手のひらの鳥かご

tenohira no torikago

手のひらの鳥かご
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344814288

あらすじ

創薬研究所に勤めている冬稀は、恋人の賀野と暮らしている。ある時冬稀の元にある人物が訪ねてきて…。「鳥」シリーズ第三弾!!
出版社より

表題作手のひらの鳥かご

創薬研究所・上司 賀野瑛介
創薬研究所・研究員 江藤冬稀(22歳)

同時収録作品手のひらの鳥かご

久保寺奎介 長和製薬社員
加室充絃 アカデミー出身の長和製薬研究員(18歳)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

キャラクターはこっちがマシなんですが・・・

『鳥』シリーズ3作目です。
う~ん、このシリーズどうも気が乗らない。

前巻『鳥は象牙の塔にいる』が、キャラクターがダメでまったく受け付けなかったので、なんかもう続きがどうでもよくなってしまって・・・

それでも、頑張って読んでみたら、こちらは前2作よりはよかったような気はします。まあ、1作目のキャラクターがメインに戻ったからでしょう。前巻CPも脇で出てますけどね。

が、やっぱり好みじゃないわ、このシリーズ。

SF・ファンタジー(風味)は大好きですが、こちらはどうも世界観自体に興味持てない。というか、1作目のレビューにも書きましたが、構え(設定)が大げさなわりに読んだらあっさり薄味過ぎる気がするんですよ。雰囲気だけとまでは言いませんが。


次で完結ですが、まあ買ったから一応読もうかなという程度でした。

1

出生の秘密

『鳥』シリーズ第3弾。
賀野と冬稀は現在の住居を離れ、同居することを決めます。
賀野は、冬稀が研究所以外の場所で適応できるのか心配なのですが、一緒に住みたい気持ちは抑えられません。
賀野は「同居を強制したのでは?」と気にしたり、冬稀も「自分は賀野のお荷物になっているんじゃないか?」…といった具合に、お互いを思いあう気持ちはいっぱい。
二人の関係がこじれる事はないので、最後まで安心して読めます。
今回、冬稀の出生が明らかにされます。
出生の秘密と父親を知っている人物・中津が現れ、父親に会って欲しいと頼みます。
徐々に思い出す過去の記憶が、冬稀に人間らしさを与えていきます。

このストーリーで、冬稀はかなり他人とコミュニケーションを取ることが上手になっています。
もちろん久保寺と充絃も登場し、賀野と冬稀を支えます。
途中で起こる事件と、とある人物との再会は、未消化で切れている感じですが、これらは次の作品へと繋がるフリなので、ぜひとも続きも読んで欲しいです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ