怜々蒐集譚(新装版)

怜々蒐集譚(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ゼロコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥686(税抜)  ¥741(税込)
ISBN
9784862634986

あらすじ

時は大正末期。文壇、華やかなりし時代。2年前から失踪中の烏鷺の遺作が、同業者である乙貝の自宅で見つかり…!? この世ならざる事件を、オトボケ主人公達が挑む痛快不思議ミステリー決定版。同シリーズの「-鬼と朧月夜-」も新たに収録した待望の新装版登場!!
出版社より

表題作怜々蒐集譚(新装版)

行方不明の小説家 烏鷺公外
同期の小説家 乙貝紅葉

その他の収録作品

  • 其は怜々の雪に舞い
  • 狐火の女
  • レトロでいこう!
  • 月の雫
  • 其は怜々の雪に舞い~鬼と朧月夜~

評価・レビューする

レビュー投稿数1

画家と編集の心霊探偵コンビのお話です。

これはBLか?と言われれば、そうでもないと言えるし、でも匂いがあるのでBLジャンルなんだろうな。
石原さんは最近はそうでもないが、エロが少なく雰囲気と色気で魅せる作家さんなのですが、これもそういった意味で男の色気がふんわりと溢れております。

貧乏挿絵画家と新人編集者のコンビが探偵の真似ごとのようなことをしてその真相を知るというお話。
この作家・出泉は女にモテるイイ男、編集の南くんはいいように振りまわされています。
と言うと、木下さんの「由利先生~」を連想しますが、似て非なる組み合わせ。
大衆演劇の女形・葛葉に一目ぼれして、男と知って失恋。葛葉の変装にまた恋しては失恋と、何度も同じ人物に恋しているといったちょっと鈍感な純情青年。
で、その葛葉は先生とも怪しい関係そうなんですが、同じ一座の作之介も何やら、、、
と、主人公達がプンプンと匂う関係で固められているのです。

「其は怜々の雪に舞い」では、謎解きになる出来事はある作家の死。
亡くなった作家の同期作家への執着と思慕が、その生きている作家の心と呼応して妖しい関係を見せる。
ホラーチックでありながら、情の世界にも続き働きかけて、なかなか大人な秀逸物語になっています。

他にも、世に未練を残した女の怨念と犬が呼応して男をまやかすお話とか、息子の腕を取り返す母親の話とか、主人公達が活躍して謎を解いていくのです。

これは同人誌の「月の雫」が元になっているということで、それも同時収録されています。
出泉と南が違う名前で登場していますが、原点が見えていて、この雰囲気をそのまま洒落た進化にして、商業作品にしているのだということがわかります。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ