俺のこと好きって言えよ。大人の男の[天然無神経×純情無愛想]!!

その気持ちに名前をつける

その気持ちに名前をつける
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
6件
平均
3.7 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784904101308

あらすじ

然デリカシー無しの梶と無愛想な宇佐美は犬猿の仲。
ある時、普段憎まれ口ばかり言う表情からは想像もつかない
宇佐美の優しい視線に気付く。その先にいたのは共通の友人。
そんな目を見てしまうと宇佐美のことを嫌いにはなれなかった高校時代。
そしてその友人の結婚式で8年ぶりの再会をする。
平気な顔で参列する宇佐美の心を探る梶だったが…。

表題作ほか、オヤジ×オヤジ、メガネ誘い受、オカマ攻など
唯一無二のタッチでラブコメからシリアスまでを描く
桃山なおこの魅力溢れる待望のセカンドコミックス。
出版社より

表題作その気持ちに名前をつける

天然無神経男 梶 だと思う
純情無愛想男 宇佐美 でしょ?

その他の収録作品

  • 恋の呪文
  • フィックストスターの恋
  • あらがいがたい
  • セカンドサークル
  • 坂道をのぼって
  • その気持ちを名付けた後の

評価・レビューする

レビュー投稿数3

みんな、その恋心ゆえに苦しむのですね

「恋の中」が大変に心に残り気になってしまった作家さんでしたので、速効読みです。
登場人物たちの過去があって、現在の気持ちの行方を静かに魅せている、その作風は大人な仕上がりで、じわじわと心に染みいるものがあります。

表題は、高校時代からの友人の結婚式をきっかけに、当時のつるんでいた仲間の一人の気持ちにあらためて気が付くノンケ男の話。
この主人公が、デリカシーがないと自分も自覚するストレートな物言いで、そのストレートさゆえに思い込みと思い違いを招いていたという、ホロ苦くも切ない恋の話となっているのです。
そのくせさっぱりと、あっさりとしている為に、その後の展開がとてもさわやかです。

『恋の呪文』
表題の友人の一人ゲイでバーのマスターの恋話。

『フィックストスターの恋』
保険医を好きと言い続ける高校生の話

『あらがいがたい』
以前関係のあった男性との再会

『セカンドサークル』
ずっと好きだった友人が家に来て、心を苦しくする話

『坂道をのぼって』
仕事の依頼を受けた古書店の店主を好きになるが、店主は一体?

やはり全体にエロ度は低く、気持続きちの機微に重点を置いたストーリーです。
特に『セカンドサークル』は気持ちのやり場に苦しむ、”友人”と言う言葉に縛られている主人公の切なさややりきれなさ、意図があるのかないのか、平然と”友人”を盾にとるその友人の姿に胸が痛くなりました。

絵もシンプルですが、本当に心を綴るのが上手い作家さんです。

1

無骨な劣情

明け透けな様でいて繊細な恋をする男と言うのは、
見ていて惚れ惚れします。
絵柄の所為もあるのでしょうけど、どの恋も湿っぽい
所が無いのですね。

ああもう。
ええ歳こいた馬鹿ップル程始末におえないものは
ございませんね。
エロに走ってくれた方がいっそまだ恥ずかし気も
無く読めるのに。

1

みんないい人

私の好きな、せつなさがいっぱいつまった大人の恋の短編集です。
表題作は、高校生の頃から実は相思相愛だった二人が、思いを通じ合わせるまでのお話。
思い込みというのはなかなか残酷なものですが、誤解が解けて想いが通じ合って、本当に良かった良かった。道端に座り込んでの愛の告白シーンは、なんともいえない現実感があり、ニマニマしてしまいました。漫画なんだから、「絵で魅せる」って大切ですよね。

色々なシチュエーションの短編が揃っていますが、他作品も通して、エッチシーンなんか無いに等しいのに、全体から漂う大人の色気と、大人だからこそ抱えてしまう悩みなど、ウルウルしながら読みました。○○だから評価を下げましたっていう理由が見つからないので、神。
「フィックストスターの恋」の攻めは高校生だけど、彼の行動は大人な気がします。
もう一回パラパラしてみたら、後半2作品はキスすらしていません。でも、そんなもどかしさがまたいいんですよね。「坂道をのぼって」なんかバラバラ餌を撒いて誘い受けしてやろうとしているのに、んーーーもどかしい。「す・す・す・・・すみませんっまた来ます!!」(好きですって言えなかっ続きたわけです。)かわいいー。でも、恋ってそんなんじゃないですか?

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ