満天星

mantensei

満天星
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
66
評価数
23件
平均
3.1 / 5
神率
21.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784576081403

あらすじ

図書室司書として働く天涯孤独な江上喬には、ずっと心の支えにしてきた小説があった。その著者である君塚映司を、そうとは知らずに年上の友人として慕っていた喬は、ある夜、酔ったはずみで彼に抱かれてしまう。
「初めて会ったときから、どんなことをしてもほしいと思った」――戸惑う喬に、これまでにない強引さで脅すように付き合うことを強要してくる君塚。やがて彼の真摯な優しさに身も心も惹かれるようになる喬だが、君塚の執着の秘密を知り――。
出版社より

表題作満天星

受様の務める図書室をよく利用する小説家・君塚映司
民間企業出資の私設の図書室司書・江上喬

評価・レビューする

レビュー投稿数11

展開が弱い気が

綺麗なタイトルと表紙に引かれて手に取ったのですが、いつ面白くなるのかな?と思ってる間に終わってしまった感じでした。

身寄りを亡くして一人の喬と、職場で知り合って付き合うことになる映司。
2人の関係はゆっくりじわじわで、それが本当にゆっくりでずっととりとめないお話が続き、そこで残りページ数が半分を切った時にこれ以上の展開があるのか?とふと不安に…。

そこから1つ2つお話が揺れる出来事があるのですが、喬に義理の姉が居る話、映司の過去の恋人の話、起承転結の転にするにはあまりに弱い気がしました。
大きな山があると待っていたのが悪かったのか、小さな岩みたいなものはいくつもいくつも途中であったわけですが、あまりに薄くて気にならないまま
踏み越えてしまったというか…。

淡々としたテイストがずっと続き、そういうの嫌いではないはずなんですが、これはちょっと「BLにしては当たり前」くらいの出来事がペースを上げずにずっと続いている感じで読んでる時間、茫洋としてしまいました。
悪い点も特に見当たらないんですが、その良くも悪くも何もないという点が私には欠点に思えたかなぁと思います。

0

時期的に今!

冬から春にかけての話、とのことだったので積み山から引っこ抜いた本です。
うん、ぎりぎり今の季節にぴったりでした~

受けが本当に良い子で不憫(´;ω;`)ブワッ!
口癖が「すみません」って何だか悲しいね。
第三者となって改めて感じました。
やっぱり「ありがとう」が気持ちよいね。
最近私、とある人から「謝りすぎw」「そんな気にせんでええのにー」やらを連発されているので反省しました、はい。
だからかなんか受けには本当に幸せになってほしいなーって読み進めてただけに…!!

攻めが近づいてきた理由がアレだけど…それでもお互い出会えて良かったと思います。
…分かった時は、そんな予感してたけどお前何もこんな時期にーーー!!!だとか色々思いましたが。

巻末のイチャイチャバカップルぶりを近いうちに発揮して神崎さんを是非ともうんざりさせましょうwww
神崎さんは良い人です~Σd(´∀`*)

0

やりきれない気分になる

ちょっと切ない話でした。
君塚のこういう裏切り方はあとに残りますね。
悲しいことに君塚が過去を乗り越えた頃に喬が真相に気づいてしまう。
気付かない方が幸せだったんじゃないでしょうか。
過去は変えられないですし、喬は少なからずこれからもそれを意識してしまうと思います。
でも君塚にとって自分の描く小説は神埼いわくラブレターのようなもの。
君塚が書いた小説から自分への思いをひしひしと感じるくらい喬はちゃんと愛されています。
そこに偽りはありません。
それに過去に書いた小説を喬が読んで惹かれたということは、君塚のそういうところも含めて受け入れられるのではないでしょうか。


そういえば、私は作者様が前半に貼った伏せんから先の展開はほとんど読みとれていませんでした。
だからこそショックが大きかったのですが、今思うと気づかない方がより楽しめると思います。
BLでは君塚のような理由で人を愛することがけっこう多いと思うのですが、この作品が他の作品よりも切なく感じるのは作者様の力量だと思います。

1

読み返したくなる作品

良い作品だからというのもありますが、一回大きな山というか谷というか・・・があるので、そこを読んだとたん今までのシーンを思い出し、引っかかってたあの言動あのシーンを読み返して、こういうことだったのかと思わせる仕掛けが。
とにかく感動できるし、泣ける作品で胸が熱くなります。
文体も綺麗で安定感があり、情緒ある作品なので読み終えても余韻が残ります。この人の他の作品も読みたくなる本でした。

0

すげぇ泣いた(´;д;`)ウッ・・心臓がきゅーっと締め付けられるような苦しさがありました。

朝、目を覚ますと飛んでいる記憶・・・
セックスのなごり・・・
なかば脅迫で、ふたりはつきあうことになるのです。

それでも、すごくやさしい映司
どんどんほだされていく喬

喬は、ゆっくりと映司を好きになっていくんです。

ふたりの関係に、きちんと幸せを感じた瞬間。

信じたものが、ガラガラと崩れていく恐怖・・・

涙が止まりませんでした。

ひた隠している“秘密”
映司が喬をほしいと思った“理由”

一瞬にして、あれもそれもこれも伏線だったことに
気付き絶望しました。
なんかおかしかったよね・・・そうだった・・・うわあああああーっ!
これは、相当な精神的打撃でした。
涙がぼろっぼろこぼれて大変でした。
ただただ、怖いっ。もうこの一言に尽きます。
バレるかバレないかは別として
この手の裏切りをしている人間は意外と多いですよ!?

初読みの作家さん
残りページも少なく
ここからどう立て直すの???
許せる?
乗り越えられる?
心臓がきゅーっと締め付けられるような苦しさがありました。

ラストへの仕掛けは、私には胸を打つもの続きだったので
許せました。よかった。すばらしいっ!
私、この作品好きですっ。
すげぇ泣いた(´;д;`)ウッ・・

2

地味なんですが

そう派手な出来事が起こるわけでもなく、しっとりとした雰囲気の中お話が進んでいきます。受けちゃんが控え目な性格だから、どっちかって言うと、地味なお話かもしれません。でも、それだけにじわじわと心に染み入るというか。

喬の好きな作品の作家が君塚だったというネタバレを、比較的早くにして、カップルとしても案外早くまとまっちゃって、この先どうなるんだろ~? って実は思ってました。
でも、本当の試練はここからだったんですねぇ。
どうして君塚は、あんなに強引に付き合いを始めたがったのか。
喬が本当に君塚を好きになって、そばにいたいと思うようになってから、その理由がわかるんです。が、ホント、あちこちに伏線が散りばめられていましたねぇ。
君塚や、君塚の親友兼出版社の君塚担当の神崎が、下の名前で呼ばれたがったのか。君塚の唯一の本の表紙を担当したのが、神崎の親友の篠塚で、今はもう亡くなっているとか。
なぜ今は何も書いていないのか……等々。

初めて君塚の家に泊まった夜に、君塚が喬に言ってなかったことがばれちゃうんですねぇ。ウソは何一つ言っていなかったけれど、言ってないことがあったんです。
続き
何でも知っている神崎にすべてを教えてもらい、好きなのに、好きだからこそ、別れを選ぶ喬。

会えない間に君塚がしたことは、喬のことを想い小説を書くことでした。といっても、神崎曰く「喬へのラブレターで、本には出来ない」でしたが。
君塚の書いた小説を、神崎が喬へ届け、喬はその愛溢れるラブレターを読み、君塚の家へ自転車を走らせるのでした。

ラストは、海を散歩するふたりの姿が描かれています。仲良く手を繋ぐふたりの姿が微笑ましくて、この先も何があっても大丈夫だなぁ~と思いました。

0

穏やかに愛を育む

美麗な表紙に惹かれて、これが神江さんとの初出会いでした。
BLを読み慣れた読者には展開が読めてしまうので、少し物足りない感じがあるかもしれません。
それでも、淡々と落ち着いたタッチで穏やかに進む話に、のめりこまずにはいられませんでした。
喬と君塚はお互いに過去と傷を抱えているので、気持ちが一緒になるまでのペースもとてもゆっくりです。
傷ついた二人が結ばれるには、このペースしかなかったのではないかな。
この作品のキーワードとなる絵だけではなく、情景が目に浮かぶような文章に惹かれました。
抒情がある物語がある骨太な話で、説得力と読み応えがあります。
あとで読み返しては、穏やかで優しい気持ちになりたい話です。

2

綺麗な文体だなぁ

まだ三冊きりしか出てないのが残念です、神江真凪さん。
ストーリー以前に文体が好きで(もちろんストーリーも好きですが)、読んでて心地よいです。

図書館司書と小説家の恋のお話です。
二人は酔った勢いで身体を重ねます。
小説家は司書に情熱的な愛情を示し、司書もその愛にほだされていきます。
二人にはそれぞれ悲しい過去があり、物語が進むにつれ明らかになります。それが関係を軋ませていく。

全体的に暗い雰囲気の小説でした。海と空の色や匂いや冷たい空気が伝わってくるような、そんなお話。

ぶっちゃけ神江さんの今出してる本三冊の中では、ストーリー的には一番面白くなかったんですが、文体が好きなので、萌えで。
『青空の下で抱きしめたい』みたいな、もうちょっと明るいタッチの神江さんが読みたいなァ。

0

イラスト買いでしたが…

初めての作家さんでした、表紙のイラストの雰囲気がすごく好きでイラストに釣られて購入。
ストーリー展開にところどころ「ん?」と引っかかるところはあるものの、最初は脅されるようにして強引な形で始まった二人の関係が付き合いを重ねていくうちにどちらにとっても大切なものへと変わっていく過程が丁寧に書かれていてそれが、とても良かったです。

これが3冊目と言うまだまだ新人さんのようなので、これからに期待したい作家さんですね。他の本も買って読んでみたいと思いました。

0

テンション低めなので、ゆっくりじっくり読みたいときに。

両親を亡くし、育ててくれた祖母も亡くなって一人になった喬は、住んでいた町を出て、図書室司書として働いています。
そこにやってきていたのが君塚。やがて二人は親しくなりますが、食事を一緒にしたある晩、酔った喬は、翌朝、全裸で同じベッドに自分と君塚が寝ているのに気づく。
なかば脅されるように君塚とつきあうことになり戸惑う喬ですが、君塚は何においても真摯で優しく、その生い立ちから心に影を抱えていた喬は、その優しさに癒され、時間をかけて君塚を受け入れ、自分も彼を好きになっていく。

その過程がかなりゆっくりしたペースで半分以上のページを費やして書かれていますが、やっと君塚への気持ちを自覚し幸せを感じた…と思ったら、実は君塚が喬に声をかけ大きな執着を示したのには理由があったことを知ります。
それを知った喬は、しばらく離れることを提案し、二人は会わなくなる。

その間にいろいろ折り合いをつけて(笑)本当に結ばれる話。
非常に地味な展開だし、象徴のように何度も描写される夜の海に白く浮かび上がる波頭、空には満天の星、または降る雪・・・と結構「暗い」感じがしました。表紙も黒っぽいし(笑)
続き

喬が君塚の気持ちを受け入れるまでにすごく時間がかかり、丁寧なのは良いことなのですが、このテンポはまるで「ブレーキがかかってる」感じ。ちょっとかったるくなって読むのに時間がかかった(笑)。

まあ、やっとのことで幸せになったと思ったら、秘密を知ってドカンと落とされるという落差は見せ場でもあるわけなので、そこまで少しずつ盛り上げていくのもいいけれど、私が思うにこれがあんまりドカンと落ちてないんですよ。

大騒ぎするのがいいというのではなく、そんな感じで全体的に、ゆっくり淡々としたお話という感じでしたね。
君塚が喬に惹かれた理由も想像つきやすいし、そのあとの気持ちの変化も説明されるまでもなく丸わかり。
そういう意味ではハラハラすることもありませんでした。
哀しみを乗り越えて結ばれるお話で、優しさも感じられる、バタバタBLに比べたらいいと思うんですけど、なんせ中盤過ぎまでのペースがかったるいんだよなぁ・・・(^^ゞ

2

眼に浮かぶ情景描写

序盤から張られている伏線から容易にどういう展開が待ち受けているかは
想像ができるのですが、それでも静謐な文章で綴られる切ない展開に惹き込まれました。
喬(受)に激しい執着を示し半ば脅迫のような形ではじまった君塚(攻)との関係ですが、
喬が君塚に思いを寄せるようになるまでの過程がページ数もエピソードもふんだんに
使って丁寧に描かれていたのが好感が持てました。

その分後半の山場と思われる展開からが少し駆け足だったような気がするので、
もうちょっとすれ違いの焦れっとした感じを味わいたかった気もします。

真冬の夜の冷たくて寂しい海のシーンから始まり、春の暖かな日差しの中での海の
シーンでのラスト。このシーンが喬と君塚2人の心を象徴していると思いました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ