嘘つきな天使

嘘つきな天使
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
25
評価数
8件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784812435977

あらすじ

「どうやって俺をその気にさせるのか、じっくり教えてもらおうか…」。老舗デパート『高砂屋』の御曹司、加納遥は、仕事と恋愛を同時に失い、ヤケ酒の勢いで男とホテルに行くという醜態をさらしてしまった。相手の男は世界屈指の優良企業、『ウェルネスマート』日本支部代表の片岡宗二。経営難に陥っている高砂屋が、提携を希望して失敗した会社の男だった。傾いたデパートを守りたい遥は、ホテルの夜のことを盾に片岡を挑発して提携を迫るが、逆に怒りをかってしまい…。張り巡らされる欲望の罠。
出版社より

表題作嘘つきな天使

ウェルネスマート日本支部代表 片岡宗二
老舗デパート高砂屋御曹司 加納遥

評価・レビューする

レビュー投稿数3

交渉が上手いとは言い難い二人

最初のうちは、受けの遥がまだ20歳の大学生って事に引っ掛かりを感じた。

そもそも遥が、自分の一族が経営している百貨店を何とか立て直そうと躍起になる気持ちはともかくも、まだ大学生の身の上で経営に口が挟めるって設定に無理がある。
これでウエルネスグループを相手にした大人の駆け引きを仕掛けるには早すぎるんじゃないか?、
遥の年齢設定を24歳位に引き上げたほうがもっとすんなり読めただろうになぁ…

…と思ったが、外資系スーパーマーケット・ウエルネスグループを背景とした仕事描写がしっかりしていて読んでいて引き込まれたので、最初に感じた無茶な設定もいつの間にか消化出来ちゃっていた。
遥が無茶せざるを得ない高砂屋の裏事情もきちんと書かれていたし。

ただ、片岡に関しては「どうも堅物っぽく、仕事に打ち込む姿がいい男だな」ってのが魅力なのに、色気が絡むとどうもブレを感じる。
そのせいで肝心の遥とのラブシーンにはいまいち入り込めなかった。

BL的なシーンよりも、攻略と称して遥が押し掛けたり、店舗の偵察周りで気付く片岡の人柄とかのほうが読んでいて面白かった。

それと、ヨシュ続きアは本編よりもこのスピンオフのほうがキザだ(笑)。

0

自暴自棄が招いた幸

老舗デパートの御曹司・遥が自棄酒の勢いで男に走るって感じの作品だが、
遥を抱いたのは、世界屈指優良企業日本支社代表の男(片岡)だった。
片岡を攻略するため、片岡の家にまでやってきて、必死に身体を捧げる。
身体だけでなく、心から片岡を思った時、遥を幸せ者にする。
父親とのいざこざに負けず!幼なじみの裏切りにも屈せず!片岡を信じて欲望を実らせる!

0

嘘つきな天使

このシリーズて何て言えばいいんだろう?
まあいいや…ついに片岡の話です!!
片岡がさー二枚目な感じになっててかなり残念。
へたれててほしかった…キャラのイメージ崩されると結構悲しくなるorz(崎谷さんのブルーサウンドの大智しかり)
あとがき読むかぎりだと、ふゆのさんも不本意だったみたいだけどさ~…
老舗デパートの御曹司のかわいこちゃんが、傾いた会社のために奮闘する途中で、ウェルネスの日本支部代表の片岡と出会って…な話。

ヨシュアと遊佐が出てくるよ!!きゅん!!
どんどんウェルネスが大きくなっていくー笑
何か、ウェルネスは実際にある会社なんじゃないか、二次元と三次元の区別がつかなくなります。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ