これはとんでもない恋なんじゃないだろうか。シリーズ、ついに完結!!

ポラリスまでの距離

ポラリスまでの距離
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
34
評価数
10件
平均
3.4 / 5
神率
10%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101292

あらすじ

好きな人は友達の父親。星が好きだとその人は言った。
好きな人の好きなものは、すごくいいものに見えてくる。
「星のことを教えてください」を口実に手紙のやりとりと、時々話もする。
好きでいられるだけでよかったのに、それだけじゃ済まなくなる。
そんなことも知っていたはずなのに欲望は止まらない。
望みはないのに、ただ気持ちを伝えたくて告白をしてしまった夜。

1stコミックス「ポラリスベル」から続く待望のセカンドコミックス。
星をとおして人と人を優しく繋ぐヒューマンラブストーリー。
番外編と後日談描き下ろしも収録。
出版社より

表題作ポラリスまでの距離

野島秀吾,高校生,18才→社会人
久我山,元カノの父親 

同時収録作品ニ丁目のキキ

千田亜貴,高校生→社会人
桂木央太郎,高校生→ゲイバーのママ

その他の収録作品

  • 18年後のシリウス
  • くもり空シーイング
  • ヒッパルコスからの手紙
  • とおくにひかるまぢかにともる

評価・レビューする

レビュー投稿数9

読み応えのあるドラマでした

シリーズ2冊通して、深みのある読みごたえのある作品だと感じました。
恋愛だけではなくて、人として成長していく過程での家族を中心にした様々な出来事を通して、キャラ達の喜怒哀楽を一緒に感じることが出来ました。
ラストのお話では重要な脇キャラだったゲイバーのママと常連客のアキのお話まで読めて、この2人にも色々あったんだとしみじみ。
なかなかここまで描かれた作品はBLでは少ないのではないかと思います。
1巻を読み終わった段階では、主人公2人がくっつくのはかなり難しいと思ったのですが、秀吾の粘りが後あと功を奏しましたね。
H度は全くないのですが、それとは別の感動が詰まってました。

2

前作の物足りなさが一気に解消


前作、「ポラリスベル」ではなぜかモヤモヤが残ったままとなってしまったのですが、今回の「ポラリスまでの距離」ではスッキリ解消しました。

始めは年齢差…といってもただの年齢差ではない異質な感じに惹かれて購入しました。エロシーンはありませんが、それでもお腹いっぱい胸いっぱいにさせてくれる作品です。

10年後の秀吾のイケメンさにびっくり。そしてやはりお父さんもいい味出してます。最後、秀吾が優勢かと思ったら不意にお父さんが余裕を見せちゃうところもいいです。報われない恋だと思ってたので、叶う叶わないが実際しっかり描かれていなくても未来が続いていくような終わり方で満足しました。非常に好きな作品です。

3

静かな恋愛って感じがします

絵が好みで購入しましたが、話も良かったです(Hはないです)。
ふと、車掌さんに興味を持つことから気持ちに変化が現れますが元彼女のお父さんだった事から悩みます。父子家庭なのと亡くなった奥さんを愛し続けてる車掌さんなので。

話重視の方にはお勧めです。

1

ポラリスは内にある

展開にやや生臭味が出て参りました。
BLとしてのそれもそうですが、生きてゆく事
それ自体に対する生臭味が。
この物語を受け入れるには物語の骨子だけ
ではなく登場人物の内面も受け入れないと
案外厳しいでしょうね。
そこまで含んだ上で物語を味わうと、さり気ない
深みを堪能出来るのではないか、と。
ファンタジーとは言い切れないBLも登場する様に
なったのは、それだけ界隈に奥行きと幅が
出てきた証明でしょう。

番外編に当たる『2丁目のキキ』はさり気なく
苦い話です。
評者の年代辺りで思い当たってしまう様な、
そう言う現実がふと重なり合ったりもしますから。
そこから一歩深い所を踏んだ所に筆の力を
感じます。

2

ポラリスまでの距離レビュー。

「ポラリスベル」の続編です。
前作ではあんまりBL要素は無くて、人との繋がりを星を交えて素敵に語っていく…って感じだったのですが、今回はちょっと進んで「高校生×友達の父親」って形におさまりました。
でもプラトニック。

好きな人は友達の父親。星が好きだとその人は言った。
好きな人の好きなものは、すごくいいものに見えてくる。
「星のことを教えてください」を口実に手紙のやりとりと、時々話もする。
好きでいられるだけでよかったのに、それだけじゃ済まなくなる。

おバカで相手は男女問わないで恋に自由だった高校生が、素敵な大人(友人の父親)と出会って必死に恋焦がれる話。そこに組み込まれる星の話がまた、物語を素敵に演出している。星好きには堪らない。

プラトニックなんだけど、死について真面目に考えてみたりとか。BL要素は増えてきたけど、根っこの部分は人間ドラマだった。駅長さんは、亡き妻をとても大事にしている。勝てないと知った時の人間は、とても弱い。
何だか色々と考えさせられる話でした。

激しい描写は全くないし、話が深いのでBLが苦手って人にも薦めたい1冊です。夜空に続き輝く星の神秘、人を乗せる電車、好きってだけじゃどうにもならない欲望。
純愛だった、と思う。

1

いいとは聞いていましたが……

 よかった! 「ポラリスベル」、売るんじゃなかった!!! 続編出るとは思わなくて~。

 別にオヤジ好きだから、よかったというわけではなく。(これくらい枯れているオヤジも大好きですが)
 BLじゃなくてもいいのよね。くっつかなくてもさ。人生は恋愛だけで出来ているわけじゃないから。もっと、大きいものがあるから。
 宇宙に、生死。テーマは重いかもしれないけど、とっても綺麗。空が、綺麗なのよ。プラネタリウムに行きたくなりました。
 10年後の秀吾くんが、カッコよかったです。

3

いつか届く、忘れがたいひかり

「ポラリスベル」続編。
前回ほとんど進展のなかった秀吾の恋が、加速します。
おじさんとの恋なので、私はBLにある「ハッピーエンドだったらいいじゃない!!」的な展開で最終的にいちゃいちゃしてたらどうしようかと思っていました…。
が、私個人的にはとてもいいEDマークでした。
正直驚きました。そう来たか!みたいな…
そして泣かされました。
純粋に感動しました。2巻続けて読みましたが、長い映画を見終わったようです。

前作から作者さんの成長が伺えます。画面構成もとてもみやすくなって、絵柄、セリフのテンポも絶妙です。そして、相変わらず星を絡めたストーリー展開は素晴らしいですね。
今回は駅関連のはなしもたくさんストーリーに絡めてあります。そのあたりも興味深い物がありました。
よく調べてあるし、考えてあります。命の話などにも触れていて、いろんな点からいろんなことを考えさせてもらいました。
本編がちょっと暗くて切ない展開でも、話の間に入っている書下ろしオマケ漫画が楽しいので暗くなりすぎなくてとってもいい。
最後に4コマ漫画もたくさん入っていて、読み応えもばっちり。後読感もばっち続きりでした。

この本では、秀吾のバイト先のママ、央太郎とアキの話も入り、前作よりBL色が強くなりましたが、全てキスどまり(自慰が少々…)なので「ポラリスベル」と合わせて2巻セットで、いろんな方に読んでもらいたいです。
央太郎とアキの話を読むと、また「ポラリスベル」を読みたくなりますよ!

1

ポラリスまでの距離

「ポラリスベル」の続編。
すげー!!
こうなるんだ…すげー!!!!(二回目)
最後の一話で十年後に飛ぶのですが…ああ、なるほどなぁ…
何かBLというより文学的な感じです!
木原音瀬さん好きな人とかにオススメかな?
精神的な描写というかモノローグが多いですね~
主人公がほどよくチャラくてとても好みでしたvV
しかし央ママとアキの話がなかなかぐっときたなあ…
こんな過去があったとは!!!!
何か色々考えさせられる一冊でした~おもしろかったvv

1

たまには考えよう

鉄道職員のおじさんラブのお話ですが、それよりも人の生きる意味などを考えさせられるお話でした。

私は無限恐怖症気味なところがありまして、宇宙の話、それも星の誕生とか終末とかいう話が怖くて仕方が無いので、そこここに星の話が出てくるこの作品を読み終えるのに一苦労してしまったのですが、そういう個人的な問題はさておき、宇宙と、駅員さんの仕事と、人を愛し続けることと、人生は厳しいことと、いろいろ考えさせられました。

高校生時代の話は一旦「ヒッパルコスからの手紙」で終わるのですが、完全に振られています。私としては、ここでお話が終わってしまっていても一向に構わないなと思いました。ゲイでもなんでもないおじさんが、娘と同い年の少年にどれだけ熱い思いを語られたって、友人であることはできても「恋人関係」にはなれませんよ。
しかし、そのあとの人生がどう転んでいくかで、また違った関係に発展していくわけですね。

たまにはこんな真面目なBL読んでもいいんじゃないでしょうか?

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ