丘の上の愚者 ヴァムピール・アリトス

丘の上の愚者 ヴァムピール・アリトス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
  
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ビーンズ文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784044491017

あらすじ

見木優人の前に現れた変態美形さんは、嬉しそうにこう言った。
「さあ姫、瞼を上げて、その瞳を見せておくれ」(姫言うな!)このタダゴトでない美男は裏戸幸夜。
真の名をアリトスという。
訳あって女装の憂き目にあっていた優人を女の子と間違えた彼は、“見木”の血を継ぐ者に求婚しに来たというのだが。
…おいちょっと待て。
つか、あんた誰!?は?吸血鬼ぃ!?爆笑&ホロリの究極モンスター・ストーリー、ついに登場。
出版社より

表題作丘の上の愚者 ヴァムピール・アリトス

アリトス 吸血鬼
見木優人 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

榎田さんのニオイ系

突然現れた吸血鬼と、彼を信じられない理屈屋の少年のお話。
これ自体はそれほど目新しさはないのですが、人間不信の主人公の成長ものとしては好きでした。
一見明るくて友人も多いけれど、本当は誰も信じていなくて過去のトラウマに縛られている優人が、追い込まれることによってちょっとずつ周りに心を開くようになっていく。

こちらはBLではないですが、同じ榎田さんの吸血鬼モノということで「吸血鬼には向いてる職業」で見た吸血鬼感(っていう言葉もなんか不思議な感じですが)に近いものを感じました。
そう、BLではないのです。榎田さんなのに!!
まあBLであろうとなかろうと榎田さんを追っかける私の闘志はゆるがないぜ(なんのこっちゃ)
アリトスは優人に執着していますが、それは優人の将来の娘を嫁にすることを期待しているからです。
けど血を吸ったり優人を助けたりすることもあるわけで、そういう間接的なギリギリの萌えを探してしまうのはもはや腐女子の性でしょうか。

優人のクラスメイトの斉藤ちゃんとか、アリトスのペットのブルテリアのフクスケがかわいかったです。
両者を同列で語って良いのかはまあ置いと続きいて(笑)

0

ニオイ系です

ニオイ系です。
最初は「失敗した…」と思いました。
榎田尤利さんは好きな作家さんだけど、ニオイ系作品まで追いかけたいとは思ってなかったので。
しかも冒頭がドタバタコメディぽくって、学園モノで吸血鬼モノで。シチュエーション的にも萌えポイントから外れてたから、二重三重に後悔しました。

でも読みすすめるうちに、面白くなってきた。
ドタバタしてないのだ。
コミカルではあるんだけど、きちんとした芯のあるストーリーだった。

文化祭イベントで女装してた主人公の少年は、女だと勘違いされて、いきなりあらわれた吸血鬼に拐われ、求婚されるところから物語がはじまります。
男だと知ると、すぐに放り出されるんだけど、少年の血は特別な血なので、吸い吸われの関係になる。
少年には色んな悩みがあった。いじめられた過去のトラウマや、今付き合ってる友達との関係など。
吸血鬼との交流のなかで、少年の成長をじっくりと描き、高校生同士の友情を描いていました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ