ウォータークラウン

ウォータークラウン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥514(税抜)  ¥555(税込)
ISBN
9784199000386

あらすじ

旅行会社で働く渡瀬真海(わたらせまさみ)に「好きだ」と告白してきたのは、後輩社員の海藤郁也(かいとういくや)。背は高いし、かっこいいしで、女の子にも人気の海藤がなぜ…? 本当に…? 心を揺らす真海と、それを優しく見つめる海藤――。幾つかの季節が過ぎ、次第に切なく苦しげになってゆく海藤の瞳に、真海は気付く。もう、このままじゃいられないのか…? アダルト・ラブロマンス。

表題作ウォータークラウン

受様の下に初めて付いた後輩社員・海藤郁也
自分の前世を人魚だと思っている会社員・渡瀬真海

その他の収録作品

  • 消えない声

評価・レビューする

レビュー投稿数2

乙女なリーマンは求めていない

受けの思考が乙女で、自己中すぎるのが受け入れられなかったです。
後輩の攻めは献身深いのですが、受けの乙女脳につきあってか寒い事を言うので、それも辛かったです。
唯一の評価ポイントは、珍しい水中でのHがあったという事でした。

後輩リーマン・海藤郁也 献身攻め×先輩のリーマン渡瀬真海 乙女ネガティブ受け
後輩の海藤から告白されたが、男で平凡な自分を好きなのが信用出来ない。
一年経ってようやく自分も好きだと自覚するが、あの事を認めてもらったら全てを受け入れて告白することを決意する。
自分は、人魚の生まれ変わりなのだと言うことを……。

最初から最後まで、自分に酔っているような受けがキツかったです。
一年前から告白している相手を信用せず、自分は元人魚だと思うって発言を笑っただけで、完全にシャットアウト。
一般人が聞いても夢みがち発言だし、だからどうした?という感じなので、いい年した大人の男がそんな事を言って、素直に受け入れられると思う事の方が無茶振りです。
その人魚だと思う根拠だって、前世がどうとか言うものもでなく、自分でそう思っているだけ。それを受け入れろって、無理続きにも程があると思う。
自分をずっと好きだと言っていた相手で、自分も好きだと気付いたのに、たったそれだけで見限る気の短さが、理解出来ませんでした。
後半エピソードでも攻めの言う事をよく聞かずに短絡的に死のうとするとか、どこまでも自己中で乙女過ぎて、乙女リーマンで萌えるのは無理でした。

受けが元人魚発言があるので海や水が好きなので、2人のHのお初はプールで海中で2回目というシチュは珍しかったです。
実際、痛そうだしまだ慣れてないのに、BLファンタジーではありますが、水中でHをお探しの方には有かもしれません。

総合:★1 受けの乙女脳と、影響されてくさいセリフをはく攻めとで、無理でした。
エロ:★3 プールの中でH、海の中でH

0

人魚ってあんた…

リーマンラブです。
主人公は、自分を元人魚だと思ってる人。
そんな彼に告白してきたのが、イケメンの後輩。
なんだかんだあって結ばれます。

主人公の子供っぽさが耐えがたかったです。

「実は俺、人魚なんだ」→笑われる→分かってくれない、もうダメだ、信用してたのに…

ってあんた何歳やねん、と。
普通笑うやろ。
ナニワの人間なら、「真意は伝わらなかったけど、笑いは取れたから結果オーライ!」と思え(ってナニワの人間じゃないけど)

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ