スマない!!マスミくん

スマない!!マスミくん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
68
評価数
23件
平均
3.1 / 5
神率
4.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832285620

あらすじ

「お義父さんと呼ばせてください」若く誠実な担当編集者・真清に突然告白をされたのは、小説家の白石章太郎。男手ひとつで大事に育てた娘と結婚するという。ショックを隠しきれない章太郎に追い討ちをかけるように、結婚式直前、娘が失踪した!「すまない!!真清くん!!」婿になるはずだった真清とひとつ屋根の下に暮らすことになった章太郎は…!?婿×義父!?欲望募る男二人きりの同居生活がスタート!描き下ろし入り★
出版社より

表題作スマない!!マスミくん

若く誠実な担当編集者 小山内真澄
男手ひとつで大事に娘を育てた小説家 白石章太郎

その他の収録作品

  • プロローグ
  • 始末書

評価・レビューする

レビュー投稿数16

1番の衝撃は娘さんの恋人

健気攻めな真清さんです。
もうねー本当に章太郎の幸せを1番に考えています。
優しい人なんです。
特に子供の頃の絵本(章太郎さん作『北極星』)をずっと大切に持っているエピソードにはグッと来ました。
そら編集として再会出来た時には涙ぐむはな。
にしても偽装結婚申し込みのご挨拶には笑えたwww
伝わってないwww
でも伝わらなかったのもある意味分かるwww
間違ってはいないけど「・・・・・???」ってなるよ。

章太郎さんは攻めの真清さんと同年齢ぐらいの娘さんをお持ちのバツイチですが、とてもピュアピュアしていて可愛らしい感じの人です。
もうなんか頼りない←
でも時折見せる表情が色っぽい!
そして注目すべきはふんどし!!!

初エッチ(失敗)しようとしてプルプル涙目で痛がる章太郎さんを見て抜いちゃう真清さん、そして体育座りで(´・ω・`)ショボーンになってる姿がなんともwww(対して章太郎さん土下座)

娘さんの利早ちゃんと真清さんの関係は冒頭で察せられましたが…利早ちゃんの恋人は予想外でした!
わかった時はほんと「え??」です。

そして杏ちゃん…こ続きの人も切ない!
真清さんに挑発的な態度を最初とってるんですけど、結局は恋のキューピッド役をしてくださいました。
しかもSS読んだら…杏ちゃんが幸せになるところも見たかったよー…。

0

本当に謝るのは…

『婿×義父』にセンサーが引っ掛かり、読んだ作品です。禁忌感はなく、ゆっくりとお話は進んでいきます。

娘が命なバツイチのお父さんと真面目で優しい担当編集者とのラブストーリーです。絵本を間にしての、真清の子供の頃のエピソードも、じ~んときて良かったです。

章太郎は、オヤジっぽくなかったのが残念だったけど、時々見せる色っぽい表情に萌えました。フンドシも、ポイント高かったです(笑)
真清は、いつでも章太郎のことを考えていて、ホント健気でした。優しくて好青年で、好きなキャラです。

「もう言ってもいいですか」と、真清が告白するシーンでは、キュンキュンしました。

章太郎の行動が唐突で驚く場面もあったけど(真清の自慰をいきなり手伝うところが)、絵も綺麗で、二人の気持ちも丁寧に描かれていて面白かったです。

3

大人だけど可愛いキャラ設定

大体話の本筋は読み始めればおのずと『ピン!』とくるものがあります。
年齢差があり、おじさんかぁ…とは思ったのですが、樹先生のイラストに負けて手にとってしましました。

さすがのイラストで、話の運びも難なくでした。
大人なのに可愛いキャラにきゅんきゅんします。
脆いけど確かな二人の関係性に気持ちがホワホワできて、もう少しこの世界を覗いていたいなぁ…という気持ちにさせられます。

プロローグのネタも個人的にぐっときました。
先生、さすがです…!!

1

とても優しいほのぼの漫画

樹要さんはBLを読み始めた頃から知っているのですが、その頃読んだ作品がショタ系が多くて、絵柄はとても美しくて好きなんだけど、お話がなぁ・・・という印象でずっと避けていた作家さんでした。
でも、偶然こちらの検索でこの作品の表紙を見て、好みかもしれないと思い再度チャレンジしたのですが、なんとオヤジ受けだという(笑)。
でも、他の方も仰ってますが、このオヤジ、とても綺麗なんですよねー。顔のシワとか一切ない(笑)。相変わらず登場人物全て美男美女でございます。
受けは妻に逃げられて娘を一人で育てた設定なんですが、なんとなくなぜ妻に逃げられたか分かるような・・・男性としてはなよっちぃというか、頼りなげで覇気がない。でも人間としてはとてもピュアでとても可愛いんですけれども。
攻めの真澄君もとても優しくて、ずっと受けを見守るという感じで切なくもあり、ほのぼのでもあり。
ゆったりした落ち着いた温かい作品でした。
所々に笑いもあって(しかし・・・ふんどしは笑ったというより予想外でびっくりした(笑))、バランス良かったと思います。

1

攻め様の名前だったのね

年下担当編集とオヤジ作家との純愛ストーリー。
21歳の娘を男手ひとつで育ててきた受け様は
ある日、信頼する担当編集と愛娘の突然の結婚話に
驚きと動揺を・・・でも、編集者の攻め様を信頼して
いたし、反対する理由もなく祝福したが。
結婚式当日に愛娘がごめんなさいの一言で失踪。
残された受け様は愛娘の勝手で傷つけた攻め様に
謝るのだが、そして愛娘が戻って来るまで義父として
同居する事に・・・

娘と編集の攻め様は偽装だったんですよね。
娘は別に好きな人がいて、それは女の人、レズですね。
娘は父親が好きなので一人取り残される父親を心配して
父親を面倒見てくれそうな攻め様に偽装をお願い。
攻め様と受け様は昔出会っているのですが受け様は
気が付いていないのです。
それは昔、良くしてくれた恩人の息子で受け様が
両親を亡くした攻め様に自分の絵本を手渡しながら
優しく慰めていたんですよね。
攻め様はそれからずっと受け様の事が好きだったのです。

でもね、展開に少々無理が・・・だって娘婿相手に
偽装と解る前に自分から自慰のお手伝いは・・・
それに攻め様に気持ち続きを簡単に受け入れすぎかと(笑)
でも全体的にほのぼのしてて良かったですけど。
短編は攻め様を大事に思っているもう一人のお話。
ケーキ屋のお兄さんです。
この人の思いも子供の時からなんですよね。
受け様・・・子供を惑わせる魔性かも~

1

マスミくんがめっちゃいい人!

表紙のマスミ君から想像するに、結婚を破棄されたことを逆手にけっこうグイグイ攻めるのかと思っていましたが、全然そんなことはなく。非常に健気に真摯に尽くす姿が奥ゆかしかったです。そのギャップがよかった。ピュアな大人の恋愛ですね!

偽装結婚もマスミ君から言い出したわけではなく、娘さんに協力しただけで、マスミくん自身の義父に対する思いは二の次だったこともステキでした。
耐え忍ぶ恋…。本当に誠実な男です。
しかも、マスミ君が義父を好きになったきっかけはずっと昔にあり、そのエピソードも可愛かった。
担当作家と編集という仕事での付き合いからだと思っていたので、それ以前からのかなり長い片思いだったことがわかり、なおさらマスミ君に好感を持ちました!
絵もキレイだし、気持ちの変化も丁寧に描いているのでステキです。
まあ、いかにマスミ君がいい子だからとはいえ、ノンケの義父が割とあっさり彼を受け入れてしまうのがちょっと物足りないですが…。できれば、もう少し自分の年とか性別について葛藤してくれればよかったかな~と、思ったり思わなかったり…笑
義父モノとしては淡白でドロドロしてないから、ちょっと続き違うー…と思う人もいるかもですが、そもそも偽装結婚だったわけで…これを義父モノとしてカウントするのはちょっと違うかも…?でも、普通にマスミくんがいい人なので、好青年とオヤジカップルとして楽しかったです(*´∀`*)。o

《個人的 好感度》
★★★★・ :ストーリー
★★・・・ :エロス
★★★・・ :キャラ
★★★・・ :設定/シチュ
★★★・・ :構成

1

よみやすいオヤジ受け!

最近オヤジ受けにハマった私にとって、とてもうれしい一冊でした。

和服で褌で小説家なオヤジが、
さわやか好青年(担当さん)に食べられちゃう(笑)わけです!

この話、
娘の婿で、娘が結婚式直前に家を出て行ってしまうのですが・・・
その理由というのが、
『実はレズで、好きな人(女)と一緒に暮らしたかったから』
なんですよね。
なんで結婚するなんて嘘をついたかはおいておいて・・・(笑)

私個人としましては、その娘たちの百合カップルがすごく気になりました!
そっちを漫画にしてほしいくらいです!!

ですが、BLとしても十分楽しめる、おいしい本ですよ、もちろん!

1

樹先生!!いくら描いたからって・・・

ストーリー的には、とても読みやすく面白かったです。娘と、マスミくんが最初に目配せして章太郎先生に報告する時点で、なんか巧みがあるとおもったけど、まさか娘が女の子好き派だったとは・・・。意外な展開で楽しく読めました。 それよりも、驚かされたふ・ん・ど・し!! 和装だからって、褌はないでしょう。いや、褌を否定しているというより、このオヤジに見えない章太郎先生に褌を着させた樹先生! いくら、描きたかったからって・・・褌がさまになってない(><)  先生の画はキレイだからな~、褌って男らしい象徴だから、結構、樹先生の画だと対極に感じるアイテムですよね!でも、たしかに、褌締めたままの、Hはみたかったvvv 想像すると妙に艶かしくて(*゚∀゚)ィィ!!かもvv

1

オヤジ受けなれどオヤジ受けに非ず

娘が結婚式当日に疾走、婚約者と同居する受けが主役。
オヤジ受けの年下攻め、とても面白かったです。
最初のエッチは早漏萌えの私のハートをがっちり鷲掴み。
興奮しすぎて攻めが暴発してドヨーン落ち込むパターン、ほんと好きだ。不可抗力な顔射ならもっと萌えるんだけどな~と思いましたw

ただ、オヤジのビジュアルがオヤジじゃなかったのはホントに残念です。
はっきりした年齢は書かれてないから分からないんだけど、20歳以上の年の差があるのにそうは見えない。
このオヤジはオヤジ受けでありながらオヤジ受けに非ず!と思いました。純情ピュア受けと呼ぶに相応しい。
だからオヤジ萌えはできなかったんだけど、お話そのものは面白かったです。
攻めの長い長ーい片思い。切ない気持ちが伝わってきてキュンとさせられたりしました。

2

和装にはふんどし♪

うう、、このおじさんは天然でヘタレな部分は好物なんですが、綺麗すぎます!
そして攻め様とは親子ほどの歳の差のはずなんですが、絵がきれいなんですごく若く見えるんです。
体も若そうだし、、そんな点でもちょっと年上っていう部分を白黒の本編ページでもわかるような書き分けしてほしかったな、というのが率直な感想。

編集者の小山内が、作家の白石の娘・利早と結婚させてくださいと急な成り行きにあたふたする間に、結婚式の直前、利早が失踪!?
嫁のいない婿と義父の同居は、百合関係なども混ぜ込んで、お話は進んでいきます。

結局のところこれは当の白石だけ何も知らずに進められた、一石二鳥のワナだったのですよね。
思惑通りだったのか、うまくはまったのか、淋しさを実感する白石に過剰なスキンシップで抱きしめる小山内、そして小山内の自慰を見てしまってから妙に意識してしまう白石。
そして側にいるのは自分であってほしいとか、離れたくないと思ったり。
ああ、つくづく人の良い天然のおじさんなんだなぁ、白石は。

結婚に失敗して、娘も旅立って一人残された時に側にいる小山内でいいと思ってしまうにはいくら過続き去があるからといっても、それが恋愛になるかと言えば、そこの説得力は薄いのだが、天然で済ませればすんでしまうのだろう。
ひょっとしたら、最初は童話を描いていたというくらいだから本人自体がファンタジーの人なのかもしれないな。

オヤジ受け好きな自分としては、絵自体がものたりないのですが、白石は色っぽいのです、顔がエロいのです。
そして何より、ふんどしというのが萌え♪
しかし、最初の交わりの時、はずしてる絵はなかったのですよ、、、ひょっとしてノーパンというかノーフンだったのか?とそこが未だに疑問だったり・・・

淋しければ誰でもよかったのか?という疑問について、プロローグのケーキ屋・杏のマンガがついているので、それもありだったかな?とも思うのです。
いっそ、そんなドロドロ展開があってもよかったと思うのですが、娘の利早が希望しなかったようです、残念、、

2

策略的な愛★

 担当編集者×小説家のお話。
小説家の白石章太郎は、担当編集者の小山内真清から突然、自分の娘との結婚の許しを求められた。誠実な心の持ち主である真清との結婚を許さないわけはなく承諾したも、結婚式の直前娘がいなくなってしまう―
 娘が戻ってくることを願い、真清と暮らし始める章太郎。
 「スマない マスミくん」という表題。実はあやまるべきなのは真清のほうで、結婚の話自体、計画的だったわけですが、真清は本当に章太郎のことを想っているのでそこは不問でいいかな。
 しかし、章太郎パパがあんまりオヤジには見えなかったのでがっくり。まあ樹要先生の描くものはかわいい・きれい系が多めだから今回キャラがオヤジでも青年のように若々しくきれいだった。
 あと、ケーキ屋の杏の幼いときのかわいさにぎゅっときました。

1

スマない!!マスミくんレビュー。

年下攻、再会モノ(ですよね?)、ショタ&百合要素もあります。
20代の娘が居るのだから、受の先生は結構な年上よね?何歳差なんだろう。ガチで親子ほど歳の離れたCPです。

「お義父さんと呼ばせてください」若く誠実な担当編集者・真清に突然告白をされたのは、小説家の白石章太郎。男手ひとつで大事に育てた娘と結婚するという。しかも結婚式直前、娘が失踪した!
「すまない!!真清くん!!」婿になるはずだった真清とひとつ屋根の下に暮らすことになった章太郎は…!?婿×義父!?男2人きりの同居生活がスタート!

…なぁんにも知らないのはお父さんだけ。
娘も婿も皆グル。全部計算。ウソじゃないのは、貴方への恋心だけ。

最初はいくらなんでも一緒に居たいからってそのウソは無いだろうって思うんだけど、過去のミニマムなマスミくんと先生のやり取りで、これじゃあ恋に落ちるよね、ウソ吐いてでも手に入れたいよねって思ってしまう。ウソまみれだけど、根っこの部分はピュアだった。

娘達の恋も良かったよ!
ケーキ屋の息子くん(弟)の心情を考えると切なさプラスだよ!
ただ、一般的なオヤジ受とは一風変わって続きいるので…天然ぽけぽけなおっとりオヤジでも構わないわって人なら楽しんで読めると思います。

年下攻、それも初恋で長年恋焦がれている一途系がお好きな人は是非!

2

オヤジ受けに惹かれて・・・。

兄弟ものを探していたら、オヤジ受けを発見して買ってしまいました^^;
樹要さんはショタ本しか読んだことがないので!!

全体的によかったですッッ!!←
tyanponさんやMさんが言われてるように
オヤジなのにピュアでした*
一体年いくつくらいなんでしょうか??!!←
オヤジ受けっぽくないオヤジ受け!?って感じでした。

話は変わりますが
杏ちゃんの話がグッときましたね…。
幸せになった話をみてみたいなあ と思いました!

樹さんが書かれる和服はやばいです!!
↑がたくさん見れただけで ごちそうさまです。w

2

スマない!!マスミくん

最初どうしたんだ!?とびっくりしました!!
ショタ好きな要さんがまさかのオヤジ受け…
主人公が娘と二人でささやかに暮らしてる小説家のオヤジ(要さんの絵だとオヤジって感じでもない)と、娘の婿との話です。
まあ、まさか娘と婿はうまくいくはずもなく、結婚式当日に逃げられるわけなんですが…。
なかなか予想できない展開ではあったかも~!!
しかし受けがふんどし…。異国~の蘭丸を思い出したぜ…。
ちなみにマスミくんは攻めの名前です。笑

2

欲望募る二人の同棲生活は……?

「お義父さんと呼ばせてくさだい」
 若く誠実な担当編集者・小山内真清に突然、告白された白石章太郎。真清は男手一つで大事に育てた娘と結婚するという。
 ところが結婚するはずだった娘は、結婚式直前に失踪してしまう。
 婿にくる予定でアパートも解約してしまった真清とひとつ屋根の下に暮らすことになった章太郎。
 ところが、ある夜、章太郎の名前を呼びながら自分を慰めている真清の姿を見てしまう。けれど、翌日、あまりに普通な真清の姿に、章太郎は、真清が自分の名前を呼んだのが聞き間違えだったような気がしてしまう。
 そして、次第に章太郎は真清を意識し始めて……

 という話です。
 まぁ、21歳の娘がいるのだから、あまり考えたくはないことなのですが、実はかなり章太郎は年上、ということになりますが。
 絵が若くて色っぽいのと、章太郎さんの中身があまりにもピュアなのと、で。
 あんまり「おやじ」という感じは受けません。
 でもまぁ、年齢的には「オヤジ」ですね。
 一般的な、オヤジ受けを好む方にはお勧めできないかもしれません……と、思いますが、個人的に自分が「一般的なオヤジ受け萌え」続きというのがどういうのかわからないので、何とも言えなかったりもしてます。

 ただ、相変わらず、絵は美麗でしっとりエロいので、個人的には、それだけでも観る価値はあるかと思っています。

 物語としては、最後は娘も帰ってきて、結局のところ、娘は別の相手と駆け落ちをしていたのだ、ということもわかり、真清も章太郎もお互いの気持ちを告白して、ハッピーエンド☆(約1名、そこからあぶれてしまった人もいましたが)です。

2

マママっマスミ君!!!

樹さんの久々のコミック。
といっても去年の秋ごろに発売していたようですね、アハハ(汗

まさにタイトルどおりマスミ君に始まりマスミ君で終わる内容でした。
おやじ受けだけどおやじ受けじゃない作品ですねー。
何というピュアなオヤジであろうか・・・
アレは少年といっていいほどのピュアさ!
マスミ君も結構ピュアでしたし、初々しい感じの恋愛といった雰囲気でした。

この本の中で一番驚いたのが娘の告白でした。
ケーキ屋の幼馴染の女の子が好きだ、という告白。
それはなかったなー!びっくりした!
娘がマスミ君の気持ちに気付いていて、お父さん幸せになってね☆みたいな感じかと思ったら違いました。
気持ちには気付いていたし、お父さんを大切にして欲しいという気持ちから、ケーキ屋の杏ちゃんは却下されたようですが・・・(汗

最後の杏ちゃんのお話もちょっとじんわりくるお話でした。
あのパターンも読んでみたいと思った私を許してください!!

ピュアも好きなのであたしは【萌え】にしましたー。

1

カヲル

ピュアなオヤジをアリとするかナシとするかで評価が分かれそうですね。
私的にはアリ!です(笑)

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ