいになってしまいました^^;

個人的には
あの致命的にネーミングセンスの悪いクールな(しかし元暴走族の総長w)を
(BL的に)なんとかして欲しかったな~、と思いました。

0

バカな子ほど可愛い。

陸くんの不幸な境遇がなかなか痛くて切ないお話です。
正直なところ、序盤は、どんより重たい気分になりました…。
風俗とか暴力とか、苦手な人には、結構キツイかも。

不幸の中の最良を自分なりに必死に掴もうとしている
陸くんの姿が、なんとも痛々しいです。
適切な比較対象のサンプルが周りにいないから、
自分の境遇が特別悪いということにも気付いていない。
そういう部分がとても悲しいと思いました。
おバカでも、素直でいい子なんですけどね。

一方恭司さんは、最初の出会いから、陸のことを気にかけながらも、
「自分にできるのはここまで。」と、一線引いて陸に接します。
最後まで面倒を見る覚悟を持った人間でなければ、
踏み込んではいけないラインというものを明確に持っている大人の男です。

そんな二人が、紆余曲折の末、なんとか心を通わせたシーンには
ホントに良かったな~と、ほっとしました。
物語のラストで、恭司さんが、懐に囲い込むだけではなく、
陸が一人でも生きられるように、対等な立場で一緒に生きていきたいと
考えているのだと、書かれていましたが、ちょっとジーンとしち続きゃいましたね。
恭司さん、懐の深い、イイ男だなぁ…。

そして、なんといっても、志水先生の描かれた挿絵がいい…!
陸は可愛いし、恭司さんもカッコいいのです(うっとり)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ