一度生まれてしまった恋は、たとえ主の命でも殺せない――

幸村殿、艶にて候 4

幸村殿、艶にて候 4
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784199004971

あらすじ

児小姓の六郎(ろくろう)と小介(こすけ)が、島津の巫女集団に攫われた!! 九州上陸を無事果たし、大友宗麟(おおともそうりん)と会見した幸村(ゆきむら)は、二人の救出を直ちに下知!! 手練れの忍者・猿飛び佐助(さるとびさすけ)は、霧隠れ才三(きりがくれさいぞう)と探索に向かう。けれど、幸村への恋心に負けて命令違反をし、信頼を失った焦りと不安に駆られる佐助は、初めて大失敗を犯してしまう。そんな佐助の想いを否定できない幸村は、主としての未熟さに悩み苦しむが!?
出版社より

表題作幸村殿、艶にて候 4

上杉景勝
真田幸村

評価・レビューする

レビュー投稿数2

佐助くん大失敗の巻

佐助くん大失敗の巻、です。あ~…。
幸村も自分に落ち度があるともんもん…。
この巻では景勝様影薄目!?
若干なかだるみ感がなきにしもあらず…ですが、でも最後はしっかりと景勝様登場!
佐助はどう出る!?
そんな余韻を引きずったまま、以下次号!!です。

0

血わき肉おどる展開

今回はいままでで一番の壮大なストーリーだと思いました。
少年二人の救助をしつつ呪法を解き、豊臣の世になれば平和で豊かな日々が送れることをふれて回り、更には軍資金まで強奪してくるという…九州を一回りしちゃったわけですよね。細かい歴史上の人物は良くはわからないんですが、大友宗麟だったり島津様だったり、聞いたことのある皆様が…

さて、十人揃った真田組の今回の敵は桜島の女軍。道中も島に上陸してからも適材適所、活躍しなかった人がいないくらい、あっちの場面であの人、こっちの場面でこの人と動き回ってくれました。やっぱり十人いることに意味があるんですね。
幸村殿は巫女さんたちまで惑わせちゃって、フェロモンは男向けだけじゃなかったのですね。

それにしても、罪作りな幸村殿を巡ってあっちでギクシャク、こっちでドキドキ、才三は相変わらずゴーイングマイウエイ(幸村や佐助がグルグルしているのを面白がってます)、佐助は散々な目に会っちゃったかと思えば口での奉仕を再び求められちゃうし(なんてかわいそうな)、かつ殿は最後の最後で美味しいところをかっさらってっちゃうし。何がいけないって幸村が一番いけないと続き思う。作戦はばっちり成功してきたわけですが、男心を弄びすぎ。

薩摩ということもあって、おきつ(百利鎌之介)も活躍。子を持つ母は強です。
桜島に囚われていた瑠璃丸(望月六郎の念弟・超美少年)も助け出され、二人とも熊野に戻ることに(それはちょっと残念)。さて今度はかつ殿が本格的に混ざってきそうな感じです。佐助がどこまで我慢できるのでしょうか?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ