ラブ・サピエンス

ラブ・サピエンス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813008057

あらすじ

「節、実験しましょう」そんな伝次郎さんの言葉に流されるように伝次郎さんと関係を持ってしまった僕、高岡節はキスシーンを見ただけでアレルギーがでてしまう厄介な病持ちの十七歳。
訳あって不登校中。
環境も変われば気分も変わると、親戚の桧賀田家に下宿することに。
ところが、主の伝次郎さんは恋に無節操かつ愛にあふれる人だった!?笑って泣いて恋するホームラブ誕生。


表題作ラブ・サピエンス

檜賀田伝次郎・27歳・7人子持ちの大学助教授
高岡節・17歳・不登校中の高校生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

いい台詞が沢山

たけうちさん作品の中では完成度としてみればちと低め。

でも好きなんですよねー、構成は多少甘い部分があるんだけどそれを超える程の凄くいい台詞が沢山詰まってて、独身なのに7人の子供を引き取って育てちゃう伝次郎(実子は長男のみ)は変わった人だけどポロッとしみじみ良い事言います。

ある事件が切っ掛けで半年不登校を続けている節ですが自分でもこのままじゃいけないと思っていて、でもどうしようもない部分があって今のままでいるよりはと従兄弟である伝次郎の家に住み込みで7人の子供達のベビーシッターを引き受けます。
不登校といってもいじいじとするタイプではないんですが、ただ節は怒るという事をしません。
長男、童夢を筆頭に7人の子供達は口絵に全員のキャラ絵が載っているのでそれがひじょーーに分かりやすく読んでる最中に口絵を捲っては確認しつつ読みました。
子供達と伝次郎の関係、特に唯一の実子である童夢を軸にちょっと変わったけれど自然な家族愛が書かれます。
伝次郎は15歳にして5歳の節を見初めていて、節が伝次郎の厳しい父親に向かって「俺ならこの人を絶対怒ったりしない」と伝次郎にプロポーズした時か続きらずっと彼は節に心を掴まれてしまった。
それから10年以上、彼等はほとんど接点が無かったので再会物だとも言えます。
クソババアこと家政婦さんがいい味出してて、少しずつ変わってる人が出てくるのだけどそれがこの世界観にはとても合っていて馴染んでます。
激しいBL要素やエロシーンを求める人には向かないと思うのですが、自分はこのたけうちさんの産み出す空気感がとても好きなのです。
挿絵の夢花さんの絵は透明感があって好き。今回特に口絵の全員キャラ絵は登場人物が多いだけにもっそい便利でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ